ウイスキーの格安試飲通販ショップ

ウイスキーグラスレビュー/リーデル RIEDEL ヴィノム スピリッツの感想・評価・評判

リーデル RIEDEL ヴィノム スピリッツ




今回はワイングラスの雄「リーデル」から、マシンメイドシリーズ<ヴィノム>の「スピリッツ」をレビューしていきます。

リーデルのマシンメイドグラスは幾つかレビューしてきましたが、前々から気になっていたこのスピリッツ。

高いアルコール度数をもつ蒸留酒全般に向いており、煙突状の小さいフォルムがアルコールの強い刺激に隠れがちな原料由来の香りや甘味をとりやすくなるというふれこみですが、はたして。

リーデルブランド紹介

リーデルのロゴ

260年以上の歴史を誇るワイングラスの老舗中の老舗、リーデル。

リーデル社は1756年に創業し、11代にわたる家族経営を守り続けています。

1950年代後半、リーデル家9代目当主クラウス・リーデルが史上初めてブドウ品種に合ったグラス形状というコンセプトをワイングラスの世界に導入しました。

その後、リーデルはそれぞれのブドウ品種毎の個性に合わせたワイングラスを次々と開発し、世に送り出したのです。

これらのグラスは、ワインの香り、味わい、バランス、そして後味を感覚へと移しかえる機能をもった、“ワインの個性を引き出すグラス”です。

リーデルが手掛けるグラスやデカンタは、ワインやスピリッツを嗜むための最高の器として世界中に普及しています。

ヴィノムシリーズとは

リーデルヴィノムシリーズ

ブドウ品種毎の特徴に基づいて創られたリーデルの最高級ハンドメイドシリーズ<ソムリエ>。

その機能性を受け継ぎ、リーデル家10代目ゲオルグ・リーデルによって開発されたマシンメイドグラスのシリーズが<ヴィノム>です。

機能的で高品質な上に価格もリーズナブルなこれらのグラスは、1986年に発表された当時、ワイン愛好者や業界関係者に強い衝撃を与えワインとグラスには密接な関係があるという事実と共に世界中に普及しました。

ハンドメイドの<ソムリエ シリーズ>に次ぐ豊富なバリエーションが揃った<ヴィノム シリーズ>は、世界の傑作ワインを日常的に楽しんでいただくためのマシンメイドグラスとして、不動の地位を築いています。

製品のスペックと特長

リム

リーデル RIEDEL ヴィノム スピリッツのリム

リムは薄いが直線的で反り返りがないので他のヴィノムシリーズよりも太く感じる。

口径はこれまで使ってきたテイスティンググラスの中で最も小さい35.5mm。

口が狭いため空気との接触による揮発や酸化はこれまでのどのグラスよりも抑えられる形状。

あまりに小さいので飲む際には鼻の下にリムが当たるような状態になる。

「嗅ぐ」と「飲む」を明確に分ける必要がある。

ボウル

リーデル RIEDEL ヴィノム スピリッツのボウル

小さい煙突形のボウル形状で、スワリングはできるもののドリンクと空気とはほとんど触れ合わない。

ボウル部分の溜めが小さいので、飲む際には少しコツがいる。

顎を上げすぎると、一気にドリンクが流れ込むのでゆっくりとグラスを傾けるのを推奨する。

逆を言えば少量サーブし、少しずつ口に含むのに適した形をしている。

ステム&プレート

リーデル RIEDEL ヴィノム スピリッツのステムとプレート

ステムは細く美しい。

ボウル部分が小さいわ入りにプレートは大きめ。

他のテイスティンググラスと比べるとボウル部分が軽いので、テーブルに置いたときのとても安定感に富んでいる。

プレートにはリーデルのロゴ入り。

スペック/商品仕様

高さ 161mm
口径 35.5mm
底面積 70mm
最大径 70mm
重量 96g
容量 80ml(約2.7oz)

ウイスキーの格安試飲通販ショップ

どんなウイスキーに向いているか

リーデル RIEDEL ヴィノム スピリッツ

口内にごく少量ずつドリンクを含むことができ、ウイスキーは舌の先から薄く侵入します。

舌の上でも液体はあまり広がりません。

口内で感じるアルコールの刺激はかなり少なく、甘みをぐっと強く感じます。

味蕾が先端しか刺激されないためです。

ホワイトスピリッツの甘みを感じやすくなるという触れ込みも納得。収斂味はほぼとれない。

ウイスキーのニューポットで試すとものすごくよくわかります。

樽熟成などをしたものはあまり合わないです。

海外の口コミを見ると、アクアヴィット、マラスキーノ、グラッパ、スリボビッツなどを飲むのに良いとありました。

オーツカ
ニューポットを試したくなる貴重な存在。

ホワイトスピリッツを飲むのに重宝しています。僕はストレートでおいしいジンを飲んでます。プロフェッサーマダムうまい。

こんなウイスキーが飲みたい!

ザ・ボタニスト

ザ・ボタニスト

アイラ島のブルックラディ蒸溜所にて製造、蒸溜、ボトリングされているジン。

上記で紹介したプロフェッサーマダムもおいしいけれど、手に入れやすさではこちら。

ジンの伝統的な9つのボタニカル(アンジェリカの根、カシア、シナモン、コリアンダーシード、ジュニパーベリー、レモンピール、リコリスの根、オレンジピール、ニオイイリスの根 )に加え、アイラ島で採取した22のボタニカル(ヨモギ、ヨーロッパダケカンバ、ヒース、カモミール、ヨーロッパアザミ、サンザシ、シモツケソウ、河原松葉、レモンバーム、ウォーターミント、スペアミント、アップルミント、ヤチヤナギ、藪人参、ニワトコ、ヨモギギク、ウッドセージ、野生のタイム、アカツメクサ、シロツメクサ、ハリエニシダ)を加えたこだわりのジン。

とにかくストレートで香りを楽しんでほしいジンで、様々な香りがあふれ出します。

飲み口はサラリと澄んでおり、透明感のある味わいでシトラスのフレッシュ感が印象的。

ロックやジントニックでもおいしい。

グラスを手に入れたら合わせて買いたい「グラスクロス」をレビューしました!

テイスティンググラスのおすすめクロス/グラスの洗い方・拭き方磨き方・保管方法

毛羽立たない!テイスティンググラスのおすすめクロス/グラスの洗い方・拭き方磨き方・保管方法

2020年2月19日

クリスタルガラス専用の布巾でミクロのゴミや、ケバはもちろん、油性の汚れや指紋跡も残しません。

洗い方や拭き方で気をつけたほうがいいポイントも書いています。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!

ABOUTこの記事をかいた人

オーツカ

ウイスキーをもっと身近に感じてほしい。小難しいウイスキーの世界を分解して、わかりやすく整理する「ウイスキーオーガナイザー」です。 まだあまりウイスキーを知らない人がウイスキーを好きになる「きっかけづくり」をできればと思っています。 日本最大級のウイスキーメディアBARRELを企画、運営、編集及びカメラマン、さらには執筆もしています。