ウイスキーストレートを楽しむ、”至高”のテイスティンググラス。おすすめはこれだ!

ウイスキーストレートを飲むのに最適なおすすめテイスティンググラスを解説します

ABOUTこの記事をかいた人

オーツカ

BARREL編集部代表。インテリアと猫が好きな筋肉質。ウイスキーを飲んでいる若者が周りに少ないと思ったので、BARRELを立ち上げました。いつでもウイスキー初心者の味方になりたいと思っています。 ウイスキー業界×インターネットで色々したいですね。

最近、家飲みはロックばかり。どうも、オーツカでございます。

今回はウイスキーをストレートで楽しむ『テイスティンググラス』のおすすめ商品をピックアップしていこうと思います。
選び方の基準は『ウイスキーグラスを選ぶ条件』の記事に基本からしこたま書いたので是非読んでみてくださいね。

テイスティンググラスに必要なこと

ウイスキーのテイスティンググラスに最も必要なこととはなんでしょう?
それは飲む人によって変わります。

プロの評論家やブレンダーに最も必要なことは「味を正確に捉えること」でしょう。
彼らは旨い、不味いといった評価はあまり下しません。以前飲んだ同銘柄と比較をし、多角的に出来が良いか悪いかを調査、確認するのです。そのウイスキー銘柄はどんな傾向にあり、どういった個性があるのかを正確に捉えることが必須条件なのです。

では、一般の方や愛好家の方が必要としていることはなんでしょう。
それは「美味しく飲めること」です。
もちろん味を正確に捉えることも重要とは思いますが、一番は「美味しい」と感じるために飲んでいるはずです。
今まで飲んでいた大好きな銘柄をより美味しく味わいたい、よりポテンシャルを引き出したい、そんな思いを持っている方がほとんどだと思います。
今回はそれを念頭に置き、テイスティンググラスを紹介しいきます。

国際規格やグレンケアンはやめましょう

いきなりですが、使っている人はごめんなさい。国際規格のテイスティンググラスやグレンケアンのテイスティンググラスは避けましょう。
今回は『より美味しく感じること』を基準に選定しているので、これらを否定することから始めさせていただきます。

この、国際規格やグレンケアンのテイスティンググラスは「プロでも使っている」「蒸留所でも使用されている」という売り文句で販売されている製品ですね。実際その通りで、たくさんのウイスキーを同時にテイスティングするためには、均一に作られた安価なグラスが大量に必要です。なので、このグラスたちひとつひとつの品質はあまり高くはないのです。非常に「一般的で扱いやすい」グラスなのです。
香りの立ち上りはあまりよくなく、かといって鼻を突っ込んで嗅ぐと色々な匂いが感じ取れてしまい、素人には把握が難しいです。リムは分厚く、ウイスキーを唇全体で捉えるので飲み口はお世辞にも良いとは言えません。ステムも短い、もしくは存在しないので持ちにくい方もいるでしょう。
(グレンケアンにはステムがやや長いものもあるので、せめてこちらが良いでしょう。)
これらのグラスはOEMで異なるメーカーから同じ形のものがたくさん作られているので、量産型だということはおわかりいただけるでしょう。新作のウイスキーを購入したり、蒸留所などを回っていればロゴ入りのものがノベルティとして手に入ったりもします。わざわざ買う必要はないかと思います。

抑えておくべき3ブランド

世界には以下のような珍妙で面白い形をしたオリジナリティ溢れるテイスティンググラスがたくさん存在します。
みなさんのウイスキーライフに彩りを添えようと、数々の名工たちが日夜グラス造りに奔走しているのです。

様々な形のテイスティンググラス

もう、最後のやつなんかどうやって飲むんだ?…吸うのか?

ではどのテイスティンググラスがウイスキーストレートを『より美味しく感じること』ができるのか。
日本では比較的容易に購入でき、クオリティの高いテイスティンググラス3ブランドをチェックしておきましょう。

木村硝子店

木村硝子店

創業は1910年。国産グラスメーカーの雄、『木村硝子店』。
工場を持たないメーカーで数々の職人さんとコラボしてはグラスを開発してきた生粋のテーブルウェアメーカーです。
極薄のビールグラスはみなさんも目にしたことがあるのではないでしょうか?
様々な割烹、料亭、フレンチ、イタリアンなどから支持を受け、国内外のセレクトショップにも置かれている評価の高いブランドです。
テイスティンググラスの特徴はその軽量さと極薄のリムが紡ぎだす羽根のような口当たりです。

リーデル

リーデル

260年の歴史を誇るワイングラスの老舗、『リーデル(RIEDEL)』。
オーストリアで11代にわたり、こだわりの家族経営を続けているビッグブランドです。
ワインを中心に、機能美、造形美に優れたグラスを次々とリリースし、そのグラスの数は150種類以上。飲むお酒ひとつひとつに適した理想的なグラス形状を追及し続けており、世界中のプロフェッショナルからも信頼、称賛されています。
テイスティンググラスの特徴は、そのマーケティング力です。人間の触覚、味覚、嗅覚、視覚、そして注ぐお酒の特性を調べ上げ、計算しつくして造り上げた珠玉の品は、まさにソムリエ界の精密機械と言えるでしょう。

ツヴィーゼル

ツヴィーゼル

バイエルンの深い森で育まれたアルチザン、『ツヴィーゼル・クリスタルグラス』。
ドイツ・ミュンヘン、ドナウ川の北東の深い森にあるガラス工房。1872年の創業当初はステンドグラスなどを作っていた非常にアーティスティックな会社です。ドイツ職人の魂ともいえる高い技術力は、ヨーロッパを中心に高級ホテル・レストランに絶大な支持を得ています。昨今、クリスタルグラスを供給するメーカーとして、「世界のマーケットリーダー2017」に輝きました。
テイスティンググラスの特徴は、芸術的造形とエコロジー。”森と共存”を掲げ、クリスタルガラスから鉛を排除し、最先端の技術をもって、美しい輝き、高い透明度、そして薄くても割れにくいガラス製品を作り上げています。

実売5000円以内ならこのグラス!

テイスティング グラス 2

木村硝子店 テイスティング グラス 2

木村硝子の極薄テイスティンググラスはかなり種類があります。低価格帯はソーダガラス、高価格帯にはセミクリスタルが素材として使われています。オーツカがおすすめするのは容量が230ccある「テイスティンググラス 2」。テイスティングするにはやや大ぶりなこのグラス。多くの種類がある中でこの商品を選んだのは、香り立ちの良さと、使いまわしの容易さ、そして抜群のサイズ感です。ちょっと大きいように感じるのですが、もうワンサイズ小さいと飲み口が小さすぎるし、この上のサイズとなるとワインや日本酒に適した醸造酒用に思えます。さっと気軽にウイスキーを楽しめる取り回しの良さが魅力ですね。作りも流石は国産といった丁寧なもので、初めてこのタイプのテイスティンググラスを使う方はリムの薄さ、口当たりの良さに驚くと思います。素材もセミクリスタルなので高級感があります。

<ヴィノム> シングル・モルト・ウイスキー

<ヴィノム> シングル・モルト・ウイスキー(2個入)

リーデルがシングルモルト専用に開発したテイスティンググラス。<ヴィノム>シリーズはマシンメイドなのでリーズナブルな価格を実現しています。
香りの立ち方やホールド力(香りを逃がさない力)はそこまで強くない印象でした。しかし、それを補ってあまりある魅力は、フェザータッチとも言える軽やかな飲み口。リムが反り返っているので、ウイスキーが舌先に当たらず、細い筋のように口内へ侵入します。ステムが短いタイプはあまり好きではないのですが、唇と舌で感じる滑らかなタッチをこの金額で体験できるなら十分購入する価値はあると思いました。しかも二個入りです!

<ヴィノム> コニャック

<ヴィノム> コニャック(2個入)

リーデルからもうひとつ。同じ<ヴィノム>シリーズのコニャック用グラスです。小ぶりなボウルのふくらみはウイスキーフレーバーをゆっくりと立ち上がらせます。アルコールの強いアタックを感じさせぬよう計算された飲み口で、舌の中央へウイスキーをスルスルと心地よく誘います。コニャック用ですが、ウイスキー用として使ってもこれといった欠点が見つからない良いグラスです。シングルモルト専用の<ヴィノム>もそうですが、マシンメイドならではの価格帯が魅力ですね。こちらも二個入り!

バースペシャル ウイスキーノージンググラス

ウイスキー ノージング グラス(2個セット) 116457 / BAR SPECIAL[バースペシャル] / SCHOTT ZWIESEL[ショット ツヴィーゼル] ウィスキーグラス

ツヴィーゼルも数々のウイスキーテイスティンググラスをリリースしています。形もユニークなものが多いですね。
ツヴィーゼルの特徴はテイスティンググラスなのにどれも300cc近い容量を持つ大ぶりなグラスラインナップを揃えていること。空気と触れ合う面積が広く、香りを一気に開かせる能力を持っています。バースペシャルはその中では小ぶりな218ccのグラス。
選抜の理由はリーデルの<ヴィノム>コニャック同様、欠点が少ないからです。同じウイスキーノージンググラスのエノテカワインクラシックスベーシックバーのタンブラーなどはやや玄人向け。香りが開きにくいオールドボトルなどに向くかと思いました(そもそも5,000円に収まらないってこともあります)。
こちら、鉛を一切含まないのに、衝撃、傷に強いトリタンクリスタルを使っています。エコロジー先進国ドイツの底力ですね。僕はひとつしか買っていませんが、二個セットもあるようですね。

より深くウイスキーを愉しめる、至高の2銘柄

これより紹介するのはテイスティンググラスのフラッグシップモデル。一生モノのハンドメイド商品です。

RIEDEL(リーデル) <ソムリエ sommeliers> コニャックXO

『ウイスキーグラスを選ぶ条件』の記事でも紹介しましたが、機能、造形、満足度、全てのバランスが一段階上です。あと洗う時のヒヤヒヤ感も二段くらい上です(笑)
5,000円までのグラスはどのメーカーもほぼマシンメイドなのですが、リーデルの<ソムリエ>シリーズはオールハンドメイド、職人が丹精込めて作り上げた手造りの逸品です。マシンでは実現できないリムの薄さ、ボウル曲面の滑らかさ、均一なステム、プレートの安定感、これぞ最高級品にふさわしい品格でしょう。
味はまぁ…そうですね。僕も色々なテイスティンググラスを試しまくった上での感想ですが

「フフッ」

って感じでした。
期待以上でも以下でもない。「そりゃあこれだけ高額なんだからすごくて当たり前!」という想いもあります。でも、よく考えると【当たり前にすごい】ってなかなか出来ないことです。特別なボトルを開栓するスペシャルな夜に、隣に居てくれたらこれ以上ない幸せですね。

ただね、繊細なんですよ(笑)洗うの怖いんです。飲み終えたら安全なところに避難させて、シラフに戻ってから洗います。

ZWIESEL(ツヴィーゼル)1872 ウイスキー ノージング グラス THE FIRST [ザ・ファースト]

こちらはツヴィーゼルの最高級ハンドメイドシリーズ。世界のコンクールで優勝経験もあるソムリエ達と共同開発で生まれた20のグラス。そのグラス達だけがTHE FIRST [ザ・ファースト]を名乗れます。
このグラス、294ccと大きいです。大きいということは空気とよく触れ合うということ。香りの立ち方が半端ではありません。ステムから絶妙な角度で広がるボウル部分は、ウイスキーの奥に潜む一番美味しいフレーバーを解放します。縮こまっている部分を解きほぐすというか、僕がウイスキーだったら最強のマッサージ師に肩こりをほぐしてもらっているような、そんな香りの開かせ方です。
蓋が付属しているのもよく考えられているなぁと思います。空気に触れ合う面積が広いと香りの揮発も早いんですね。なのでダラダラとは飲めない。ですが蓋をすることで美味しい匂いを逃がさず、弱点をうまく補っています。少し空気に触れさせてから蓋をし、空けた時に爆発するフレーバーを感じるという面白い試みもできます。

造形が素晴らしく優美なので、リーデルとはまた違った趣の深さがあります。世界に一つだけしかないハイグレードなノージンググラスは、きっとあなたのTHE FIRST [ザ・ファースト]になり得るでしょう。

さらにこだわる人へ

さらにウイスキー道を追求したい…!という方は、ウイスキーのタイプによってグラス形状を変えることをおすすめします。
オールドボトルのなかなか香りが開かない固いウイスキーにはワインクラシックスのようなグラスがおすすめ。逆に体温上昇を抑え、香りの揮発を極力抑えたい場合はグラッパグラスなども使えます。
知れば知るほど奥が深いグラスの世界。
必ずあなたの心を打つグラスがあるはずです。オーツカもまだまだ旅半ば。

共に探しましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

オーツカ

BARREL編集部代表。インテリアと猫が好きな筋肉質。ウイスキーを飲んでいる若者が周りに少ないと思ったので、BARRELを立ち上げました。いつでもウイスキー初心者の味方になりたいと思っています。 ウイスキー業界×インターネットで色々したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です