ウイスキーの格安試飲通販ショップ

ウイスキーグラスレビュー/リーデル RIEDEL ヴィノム シングルモルトの感想・評価・評判

リーデル RIEDEL ヴィノム シングルモルト




数年前にリーデルのセミナーに行った際お土産にいただき、そして買い足した思い出深いテイスティンググラス。

それがリーデル<ヴィノム>シリーズの「シングルモルト」です。

当時そのフェザータッチな軽やかな飲み心地に心奪われました。

今回は改めてこちらのグラスをレビューしていきます。

リーデルブランド紹介

リーデルのロゴ

260年以上の歴史を誇るワイングラスの老舗中の老舗、リーデル。

リーデル社は1756年に創業し、11代にわたる家族経営を守り続けています。

1950年代後半、リーデル家9代目当主クラウス・リーデルが史上初めてブドウ品種に合ったグラス形状というコンセプトをワイングラスの世界に導入しました。

その後、リーデルはそれぞれのブドウ品種毎の個性に合わせたワイングラスを次々と開発し、世に送り出したのです。

これらのグラスは、ワインの香り、味わい、バランス、そして後味を感覚へと移しかえる機能をもった、“ワインの個性を引き出すグラス”です。

リーデルが手掛けるグラスやデカンタは、ワインやスピリッツを嗜むための最高の器として世界中に普及しています。

ヴィノムシリーズとは

リーデルヴィノムシリーズ

ブドウ品種毎の特徴に基づいて創られたリーデルの最高級ハンドメイドシリーズ<ソムリエ>。

その機能性を受け継ぎ、リーデル家10代目ゲオルグ・リーデルによって開発されたマシンメイドグラスのシリーズが<ヴィノム>です。

機能的で高品質な上に価格もリーズナブルなこれらのグラスは、1986年に発表された当時、ワイン愛好者や業界関係者に強い衝撃を与えワインとグラスには密接な関係があるという事実と共に世界中に普及しました。

ハンドメイドの<ソムリエ シリーズ>に次ぐ豊富なバリエーションが揃った<ヴィノム シリーズ>は、世界の傑作ワインを日常的に楽しんでいただくためのマシンメイドグラスとして、不動の地位を築いています。

製品のスペックと特長

リム

リーデル RIEDEL ヴィノム シングルモルトのリム

非常に薄いリム。

他のリーデル製品と比べると唇に当たる「かえし」部分が深く、その分口径が広くなっている。

グラスに唇をつけると舌がリム上にしっかり乗るのがわかる。

つまり液体を舌の先端から迎えるような形になるので、味蕾の接触が少なく甘みを感じやすい。

ヴィノムコニャックに比べると液体と同時に口内に入る空気量も多く、ウイスキーの変化がスピーディに起こりやすい。

ボウル

リーデル RIEDEL ヴィノム シングルモルトのボウル

縦に長く深いが、これはステムがないことが大きい。

比べてみるとヴィノムコニャックやソムリエコニャックとボウルの高さそのものはほぼ変わらない。

ステムがないのでお世辞にもスワリングに向くとは言えず、ドリンクを回転させるのであればボウル上部を握るか、プレート部分を握ることになる。

ステム&プレート

リーデル RIEDEL ヴィノム シングルモルトのステムとプレート

本体の最大径よりも底部のプレート径が大きい特殊タイプ。

ステムがない分重心が低く、安定感がある。

スペック/商品仕様

高さ 113mm
口径 65mm
底面積 70mm
最大径 65mm
重量 115g
容量 200ml(約12oz)

ウイスキーの格安試飲通販ショップ

どんなウイスキーに向いているか

リーデル RIEDEL ヴィノム シングルモルト

リーデルがシングルモルトを飲むために開発したスペシャルなグラス。

ボウルにはくびれがなく、リム部分の広がりが最大径になるというテイスティンググラスとしては珍しいフォルムをしています。

慣れてくるとこの口当たりじゃないと飲んだ気にならないほどの中毒性があるため、我が家でも4つほど常備しています。

シャープな口当たりと収斂味を感じさせにくい「かえし」の設計はタリスカーやハイランドパーク、レダイグやスプリングバンクなどのやや甘じょっぱさを感じるブリニーなモルトを飲む際に重宝しています。

ステムがないのでボウル部分は洗いやすいのですが、その分リムがを割らないようにちょっとヒヤヒヤします。

オーツカ
個人的に想い出深いグラスです。

グラスはシェイプがなくストレートなので、アロマ、アルコールともに香り立ちは早いですが、保持力はそこまでありません。

ややピーティで個性の強いウイスキーが向いているでしょう。

こんなウイスキーが飲みたい!

タリスカー 18年

タリスカー18年

リフィルのバーボン樽(アメリカンオーク)とリフィルのシェリー樽(ヨーロピアンオーク)

この2つの樽で最低18年間熟成させた原酒をおおよそ7:3の割合でヴァッティングしたボトルです。

どこか懐かしい潮風の香りの中にはオレンジピール、ドライマンゴー、フルーツパンケーキ、のアロマが混ざり合います。

味わいは最初に甘みが押し寄せますが、後からタリスカーならではのスパイシーさをしっかり感じられます。

そして背景に漂ううっすらとした温かみのあるスモーク香。

余韻は非常に長く、エレガントな佇まいを感じるバランスの良さです。

様々な風味が複雑にハーモニーを奏でる奥深い商品。2007年のWWAで1位に輝いた評価の高いボトルです。

グラスを手に入れたら合わせて買いたい「グラスクロス」をレビューしました!

テイスティンググラスのおすすめクロス/グラスの洗い方・拭き方磨き方・保管方法

毛羽立たない!テイスティンググラスのおすすめクロス/グラスの洗い方・拭き方磨き方・保管方法

2020年2月19日

クリスタルガラス専用の布巾でミクロのゴミや、ケバはもちろん、油性の汚れや指紋跡も残しません。

洗い方や拭き方で気をつけたほうがいいポイントも書いています。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!

ABOUTこの記事をかいた人

オーツカ

ウイスキーをもっと身近に感じてほしい。小難しいウイスキーの世界を分解して、わかりやすく整理する「ウイスキーオーガナイザー」です。 まだあまりウイスキーを知らない人がウイスキーを好きになる「きっかけづくり」をできればと思っています。 日本最大級のウイスキーメディアBARRELを企画、運営、編集及びカメラマン、さらには執筆もしています。