ウイスキーの格安試飲通販ショップ

ウイスキーグラスレビュー/シュピゲラウ ウィルスバーガーアニバーサリー ブランデー/コニャック 280mlの感想・評価・評判

シュピゲラウ ウィルスバーガーアニバーサリー ブランデー/コニャック 280ml




シュピゲラウのコラボレーションシリーズ「ウィルスバーガーシリーズ」から30周年記念に登場したアニバーサリー企画。

今回はアニバーサリーの「ブランデーグラス」をご紹介していきましょう。

もともとはハンドメイドのシリーズだったウィルスバーガーですがマシンメイドになって入手しやすくなりました。

ウイスキー用のグラスではないのですが、その特徴的なフォルムとステムの美しさは特筆ものです。

シュピゲラウブランド紹介

シュピゲラウグラスのロゴ

【世界中のプロフェッショナルが愛用する圧倒的な耐衝撃性と耐久性】

南ドイツの美しい森奥深くにたたずむバイエルン地方シュピゲラウ。

この小さな町で1521年に誕生した『シュピゲラウ』は、約500年もの歴史の中で培われた技術と最新テクノロジーを融合し、高品質なガラス製品を作り出しています。

鉛を含まず、上質で薄いガラスを作り出す「吹きガラス製法」により軽量感をアップし、製造工程に使用するチューブにプラチナを採用した「プラチナ製法」で耐久性を向上させました。

1,500回の繰り返しの洗浄テストにも耐える強度と永く美しい輝きを保つシュピゲラウは、世界中の五つ星ホテルやレストランのプロフェッショナルにこよなく愛され続けています。

シュピゲラウの<ウィルスバーガーアニバーサリー>

シュピゲラウのウィルスバーガーアニバーサリーシリーズ

国際的なワイン雑誌「Gourmet」において写真撮影を担当し、料理評論家としても活躍するウィルスバーガー氏と、ドイツの名門グラスウェアブランド、シュピゲラウのコラボレーションから生まれた、ウィルスバーガーシリーズの30周年を記念して作られたグラス。

ウィルスバーガーシリーズは、1982年の発売当時、職人によるハンドメイドで作成されたシリーズで、非常に精巧で複雑な形状が特徴でした。

この繊細な形状をマシンメイドで再現したシリーズが「ウィルスバーガー・アニバーサリー」です。

丸くふくらみを持ったグラスシェイプ、細く長いエレガントなステム(脚)を最新テクノロジーで機械化することによって、大幅なコストダウンを実現。

レッド・クリスタルの品質をより多くの方々にお楽しみ頂けるシリーズとなりました。

ヨハン・ウィルスバーガー

出典:https://www.willsberger.de/

写真家/評論家「ヨハン・ウィルスバーガー」

1941年生まれのオーストラリアの写真家、作家。

1975年以降、写真家として、料理、旅行など多くの本を出版。1976年「Gourmet」を出版。四半世紀の間、「Gourmet」はドイツ語圏で最も影響力があり、スタイルを決定づけるグルメおよびワイン雑誌でした。
1982年にシュピゲラウのワイングラスシリーズ「ウィルスバーガー」コレクションを発表。
1991年からはスイス在住。2011年に「文学、科学、メディアにおける文化的トピックフード」でエッカート・ウィッツィグマン賞を受賞しています。

製品のスペックと特長

リム

シュピゲラウ ウィルスバーガーアニバーサリー ブランデー/コニャックのリム

グラスの厚みは、約0.9mmと薄く、口当たりはとてもよい。

口径が55mmとかなり広く、一般的なテイスティンググラスよりも10mm程度大きい。

かなり香りは強めに立つ。

ハイプルーフのウイスキーをスワリングしてしまうと、モワっと臭い立つようなアルコールアタックがある。

ボウル

シュピゲラウ ウィルスバーガーアニバーサリー ブランデー/コニャックのボウル

大きく横に伸びたボウル。

30ml~45mlが非常にスワリングしやすく、「気持ちいい!」と思えるくらい。優雅にずっとまわしていたい。

ハーフ(15ml)量ではやや大きすぎるサイズ。

ボウルはワイドだが、口径が広いので香りは早めに参加・揮発する。

まさにブランデー用といった印象ではある。

ステム&プレート

シュピゲラウ ウィルスバーガーアニバーサリー ブランデー/コニャックのステムとプレート

スラリと伸びた引き脚。

とにかくステムが美しい。

ツヴィーゼルのザ・ファーストと同程度の細さ、そしてそれ以上に長い。

ボウル部分が大きく重量がある割に、ステムが細いのであぶなっかしい。

頭でっかちで取り回しが良いとは言えない。

スペック/商品仕様

高さ 210mm
口径 55mm
底面積 80mm
最大径 90mm
重量 150g
容量 280ml(約9.4oz)

ウイスキーの格安試飲通販ショップ

どんなウイスキーに向いているか

シュピゲラウ ウィルスバーガーアニバーサリー ブランデー/コニャック

奥ゆかしさと気品を纏う美しきグラス。

エレガントな雰囲気だけでなく爆発的な香りも楽しめる、そんな逸品です。

あまりスワリングするとアルコールアタックがかなり強くなるので、ハイプルーフのウイスキーの揺らしすぎには気を付けたほうがいいと思います。

広い飲み口からはピート、樽、ローストのアロマをよく拾うので、香りが弱め、度数低めのウイスキーの味の総量を探るにはとてもいいと思います。

自宅に一脚くらいは持っておいて、特別な一杯を飲む時に使うみたいな使い方がいいんじゃないでしょうか。

とても見栄えのする形状なので、バーや飲食店での利用価値も高そうです。

オーツカ
洗うときに気を付けたいグラスNo1。

その反面、所有欲をとてもよく満たしてくれる、ソフィスティケートな逸品なのであーる。

こんなウイスキーが飲みたい!

ダルウィニー15年

ダルウィニー15年

ダルウィニー蒸溜所はスコットランドで最も標高の高い(1,073フィート、約326m)蒸溜所として知られ、居住地域ではスコットランドで最も寒い場所にあります。

ダルウィニー蒸溜所は政府の気象観測所も兼ねており、毎朝気温と湿度を計測するのがこの蒸留所スタッフの仕事でもあります。

なんともほのぼのとしたウイスキーで、とても朗らかで柔らかい芳香が特徴。

「太陽のような」と評されています。

あたり一面がヒースに包まれる土地で作られており、これがヘザーハニーにアロマを生み出すと言われています。

寒冷地域で生産されているのに、ぽかぽかと陽当たりのよい匂いがします。

ハチミツに洋ナシ、控えめなピートとふっくらと膨らむオレンジティー。

マイルドで熟成感のあるスムースな味わいで、オーツカはこの佳酒でスコッチを好きになりました。

グラスを手に入れたら合わせて買いたい「グラスクロス」をレビューしました!

テイスティンググラスのおすすめクロス/グラスの洗い方・拭き方磨き方・保管方法

毛羽立たない!テイスティンググラスのおすすめクロス/グラスの洗い方・拭き方磨き方・保管方法

2020年2月19日

クリスタルガラス専用の布巾でミクロのゴミや、ケバはもちろん、油性の汚れや指紋跡も残しません。

洗い方や拭き方で気をつけたほうがいいポイントも書いています。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!