ウイスキーの格安試飲通販ショップ

ウイスキーグラスレビュー/チューア(トゥアハ)アイリッシュウイスキーグラスの感想・評価・評判

チューア(トゥアハ)アイリッシュウイスキーグラス




今回のグラスはちょいと変わり種をご紹介。

「TUATH/チューア」というアイリッシュウイスキーグラスをレビューしていきます。

【チューア】は古代アイルランド語。

アイルランド神話で超自然的種族を指す「ダーナ神族/トゥアハ(チューア)・デ・ダナーン(Tuatha Dé Danann)」からとられたものです。

なんだかとても仰々しい名前なのですが、「種族」とか「一族」みたいな意味でしょうか。

命名の意図はわかりませんが、アイリッシュウイスキー好きクラスタをまとめて「家族」として考えているのかもしれませんね。

アイリッシュウイスキー専用のグラス

アイリッシュウイスキーグラス

開発、販売しているのはダブリンにあるアイリッシュウイスキーグラス社。

EUで登録された登録商標デザインであり、米国特許出願中とのこと。

アイリッシュウイスキー専用と言いながらスコッチでもバーボンでも、なんでもおいしく飲めるとメーカーは伝えています。

そこはアイリッシュにこだわらんかい(笑)

とてもデザイン性が高く、ステム部分はスケリッグ・マイケルというアイルランドの島の形を模しているいます。

スケリッグ・マイケル

スケリッグ・マイケル標高は218m。

山頂には588年にケルト人が建てたとされる修道院がたたずんでいます。

傾斜の険しい岩山で、荒涼とした雰囲気が漂っています。

写真を見る限り確かにすごい形してますね。

なお1100年頃に放棄され、現在は無人島となっています。1996年に世界遺産に登録されました。

あのスターウォーズの『フォースの覚醒』と『最後のジェダイ』にも使われ、映画ファン必見の絶景スポットなんだそうです。

カリクリスタルを使用

チューア(トゥアハ)グラス

「チューア」に使用されている素材はカリクリスタル。

カリクリスタルの特徴は、鉛の代わりに木の灰をアルカリ成分の原料として産出した酸化カリウムを混ぜています。

光の輝き(屈折率)はそこそこですが、なめらかさや美しさは酸化鉛を含むクリスタルガラスにも負けません。

透明度はクリスタルに匹敵し、叩いたときにもちゃんと「コイーン」という金属音がします。

さらにガラスやクリスタルに比べ、軽くて耐久性があります。

軽くて丈夫がウリなシュピゲラウ社もカリクリスタルを採用しています。

製品のスペックと特長

リム

TUATH/チューア(トゥアハ)アイリッシュウイスキーグラスのリム

リムの厚みは公表されていませんが、恐らく1.3mm程度。

他テイスティンググラスと比べるとかなり分厚い。

リムにはしっかり深い返しがついていて、外側に広がっている。

この深い返しによりドリンクは舌の中央に運ばれ、液体は舌中央から均等に味蕾を刺激していく。

ボウル

TUATH/チューア(トゥアハ)アイリッシュウイスキーグラスのボウル

円錐形のフォルムをしており、一般的なテイスティンググラスよりも大きい感じる。

香りを広げるための面積は十分にある。

ステム&プレート

TUATH/チューア(トゥアハ)アイリッシュウイスキーグラスのステムとプレート

チューアのデザインで最も特徴的な部分。

ステムはピラミッドのような形状をしており、スケリッグ・マイケル島にインスパイアされたデザイン。

このピラミッド部分を親指と人差し指で挟み、中指を下に添え、三本指で持つ。

確かに持ちやすい。

安定感があるので立席でお酒を飲む時にも良さそう。

スペック/商品仕様

高さ 130mm
口径 55mm
底面積 70mm
最大径 70mm
重量 165g
容量 207ml(約7oz)

ウイスキーの格安試飲通販ショップ

どんなウイスキーに向いているか

TUATH/チューア(トゥアハ)アイリッシュウイスキーグラス

デザイン性に優れたチューアですが、リムは太いし、あんまり繊細な味わいはとれないかな~と思っていましたがなかなか侮れないグラスでした。

まずボウルが深いのでの香りはよく立ちます。

アイリッシュウイスキーのフルーティやエステルを拾いやすい。

外に広がったリムは舌の中央までウイスキーを運び、共に多くの空気取り込めるのでアルコールの刺々しいフレーバーが和らいで感じます。

さらにリムがここまで深いとウイスキーを口に含む時に頭を後ろに倒す必要がないですね。

顎を高くあげずに済むのはかなりの副産物で、首が疲れないだけでなく、香りを嗅いでから飲み込むまでの一連の動作が非常にフラットに行えます。

リムは太いですが、かえしの深さがあるので、帳消しになっているかなと思えました。

さて、どんなウイスキーに向いてるかって?

そりゃあアイリッシュウイスキーです!

オーツカ
ガラスの密度が高いので重量感をそこそこ感じます。

手持ちでカジュアルにアイリッシュブレンデッドを楽しむも良し、長熟のブッシュミルズやレッドブレストを腰を落ち着けて飲むのも良いですね。

こんなウイスキーが飲みたい!

ブッシュミルズ シングルモルト16年

ブッシュミルズ シングルモルト16年

オロロソシェリー樽とバーボン樽で16年熟成した原酒をヴァッティングした後、さらに数ヶ月ポートワイン樽で熟成、マリッジしたボトルとなります。

完成度の高い一本で、バーボンバレル由来のバニラやメープル、ココナッツ感がしっかり感じられる秀逸なボトル。

香りはレーズン、バニラ、メープルシロップがけのパンケーキ、アンズ、ローストナッツ、パンケーキ、豊かでずっと嗅いでいられるようなアロマ。

味わいは糖蜜、ミルクチョコレート、アーモンド、後半にトロピカルなフルーティさも感じられます。

リッチな味わいのボトルで陶酔感があります。

グラスを手に入れたら合わせて買いたい「グラスクロス」をレビューしました!

テイスティンググラスのおすすめクロス/グラスの洗い方・拭き方磨き方・保管方法

毛羽立たない!テイスティンググラスのおすすめクロス/グラスの洗い方・拭き方磨き方・保管方法

2020年2月19日

クリスタルガラス専用の布巾でミクロのゴミや、ケバはもちろん、油性の汚れや指紋跡も残しません。

洗い方や拭き方で気をつけたほうがいいポイントも書いています。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!

ABOUTこの記事をかいた人

オーツカ

ウイスキーをもっと身近に感じてほしい。小難しいウイスキーの世界を分解して、わかりやすく整理する「ウイスキーオーガナイザー」です。 まだあまりウイスキーを知らない人がウイスキーを好きになる「きっかけづくり」をできればと思っています。 日本最大級のウイスキーメディアBARRELを企画、運営、編集及びカメラマン、さらには執筆もしています。