ウイスキーの格安試飲通販ショップ

ウイスキーグラスレビュー/リーデル RIEDEL ヴィノム コニャックの感想・評価・評判

リーデル RIEDEL   コニャック




ワインだけでなくウイスキーテイスティンググラスも出している、グラス界の王リーデル。

今回もリーズナブルなマシンメイドシリーズ<ヴィノム>から「コニャック」をレビューしていきます。

「コニャック」はその名の通りコニャック用に作られた万能グラス。

ウイスキーを飲む時にも有効なのでご紹介します。

リーデルブランド紹介

リーデルのロゴ

260年以上の歴史を誇るワイングラスの老舗中の老舗、リーデル。

リーデル社は1756年に創業し、11代にわたる家族経営を守り続けています。

1950年代後半、リーデル家9代目当主クラウス・リーデルが史上初めてブドウ品種に合ったグラス形状というコンセプトをワイングラスの世界に導入しました。

その後、リーデルはそれぞれのブドウ品種毎の個性に合わせたワイングラスを次々と開発し、世に送り出したのです。

これらのグラスは、ワインの香り、味わい、バランス、そして後味を感覚へと移しかえる機能をもった、“ワインの個性を引き出すグラス”です。

リーデルが手掛けるグラスやデカンタは、ワインやスピリッツを嗜むための最高の器として世界中に普及しています。

ヴィノムシリーズとは

リーデルヴィノムシリーズ

ブドウ品種毎の特徴に基づいて創られたリーデルの最高級ハンドメイドシリーズ<ソムリエ>。

その機能性を受け継ぎ、リーデル家10代目ゲオルグ・リーデルによって開発されたマシンメイドグラスのシリーズが<ヴィノム>です。

機能的で高品質な上に価格もリーズナブルなこれらのグラスは、1986年に発表された当時、ワイン愛好者や業界関係者に強い衝撃を与えワインとグラスには密接な関係があるという事実と共に世界中に普及しました。

ハンドメイドの<ソムリエ シリーズ>に次ぐ豊富なバリエーションが揃った<ヴィノム シリーズ>は、世界の傑作ワインを日常的に楽しんでいただくためのマシンメイドグラスとして、不動の地位を築いています。

製品のスペックと特長

リム

リーデル RIEDEL ヴィノム コニャックのリム

リーデルならではの薄いリム。体感は0.9mmか、それ以下。

マインメイドであるヴィノムシリーズでもそのクオリティは高く、ウイスキーの温度や質感をダイレクトに感じることができる。

口径は小さめで、唇が当たる部分に「かえし」と呼ばれる若干の反り返りがある。

唇がリムに乗る形になり、ウイスキーをスムーズに迎え入れることができる。

最後の一滴までしっかりと口内に運べる。

ボウル

リーデル RIEDEL ヴィノム コニャックのボウル

小ぶり。まだ花弁が開ききっていないチューリップのような可憐な膨らみが特徴。

爆発的に酸化させるようなダイナミックなスワリングはできないが、ステムが長いため回転動力が伝わりやすくとてもなめらかにスワリングできる。

控えめだが気品を感じさせる、日本人に好まれそうな清純な高級感がある。

ステム&プレート

リーデル RIEDEL ヴィノム コニャックのステムとプレート

長く美しいステム。

遠心力がボウルによく伝わり小さい力でくるくると小気味よくドリンクを回転させることができる。

安定感は並。しかし必要十分。

こういったグラスを5つも6つも並べることはなかなかないと思うが、背が高いので倒して割ってしまわないよう注意したい。

同系統のシュピゲラウのオーセンティス ダイジェスティブと比べるとそのステムの繊細さの違いに驚く。

スペック/商品仕様

高さ 183mm
口径 48mm
底面積 70mm
最大径 65mm
重量 113g
容量 190ml(約6.4oz)

ウイスキーの格安試飲通販ショップ

どんなウイスキーに向いているか

リーデル RIEDEL ヴィノム コニャック

マシンメイドとはいえ、さすがはリーデルといったところです。

ボウルからリムまでのなめらかなカーブ、ステムのシェイプは惚れ惚れします。

最高級ハンドメイドの<ソムリエシリーズ>のような際立った薄さはないですが、その分重量があります。反響音もそれなりによい。

ボウルが小さく控えめなので、ガンガン香りを開かせるようなパワータイプではありません。

ただこれといった欠点も見つからずほとんどのウイスキーに対応できる万能型です。

40%台前半のブレンデッドや、アロマが開いている飲み時なウイスキーに最もおすすめ。香りが開いていない固いウイスキーには向いてないように思えます。

なお、シュピゲラウから出ているオーセンティス ダイジェスティブがかなり近い形状をしています。

1脚あたりの価格はシュピゲラウのほうが安いですが、造形とリムのかえしはリーデルの方が勝っています。

オーツカ
すこーし控えめで上品なウイスキーに向いていると思うので、18年くらいの長熟ブレンデッドウイスキー、または香りの開いているリフィルシェリーのシングルモルトなんかいいんじゃないでしょうか。

こんなウイスキーが飲みたい!

ジョニーウォーカー ブルーラベル

ジョニーウォーカー ブルーラベル

こちらは創業者のジョン・ウォーカーが特別な顧客が訪問された際に振舞っていたとされるブレンドのレシピを再現したもの。

「ジョニ青」の名称で知られ、ジョニーウォーカーが所有する貯蔵庫の中でも40年~50年という長期間熟成した1万樽にひと樽しか存在しないという極めて希少性の高いウイスキーを多種類ブレンドした特別なボトルです。年間販売数は4,000本程度。

香りはお馴染みの軽いスモーク。そしてリンゴの蜜の部分を感じさせるフレッシュでなめらかな甘い香り。

口に含むとリンゴが広がり、徐々に熟したオレンジ、レモン、ライムなどの柑橘が訪れ、最後にスモーキーと心地よい樽香の余韻が残ります。

非常にスムースで飲みやすく、気品を感じるエレガントなラインナップです。

トワイスアップで飲むと複雑に絡み合うキーモルトのフレーバーを拾いやすくなる印象です。

グラスを手に入れたら合わせて買いたい「グラスクロス」をレビューしました!

テイスティンググラスのおすすめクロス/グラスの洗い方・拭き方磨き方・保管方法

毛羽立たない!テイスティンググラスのおすすめクロス/グラスの洗い方・拭き方磨き方・保管方法

2020年2月19日

クリスタルガラス専用の布巾でミクロのゴミや、ケバはもちろん、油性の汚れや指紋跡も残しません。

洗い方や拭き方で気をつけたほうがいいポイントも書いています。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!

ABOUTこの記事をかいた人

オーツカ

ウイスキーをもっと身近に感じてほしい。小難しいウイスキーの世界を分解して、わかりやすく整理する「ウイスキーオーガナイザー」です。 まだあまりウイスキーを知らない人がウイスキーを好きになる「きっかけづくり」をできればと思っています。 日本最大級のウイスキーメディアBARRELを企画、運営、編集及びカメラマン、さらには執筆もしています。