ウイスキーの格安試飲通販ショップ

お酒を飲むとお腹が痛い。二日酔い時の腹痛の治し方。

お酒を飲んだ飲酒時と二日酔い時の腹痛




二日酔い自体がそもそも辛いのですが、そこへ腹痛が重なってしまったらもう、地獄ですよね。

さらに下痢になってしまったら、それこそ踏んだり蹴ったり…。でも、二日酔いの腹痛は起こるときには起こり、そこにはちゃんと理由があるのです。

この記事では二日酔いと同時に起こる腹痛の原因や、なるべく短時間で回復させる方法についてご紹介していきます。

お酒を飲むたびに腹痛に見舞われている方は、こちらの記事を参考にして辛い腹痛を少しでも早く治してくださいね。

飲酒時や二日酔い時の腹痛の原因

それではまず、二日酔いで腹痛が起こる原因について見ていきましょう。

肝臓と腸と胃

アルコール成分による消化不良

お酒に含まれるアルコール成分自体が刺激物であるため、お酒を飲むことによって胃腸の調子がおかしくなることがあります。

それは、アルコール成分が腸に到達すると腸壁を刺激して、消化能力が鈍るからです。

つまり、消化不良が起こりやすくなるということですね。

内臓の冷えを呼ぶ冷たいお酒

お酒でなくても、冷たい飲み物や食べ物をたくさん取ると下痢になってしまうことがありますよね。

これは、急激な内臓の冷えによって内臓機能が正常に働かなくなるためです。

ビールやハイボールなど、キンキンに冷えた冷たいアルコール飲料をガバガバ飲む人は内臓が冷えても仕方ありません。

肝機能の低下による胆汁生成スピードの遅れ

肝臓では、消化酵素の働きを助ける胆汁という成分が生成されます。

この成分は、肝機能が正常な状態であればスムーズに生成されますが、大量飲酒によって肝機能が低下すると生成スピードが遅れ、消化酵素がいつものように働かなくなります。

その結果、消化不良が起こって下痢をするということです。

知らず知らずのうちにやっている「食べすぎ」

お酒を飲んでいる最中にやってしまいがちなこと、それは「食べ過ぎ」です。

特に酔いが進むと、カラアゲからピザまで見境なく食べてしまうことがあり、これが消化不良を呼び込んで腹痛の原因になるのです。

 

といったことが飲酒時、二日酔い時に起こる腹痛や下痢の主な原因です。

つまり、「飲みすぎない」「食べ過ぎない」ことが大切だということですが、調子良く飲んでいるとなかなかセーブはできません。

なので二日酔いと同時に腹痛が起こった際の正しい対処方法を知っておかなくてはならないということです。

二日酔いの腹痛に効果的な薬はある?

手っ取り早く腹痛を治すのなら、薬を飲んでしまうというのがいちばんの方法です。

ただし、薬の成分も肝臓で代謝されるため、飲酒直後に薬を飲むと肝臓にかかる負担が大きくなります。

薬を飲むのならお酒を飲んだ翌日まで待ち、なおかつ下痢が起こっていないのならひとまず飲むのは控えましょう。

下痢が起こっていないのに薬を飲むと、便秘になって困ることがあります。

ストッパ下痢止めEX

ロートエキス3倍散とタンニン酸ベルベリンという成分を配合消化薬で、水なしで飲めるというメリットがあります。

実は、私も二日酔い時の腹痛でこの薬のお世話になったことがあります。

口に入れるとすぐに溶けて飲みやすかったので、下痢をしていて緊急の場合はおすすめ度が高い薬だと思います。

ビオフェルミン下痢止め

この薬にもロートエキスとタンニン酸ベルベリンが配合されていますが、この薬には生薬やビフィズス菌も配合されているため、今すぐに下痢を止めるというよりも腸内環境を改善して腹痛や下痢を治す薬として捉えておくと良いでしょう。

実は私、この薬にもお世話になったことがあります。

錠剤タイプで飲みやすいのですが、こちらは水なしでは飲めませんので、どちらかというと自宅や会社の常備薬向きといったところでしょうか。

ストッパよりも即効性はない気がしますが、効果はほぼ同じ。

後半にも書いてますが、個人的には飲むなら薬よりもサプリを継続的に飲んで健康な肝臓を維持するというのが良い方法かなと思います。

二日酔い時の腹痛の効果的な治し方

薬以外の方法でという方は、ひとまず以下の方法を試してみましょう。

飲み物で対処してみる

二日酔い時には脱水症状になっていることが多く、そこへ下痢が起こるとますます脱水症状を悪化させることがあります。

それを防ぐためには、体内への吸収が早いスポーツドリンクや経口保水液を飲むという方法がおすすめです。

これらを飲んだからといって、すぐに腹痛や下痢が治まるわけではありません。

しかし、スポーツドリンクや経口保水液は胃壁や腸壁を刺激しませんし、成分が素早く体内に吸収されるため、脱水症状の改善に役立ちます。

ポカリやアクエリアスならコンビニで買えますので、自宅や会社に用意しておいてみてはいかがでしょうか。

食事は消化が良い「おかゆ」がおすすめ

梅干し粥

お腹が空いたけれど下痢が怖くて食べられない…。

それなら、おかゆではいかがでしょう?

おかゆなら胃や腸を刺激する心配はありませんし、ゆっくり少しずつ食べることもできますよね。

特に梅がゆはすぐに作ることができ、梅干しのクエン酸が二日酔いの症状改善に役立つといわれていますので、最もおすすめできます。

もしもおかゆを作るのがめんどうなら、コンビニや食品スーパーを覗いて見てください。

さまざまな種類のおかゆが用意されているので、お好きな種類を選ぶことができますよ。

肝臓が疲弊している場合にはサプリが効果的

  • 毎回お腹を下してしまう
  • 夕方まで使い物にならないくらい二日酔いが長引く
  • 体の中がだるくて寝不足
  • 肌荒れなども気になる

この症状は、加齢ではなく臓器が疲れているせいかもしれません。

毎日のパフォーマンスを上げるためには、代謝や解毒をしっかりと行ってくれる健全な肝臓が不可欠です。

内臓疲れの解消には定期的な休肝日とサプリメントの継続使用が効果的。

よくお酒を飲む、二日酔いになってしまいがち、そんな人のためにおすすめサプリの記事を書いてます。参考にどうぞ。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!