ウイスキーの格安試飲通販ショップ

ウイスキーグラスレビュー/木村硝子店ウイスキー テイスティング200mlの感想・評価・評判

木村硝子店ウイスキー テイスティング200ml




ウイスキーテイスティンググラスを買う場合に、リーデル、ツヴィーゼルの二大ブランドともうひとつ押さえておきたいのがこの木村硝子店。

職人によるハンドメイドグラスながら価格はリーズナブル。

ボウルからリムへと続くカーブはなめらかで、ステムのシェイプも美麗、とても満足度の高いグラスです。

木村硝子店ブランド紹介

木村硝子店

1910年の創業以来、バーやレストラン、割烹など、様々業界に向けてグラスを作り続けている、日本の老舗グラスメーカー。

日本独特の進化を遂げてきたと言われるそのグラスは、非常に薄く、繊細なデザインが特徴で、バーやカクテルコンテストにおいても、絶大なシェアを誇ります。

特徴的なのは工場をもたないメーカーということ。

多くの職人さんや工場と協力しながら、数々の自社デザインのグラスをリリースしています。

中でも「極うすグラス」は有名で、60年ほど前から関西の割烹、料亭で使われて以来、和食のビールグラスの定番として今でも使用されています。

フレンチやイタリアンレストランでもその評価は高く、ごく細のステム(グラスの足)をもつ「ピーボ」、バーテンダーにもよく使用されているカクテルグラスの「木勝」「ラップ」などのシリーズがあります。

ソーダガラス(ソーダ石灰ガラス)

ソーダ石灰ガラス

主に窓ガラスやビン、食器類などに用いられています。

組成に精度が要求されず、安価に入手できます。

原料に炭酸ナトリウムが使用されていることから「ソーダ」という名前がついており、このソーダガラスが古代ではじめて作られたガラスだと考えられています。

また、ソーダガラスは透明度があり、硬くて軽いことも特徴です。

欠点は急激な温度変化にあうと応力が発生して割れやすい点。

製品のスペックと特長

リム

木村硝子店ウイスキー テイスティング200mlのリム

リムは0.9mmということだが、薄く感じる。

かえしはついていないが、口径は45mmと理想的なサイズ。

リム~ボウルにかけての形状はグレンケアンに似ているが、透明度がとても高く高級感がある。

ボウル

木村硝子店ウイスキー テイスティング200mlのボウル

ボウルからリムまでの曲線がとてもなめらか。

ぽってり、といい形をしている。

一つ一つ、職人による「型吹き」という技法で作られているようで、この価格帯で恐れ入る。

ボウルの内部は広く取られ、スワリングと時間経過でかなり細かい香りも捉えらえる印象。 

ステム&プレート

木村硝子店ウイスキー テイスティング200mlのステムとプレート

ステム部分は高級感があり細い。

中央の握り部分と上下にはかなり太さの違いがあり、ぐっとシェイプされている。

持った時の印象は華奢だがプレートが広めなので置いたときの安定感はある。

実は同系統のグラスと比べると重量感がある。

多くのサイトで85gと書いてあるが、軽量してみると100gをゆうに超えている。

スペック/商品仕様

高さ 165mm
口径 45mm
底面積 64mm
最大径 67mm
重量 105g
容量 200ml(約7oz)

ウイスキーの格安試飲通販ショップ

どんなウイスキーに向いているか

木村硝子店ウイスキー テイスティング200ml

ややワイドなボウルから高く真っ直ぐに上がった口元が特徴のノージンググラス。

ボウル部は10cmあるのでかなりの液体容量が入ります。香りはまっすぐと鼻孔に届き、飲み口もフラット。

リムのかえしはなく、舌の手前側から液体が侵入します。

固いウイスキーの香りをスワリングでこじ開けるような力技はありませんが、あざとさやしたたかさのない実直なグラスといった印象で、ビギナーにも使いやすいグラスです。

5000円以下で購入できる万能型グラスのお手本と言えるでしょう。

シングルモルト、ブレンデッド問わず、開封時から飲み頃のものをフラットにおいしく飲めます。

現行品の10年や12年といったフラッグシップボトル(アルコール度数40度~46度)を試してみましょう。

唯一残念なのは音。ソーダガラスを使用しているので弾いたときの音の反響はほぼありません。

この上位クラスがリーデルのソムリエコニャックXOになります。

オーツカ
ウイスキー愛好家には使われている方も多い木村の引き脚200ml。

これとステム無しタイプの198 S/Cを複数個揃えるのが鉄板なんでしょうが、沼はここからが深い(笑)

こんなウイスキーが飲みたい!

バランタイン 17年

バランタイン 17年

1937年に発売されて以来、高い人気を誇る17年もののバランタイン。

40種類以上の酒齢17年以上のモルト・グレーン原酒をブレンドして作られたボトルです。

中でもグレンバーギ、ミルトンダフ、スキャパ、クレントファースを主軸のキーモルトとしてブレンドしていると言われています。

香りはバニラ、カカオ、オレンジ、かすかにスモーク。口に含むと蜂蜜のような華やかな香り、そしてダークチョコレートのビター、そしてフィニッシュはスモーク、ピート。

短いながらも、心地よいウッディな余韻もしっかり楽しめます。

長期熟成の原種からくる樽香、ふくよかな甘み、そしてスモーク感。非常にバランスのとれた上品かつ複雑な味わいで、ウイスキー通も納得の一本。

2017年にはIWSCにて金賞に輝いています。

グラスを手に入れたら合わせて買いたい「グラスクロス」をレビューしました!

テイスティンググラスのおすすめクロス/グラスの洗い方・拭き方磨き方・保管方法

毛羽立たない!テイスティンググラスのおすすめクロス/グラスの洗い方・拭き方磨き方・保管方法

2020年2月19日

クリスタルガラス専用の布巾でミクロのゴミや、ケバはもちろん、油性の汚れや指紋跡も残しません。

洗い方や拭き方で気をつけたほうがいいポイントも書いています。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!

ABOUTこの記事をかいた人

オーツカ

ウイスキーをもっと身近に感じてほしい。小難しいウイスキーの世界を分解して、わかりやすく整理する「ウイスキーオーガナイザー」です。 まだあまりウイスキーを知らない人がウイスキーを好きになる「きっかけづくり」をできればと思っています。 日本最大級のウイスキーメディアBARRELを企画、運営、編集及びカメラマン、さらには執筆もしています。