ウイスキーの格安試飲通販ショップ

ウイスキーグラスレビュー/シュピゲラウ パーフェクトテイスティング210mlの感想・評価・評判

シュピゲラウ パーフェクトテイスティング210ml




今回はドイツの名門「シュピゲラウ」がリリースしている【パーフェクトサーブコレクション】から「テイスティング」というグラスをレビューしていきます。

シュピゲラウは「Light&Strong」をコンセプトにした“軽くて強い”ガラスづくりが特徴のドイツのグラスウェアブランド。

世界中のレストランやBarでも高い評価を受けています。

ちなみに「シュピゲラウ(Spiegelau)」とはドイツのバイエルン州の森の真ん中に位置するフレイング・グラフェナウ地区にある自治体の名前でもあります。

シュピゲラウブランド紹介

シュピゲラウグラスのロゴ

【世界中のプロフェッショナルが愛用する圧倒的な耐衝撃性と耐久性】

南ドイツの美しい森奥深くにたたずむバイエルン地方シュピゲラウ。

この小さな町で1521年に誕生した『シュピゲラウ』は、約500年もの歴史の中で培われた技術と最新テクノロジーを融合し、高品質なガラス製品を作り出しています。

鉛を含まず、上質で薄いガラスを作り出す「吹きガラス製法」により軽量感をアップし、製造工程に使用するチューブにプラチナを採用した「プラチナ製法」で耐久性を向上させました。

1,500回の繰り返しの洗浄テストにも耐える強度と永く美しい輝きを保つシュピゲラウは、世界中の五つ星ホテルやレストランのプロフェッショナルにこよなく愛され続けています。

シュピゲラウの<パーフェクトサーブコレクション>

シュピゲラウのパーフェクトサーブコレクション

今回のパーフェクトサーブコレクションはシュピゲラウがリリースしている数々のグラスシリーズのひとつ。

ヨーロッパを中心に活躍している世界的なミクソロジスト「ステファン・ヒンツ」氏とシュピゲラウがコラボレーションしたシリーズで、Barなどの飲食店で使うことが想定されています。

パーフェクトサーブコレクションにはデカンタやタンブラーをはじめ、カクテルグラス、ショットグラス、そしてミキシンググラスなどを含めて10アイテムが存在します。

バーの現場でよく注文されるクラシックカクテル(オールドファッションド、マンハッタン、ダイキリ、モヒート、マイタイなど)を基準にした容量にデザインされていることも特徴です。

バーテンダーが監修したシリーズだけあって飲食店の現場で使いやすいものになっているわけですね。

バーテンダー「ステファン・ヒンツ」

バーテンダー「ステファン・ヒンツ」

ドイツ出身。バー「リトル・リンク(ケルン)」オーナー。 ケータリング、イベント、コンサルティングを行う「Cocktailkunst」代表取締役社長。2014年に出版された会社名と同名の本「Cocktailkunst(The art of cocktails)」で革新的なカクテルレシピを発表。様々なケータリングやイベントでゲストを感動させる味覚のヴィジョナリーとして活躍。また、ガストロノミー・コンサルタントとして国際的に活動している。

製品のスペックと特長

リム

シュピゲラウ パーフェクトテイスティング210mlのリム

唇をつけてみると心地よい鋭さがある。

リムはスペック上では1.3mmとしているが、同じシリーズの「ノージング」よりも薄く感じる。

恐らくロナと同程度(0.9~1.0mm)なのでかなり薄口の部類に入る。

ボウル

シュピゲラウ パーフェクトテイスティング210mlのボウル

口径がもう少し小さければシャンパングラスのような印象もある。

ボウル下部はシェイプされていて美しい。

ボウルのサイズの割に軽量に感じる。取り回しはとても良く扱いやすい。

ステム&プレート

シュピゲラウ パーフェクトテイスティング210mlのステムとプレート

ステムはテイスティンググラスとしては短いほう。

少し頭でっかちに見えそうなものだが、ボウル下部のシェイプによってバランスがとれている。

グラス底面のプレート部分中心から、放射状に広がるデコレーションが印象的。

使用している素材が軽量であること、低価格なりのデザインではあることを考えると重厚感はない。

しかしバーなどの暗所では上部からのライトに美しく反応してくれる。

スペック/商品仕様

高さ 160mm
口径 48mm
底面積 68mm
最大径 68mm
重量 120g
容量 210ml(約7oz)

ウイスキーの格安試飲通販ショップ

どんなウイスキーに向いているか

シュピゲラウ パーフェクトテイスティング210ml

公式サイト上ではクリアスピリッツ(ウォッカ、ジンなど)や、リキュール、フルーツブランデーのほか、繊細な風味のフォーティファイド・ワイン(ドライシェリーなど)に最適と書かれていますが、十二分にウイスキーでも力を発揮します。

テイスティンググラスとしてはかなり量が入るほうで、スワリングも容易。

酒質の軽いバーボン樽のウイスキーを白ワインのようにいただきたくなります。

ローランドウイスキーやアイリッシュウイスキー、カナディアンウイスキーといった比較的軽めのウイスキーにハマると思いました。

まとめた記事ではリーデルのポートをおすすめしているのですが、なかなかどうしてこやつも捨てがたい。

飲食店で複数個買う予定があれば、価格が安いこちらをおすすめします。

オーツカ
スマートなサイズ感が魅力。このくらいのサイズのスピリッツグラスはいくつあってもいいですね。

こんなウイスキーが飲みたい!

コンパスボックスオーククロス

アメリカンオーク由来のバニラ香とフレンチオーク由来のクローブ香をバランス良くまとめ上げたミディアムボディのブレンデッド・モルト・ウイスキーです。

以下のブレンド構成を見るとギークな方であれば味わいの想像がついてしまうでしょう。

60% – 1stフィル・バレル クライヌリッシュ
20% – 1stフィル・バレル ダルユーイン
20% – 1stフィル・バレル ティーニニック
上記で構成されたブレンデッドモルトを、下記の樽で追加熟成を施して再度ブレンド
40% – 1stフィル・バレルの胴にフレンチオーク新材の鏡を当てたハイブリッド・バレル
60% – 1stフィル・バレル

そう、ソフトで甘いシトラス系です。

ブレンドしたモルト原酒を2種類の樽に詰め分けて更に6ヶ月の熟成を施すことで、より複雑かつ滑らかな仕上がりを実現しています。

英WhiskyMagaine誌リコメンド銀賞(83.5点)、World Whiskies Design Awards 2012年ベストラベルイラスト受賞。

グラスを手に入れたら合わせて買いたい「グラスクロス」をレビューしました!

テイスティンググラスのおすすめクロス/グラスの洗い方・拭き方磨き方・保管方法

毛羽立たない!テイスティンググラスのおすすめクロス/グラスの洗い方・拭き方磨き方・保管方法

2020年2月19日

クリスタルガラス専用の布巾でミクロのゴミや、ケバはもちろん、油性の汚れや指紋跡も残しません。

洗い方や拭き方で気をつけたほうがいいポイントも書いています。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!

ABOUTこの記事をかいた人

オーツカ

ウイスキーをもっと身近に感じてほしい。小難しいウイスキーの世界を分解して、わかりやすく整理する「ウイスキーオーガナイザー」です。 まだあまりウイスキーを知らない人がウイスキーを好きになる「きっかけづくり」をできればと思っています。 日本最大級のウイスキーメディアBARRELを企画、運営、編集及びカメラマン、さらには執筆もしています。