ウイスキーの格安試飲通販ショップ

ウイスキーグラスレビュー/グレンケアン コピータ リッド(蓋付き)グラス 150ccの感想・評価・評判

グレンケアン コピータ リッド




ウイスキーをよく飲まれる方はグレンケアンのブレンダーズモルトグラスを使っているのを多く見かけますが、こちらはマイナーですね。

コピータはグレンケアンにステムがついただけと思われる方がいるかもしれませんが、実はかなり違いがあります。

リムの形状やボウルの形状もグレンケアンとは全く異なる、伝統あるフォルムなんです。

コピータは非常によいグラスなのでレビューしていきますね。

グレンケアンブランド紹介

グレンケアンのロゴ

グレンケアン社(グレンケアン・クリスタル・スタジオ)は、スコットランド南西部に位置する都市グラスゴーにて、1981年に創業されたガラスメーカーです。

設立したのはスコットランドのノースラナークシャー、エイドリー出身のレイモンド・デービッドソン。

彼は環境試験技術者のスキルを磨き、主に飛行機部品を扱う仕事をしていましたが、その後、人々との交流に対する情熱から、ガラス食器工場のエディンバラ・クリスタルて販売担当の仕事をするようになりました。

2002年にテイスティンググラスを発売して以来、スコットランドをはじめとする、数々の蒸留所、ウイスキー関連イベントで使用され、多くのウイスキー愛好家に支持されています。

コピータグラス

コピータグラスについて

「コピータ」とはスペイン語で「小さい脚つきグラス」のこと。

シェリー酒のテイスティンググラスとして有名なカタビノをそのまま小振りにした形をしています。

もともとはシェリー酒用の伝統的なグラスなんですね。

かつては波止場(ドックサイド)で商品がワインやスピリッツを嗅ぐために使用されていたとされ「ドッググラス」とも呼ばれていました。

スコッチの有名ブランド「ホワイトアンドマッカイ」のマスターブレンダーであるリチャード・パターソンさんがこのグラスに入れたウイスキーをぶん投げるパフォーマンスでも有名ですね。

製品のスペックと特長

リム

グレンケアン コピータのリム

ボウルからリムまでのシェイプはなだらか。

上部は内側に狭まっており、香りを逃がさない設計になっている。

コールドカットが施さされており、口をつけるふちの部分に膨らみが無く、唇に当てるとすぼまったリムが鋭角に唇に当たるため、非常に薄く感じる。

体感的に0.8mm程度かと思われる。

ボウル

グレンケアン コピータのボウル

見事な卵型。

スワリングはしやすく、一般的に使用されているグレンケアンよりもスムーズに回転させることができる。

なぜかステムの結合部分だけボコンと膨らんでいる。個体差か?

ステム&プレート

グレンケアン コピータのステムとプレート

ステムはとても太く、重心が低い。

美しさという点では野暮ったいが、最も安定感のあるテイスティンググラスのひとつ。

時間と共にアルコールと一緒に揮発してしまう芳香成分を逃さずに溜めておくフタがついている。

スペック/商品仕様

高さ 148mm(蓋装着時:175mm)
口径 39mm
底面積 60mm
最大径 60mm
重量 100g
容量 150ml(約5oz)

ウイスキーの格安試飲通販ショップ

どんなウイスキーに向いているか

グレンケアン コピータ

各社ブレンダーも使っていると言われるグレンケアンのコピータです。

グレンケアンに比べるとマイナーですが、とても良いグラスです。

「グレンケアングラスと言えばスコッチウイスキー!」という感じですが、このコピータは主にシェリー酒に使われるスペインの伝統的なグラスです。

リム部分はコールドカット仕上げで膨らみはなし。舌の上にスムーズに液体が運ばれます。

コンパクトにスワリングもしやすく、軽量だし、安価だし、気軽に使えます。

僕は長期熟成品をじっくりというよりも5年~15年くらいのウイスキーを複数飲み比べるために使っています。

強度もそこそこあり、ステムも太いのでガンガンと使いまわせるので重宝しています。

オーツカ
アロマを逃がさないよう蓋つきなのも嬉しいですね。

ただちょいとフタが軽すぎて、グラスにちょんっと乗せる時怖い。。。

美しさよりも実用性を重視したノージンググラス。

こんなウイスキーが飲みたい!

アバフェルディ 12年

アバフェルディ12年

アバフェルディのフラッグシップボトルです。

鼻を近づけてみると、蜂蜜やトフィのような心地よい甘い香り、青リンゴやオレンジピールの柑橘系も少し。

口に含むと、その蜂蜜がふわりと開きオレンジピール、フルーティな青リンゴ、後半は若干カカオのビターも感じられ、程よい長さの余韻を楽しめます。

全体的に優しい甘みが目立ちますが、決して単調ではなく、癖になる個性を持ち合わせたボトルです。

グラスを手に入れたら合わせて買いたい「グラスクロス」をレビューしました!

テイスティンググラスのおすすめクロス/グラスの洗い方・拭き方磨き方・保管方法

毛羽立たない!テイスティンググラスのおすすめクロス/グラスの洗い方・拭き方磨き方・保管方法

2020年2月19日

クリスタルガラス専用の布巾でミクロのゴミや、ケバはもちろん、油性の汚れや指紋跡も残しません。

洗い方や拭き方で気をつけたほうがいいポイントも書いています。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!

ABOUTこの記事をかいた人

オーツカ

ウイスキーをもっと身近に感じてほしい。小難しいウイスキーの世界を分解して、わかりやすく整理する「ウイスキーオーガナイザー」です。 まだあまりウイスキーを知らない人がウイスキーを好きになる「きっかけづくり」をできればと思っています。 日本最大級のウイスキーメディアBARRELを企画、運営、編集及びカメラマン、さらには執筆もしています。