あなたの中性脂肪は多い?少ない?基準値と数値を改善する方法

中性脂肪とは

ウイスキー飲みに限らず、お酒をたくさん飲んでいる人が上がりがちなのがこの中性脂肪です。

今回は中性脂肪について解説していきましょう。

中性脂肪とは

中性脂肪とは体内にある脂肪の一種で脂肪酸とグリセリンが結合して“中性”を示すことからこの名前がつけられました。

中性脂肪は体内での貯蓄が可能で、予備用のエネルギーとして脂肪組織や肝臓に貯蔵されます。
つまり肉体がピンチの時に使われる脂肪ってわけですね。

中性脂肪には外部から食物を摂取して得られるものと肝臓から作り出されるものの2種類があり、体内のエネルギー源となります。
その為人間の生命を維持する上でなくてはならない存在とも言えるでしょう。

貯蓄された中性脂肪はエネルギーとしてすぐに使われるわけではなく、貯蔵された後必要とされたときに脂肪酸に形を変えエネルギーとして使われます。
しかし近年、この体内に溜まった中性脂肪が問題視されています。

中性脂肪と体脂肪、そしてコレステロールの違い

中性脂肪と体脂肪の違い

中性脂肪は体脂肪と同じもの…そう思っている方が多くいらっしゃいますが、全く同じ意味ではありません。

体脂肪ですが、こちらは体内の脂肪すべてを意味します。

体中に存在する脂肪の種類は中性脂肪のほかにコレステロール・脂肪酸・リン脂質の3種があり、それぞれ異なる働きをしています。
体脂肪の中には中性脂肪も含まれますが、その他にも上記した3種の脂肪も含まれている為、中性脂肪=体脂肪という考え方には至りません。
体脂肪という言葉の意味は広範囲のもの…と捉えるべきでしょう。

中性脂肪とコレステロールの違い

コレステロールと中性脂肪も同じものと勘違いされがちですが、こちらも全く別のものとなります。

中性脂肪は体内のエネルギー源となりますが、コレステロールはエネルギーにならず性ホルモン・副腎皮質ホルモンなどのステロイドホルモン、そして胆汁酸・ビタミンDの原料になります。
したがってコレステロールも生命維持に欠かせない重要な物質と言えます。

お酒好き必見。アルコールと善玉(HDL)悪玉(LDL)コレステロールの関係

2018.04.20

中性脂肪は危険なもの?

上記した通り中性脂肪は生命を維持する上で必要不可欠なもの。人間の体にとって必ず必要な栄養素と言えるでしょう。

人体のエネルギー源となる3つの栄養素、炭水化物やタンパク質と脂質を比較すると、脂質は2倍以上ものエネルギーを生み出すことができます。
さらに体温の維持、内臓を外部の衝撃から守るクッション的な役割も果たしているため決して危険なものとは言えません。

しかし近年中性脂肪が「危険なもの」として見られる場合があります。

それは必要以上の中性脂肪を体内に貯めてしまう方が増えてきたからです。
いくら生命維持に必要不可欠な物質といえども貯めすぎると体に支障をきたします。

基準値について

中性脂肪の基準値

中性脂肪は決して危険なものでは無く、どちらかと言えば生命維持に必要な栄養素だということが分かりました。
しかし、適量以上の中性脂肪を体内に蓄えてしまうと深刻な病気へと発展する恐れが有ります。
中性脂肪の基準値は

空腹時30~149mg/dl

とされています。
この基準値が150mg/dlを超えると様々な病気の疑いがかけられるようになります。
ここで疑われる病気が

  • 肥満症
  • 動脈硬化
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 腎障害

どれを取っても命に関わる重大な病気ばかり…。
近年、中性脂肪が「体に悪いもの」といわれているのも上記の病名を見ると頷けますね。

 

中性脂肪が少な過ぎても体に悪い?

中性脂肪が高いことは大病へと繋がる恐れがあることが分かりました。
だからと言って中性脂肪が少な過ぎることも体にとって良いことではありません。

中性脂肪の基準値は30~149mg/dl。
これ以下(29mg/dl以下)の方は日本人間ドッグ学会の基準で「低中性脂肪症」と診断されます。

低中性脂肪症になると冷え性やめまい、思考力の低下などを引き起こし通常の生活に支障をきたすことがあります。
低中性脂肪症になると血中の糖質が不足しますので、めまいや頭痛だけでなく、ひどい場合には意識を失うこともあります。

めまいや頭痛、意識を失うような症状は過度のダイエット(トレーニング)でひき起しやすくなります。

ダイエットに励む方にとって中性脂肪は天敵のような存在かもしれません。
しかし中性脂肪が減り過ぎても体に害があるということをしっかり認識しつつ、必要最低限の中性脂肪を確保しつつダイエットすることが大切です。

中性脂肪が少ない際の改善方法

体内の中性脂肪が基準値を下回ってしまった場合の改善方法を紹介していきます。

基準値を下回り低中性脂肪症になった場合には、カロリーの高い肉や魚、卵、レバーなどの内臓類、チョコレートやケーキなどの甘いものなどを意識して摂取することが改善策につながります。

またこれらの食物は一度に多く摂取するのではなく、日常の食事に常に意識して取り入れ、適量を摂取することがポイントです。

中性脂肪が多い人は食事、運動、サプリメントなどで改善

フィッシュオイル

高めの中性脂肪を食事で下げるには、適切な食材を選び、食べ方を工夫することが大切です。
炭水化物とタンパク質、脂質のバランスを考え、食物繊維多めの食事に切り替えていきましょう。
中性脂肪を下げる食事/食材とは。ゆっくり食べて食物繊維をたくさん摂る!

運動で高めの中性脂肪を改善したいという方は無酸素運動と有酸素運動を併用しましょう。
筋トレをして先に筋グリコーゲンを枯渇させ、体脂肪を使いやすい状態を作ってからジョギングや水泳などを行う方法です。
無酸素+有酸素運動/減らない中性脂肪を効果的な筋トレで片付ける

食事や運動も習慣化することはなかなか難しいので、手軽に摂れるサプリなども併用すると劇的に改善します。

DHAやEPAを摂りましょう。

 

ABOUTこの記事をかいた人

smoulfish

カントリーミュージック好きの三十代後半ライター。 ウイスキーは大好物ですが、まだまだ勉強中。 記事を書き進めていくうちに造詣を深めていきたいと思っています。