ウイスキーの格安試飲通販ショップ

ハイチオールCって二日酔いに効くの?効かないの?

ハイチオールCの錠剤




なぜかここのところ弊メディアで検索数の多い「ハイチオールC 二日酔い」のキーワード。

二日酔い予防ならウコンを飲めばいいという考え方がありますが、近年、ウコンの二日酔い予防効果については議論が交わされ、本当に二日酔いに効くのか疑問の声も多いようです。

実際にウコンを飲んで二日酔いにならなかったという声もあれば、ウコンを飲んでも二日酔いになるときにはなるという声も挙がっています。

ウコンについて詳しくは以下の記事で言及しています。是非ご確認を。

ウコンのサプリとクルクミン

ウコンに含まれるクルクミン。二日酔い防止の効果効能は?副作用はあるのか

2017年11月25日

では、薬局などでも売っているハイチオールCは二日酔いに効果があるのでしょうか?

今回はハイチオールCに配合されている成分から、その効果について探ってみることにしましょう。

ハイチオールCの含有成分

ハイチオールCは第3種医薬品に分類されています。

二日酔いに効くかどうかを確認するためには、このハイチオールCに配合されている成分を調べてみるというのが手っ取り早い方法です。

そこで早速調べてみたところ、以下の成分が配合されていることがわかりました。

それぞれの成分はサプリで個別にとることもできます。見ていきましょう。

L-システイン

美白作用がある成分として有名で、女性用の美白化粧品にも多く配合されています。

しかし、L-システインの実力はそれに留まらず、アルコール成分やアルコールが分解される際に生成されるアセトアルデヒドという物質を分解する脱水素系酵素の働きを高める効果も期待できると考えられています。

このように酵素の働きを高めるL-システインには、だるさや疲れを緩和する効果も期待できますので、二日酔いでありがちなだるさの改善も期待できるでしょう。

 

二日酔いをできるだけ短時間で改善するためには、アセトアルデヒドをいかに早く分解するという点にありますので、L-システイン配合のハイチオールCなら、この問題の解決に役立つ可能性はあるかもしれません。

アスコルビン酸

ビタミンC成分です。ビタミンCもまた美白成分として有名ですが、強い抗酸化作用を持ち、体内の活性酸素増殖を阻止する効果が期待できます。アスコルビン酸もまた疲労回復効果を期待できる成分であるため、二日酔いの疲れの改善に役立つでしょう。

ビタミンCもアセトアルデヒドの分解に役立つといわれていますので、二日酔いの際には積極的に摂取しておきたい成分だといえるでしょう。

パントテン酸カルシウム

水溶性ビタミンの一種で、ビタミンB5と呼ばれることもあります。糖質や脂質、タンパク質などの分解に役立つ成分ですので、飲みすぎ、食べ過ぎによる胸やけの症状の改善に役立つでしょう。

ハイチオールCの歴史は古く、私の中ではシミやそばかすの改善に役立つ内服薬というイメージがありました。しかし、こうやって調べてみると二日酔い改善効果も期待できるわけですね。やっぱりイメージだけでその薬の効果を決めつけてはいけないということがわかりました。

 

ヘパリーゼやソルマックなどいろいろ試してきた私ですので、これらが二日酔いの予防や改善に効果的なことは知っています。でも、ヘパリーゼやソルマックって、1本当たりの単価がそこそこ高いのがネックなんです…。

一方、ハイチオールCは錠剤タイプで、1本買ってしまったらしばらく買う必要がありません。これなら経済的な負担も抑えられそうですので、ひとまず試してみる価値はありそうです。

ハイチオールCを実食

Lシステイン

というわけで、この情報を知ってから数日後、実際にハイチオールCを試してみました。

普段の私が二日酔いになるであろう量(だいたい赤(白)ワイン1本+食後ウイスキーのコース)、のお酒を飲んだ後に、ハイチオールCを服用して眠りました。

結果は二日酔いにはならず、少々身体がだるい程度で済みました。

もちろん、二日酔いの度合いは体調によって左右されることもありますが、ほぼ同じコンディションのときにハイチオールCありとなしで試しましたので、ひとまず私の中では「二日酔いの予防効果アリ」と判断するに至りました。

あと、ハイチオールCを飲むために、必ずお水は飲まなければならないので、そのまま眠るよりはるかにいいですね。

また、ハイチオールCのパッケージをよく確認してみると効能・効果にちゃんと「二日酔い」と明記されていました。

そして、なんといっても嬉しいのは、ドリンク剤のように本単位で購入するのではなく、1瓶ごとの購入で経済的に助かるという点です。

ヘパリーゼやソルマックでもいいのですが、経済的な負担の軽減を考えるのであれば、今後はハイチオールCにしようかな?と思っています。

 

二日酔いだけではない、ハイチオールCの効果

とりあえず二日酔い改善効果を期待できるのなら、試してみたいと考えるのがハイチオールCです。

そして、ハイチオールCの飲み方にひと工夫を加えると、ある効果を期待できることがわかりました。

 

それは、お酒を飲む前にハイチオールCを飲むと、ちょっとだけ酔いにくくなるということです。

もちろん、個人差はありますし、大量にお酒を飲めば酔うに決まっていますが、私が体感した限りでは、酔いが回るスピードが遅くなったような気がしました。

 

それでは次に、実際に私が試した酔いが回るスピードが緩やかになるハイチオールCの飲み方についてご紹介することにします。

ただし、酔いが回るスピードについては飲むお酒の種類や体質、飲むペースによって差が生じる可能性がありますので、ひとまず参考程度に留めておいてくださいね。

 

ハイチオールCは何錠飲む?飲み方やタイミング

薬局での解説

ハイチオールCの説明書に目を通すと、成人の場合では1回2錠を1日2回服用となっており、飲むタイミングについては特に指定がありません。

ですが、ハイチオールCは医薬品であるため、とりあえず一日の容量を超えないように注意しながら、お酒を飲む前に2錠、寝る前に2錠飲んでみています。

他にも色々な飲み方やケースがあると思うので、順に書いていきます。

 

ハイチオールCを飲酒前に服用する場合

ハイチオールCは数種類に分類されていますので、とりあえずすべての種類について調べてみましたが、全種類1回2錠、1日2回の服用となっていました。
つまり、この容量を守って服用すれば問題ないということですが、できればお酒を飲み始める30分~1時間前を目安として2錠飲んでおくと良いでしょう。

二日酔い時には多く飲んだほうがいいの?

どの医薬品でも容量が決められており、多く飲んだからといって効果が倍増するわけではありません。

ハイチオールCは二日酔いの予防だけでなく二日酔い改善効果も期待できる医薬品ですが、どれほど辛い症状が現れたとしても規定量を超えた量を服用してはいけません。

ハイチオールCの1日の規定量が4錠となっているのには医学的な理由がありますので、二日酔いで辛くても1回あたり2錠、1日4錠までという服用量は必ず守りましょう。

ハイチオールCには効かない飲み方も…

ハイチオールCを飲むのなら、お酒を飲む前と寝る前、あるいは翌朝に飲むことが基本です。

お酒を飲んでいる間の服用は避けましょう。お酒で飲むという方もいますが効果は期待できません。
それは、医薬品である以上、お酒と同時にハイチオールCを服用すると、肝臓への負担が大きくなる可能性が考えられるからです。

ヘパリーゼとハイチオールC、飲むならどっち?

ハイチオールCとヘパリーゼの価格を比較してみるとそれほど大差がないことがわかります。それだけに、どちらを飲んだほうがいいのか迷うかもしれませんね。

まずハイチオールCですが、こちらはL-システインというアルコール成分の分解に役立つ成分が配合されていますので、二日酔いの予防や改善に役立ちます。
一方のヘパリーゼには肝臓水解物という、肝機能向上効果を期待できる成分が配合されていますので、やはり二日酔いの予防や改善に役立つでしょう。

実際、私はどちらも試してみましたが、どちらも効果を実感できました。

即効性はそこまで期待できません。個人的には錠剤のヘパリーゼなどを継続的に飲んでみて、内臓疲れを取り切ったほうがよいです。実際のヘパリーゼの記事はこちら。

しかし、上記でもお話ししている通り、効果の現れ方については飲むお酒の量や、そのときのコンディションによって差が出ます。
また、服用する人の体質によって合う、合わないといった問題も起こってくるでしょう。

この記事をお読みになっている皆さんとは、「本当はどっちがいいのか答えをくれ」と思っていると思いますが、個人差があるため、はっきりと言及することはできません。

どちらにしようか迷った、あるいは自分の体質に合ったほうを選びたいとお考えの方は、ひとまずドラッグストアや薬局の薬剤師さんに相談してみてください。
彼らであれば薬学の知識が豊富ですので、あなたの体質に合ったほうを紹介してくれるはずですよ。

ネットで買いたい方はこちら。

ハイチオールCプラス

ハイチオールCのメイン成分と言われているLシステインを単体で試してみたいという方はこちら。


他のサプリも効果的

私はもともとウコンの信者(?)でしたので、ソルマックなどに配合されているウコン成分の二日酔い防止効果については結構信用していました。
他にもヘパリーゼに配合されているカンゾウ末成分にも二日弱酔いの予防や改善効果があることがわかり、これも信用できました。

ですが、L-システインという成分についてはあまり聞いたことがなく、ましてや二日酔いの予防や改善効果があるなんて、まったく知りませんでした。

しかし、実際にこの成分を体内に取り入れたこと二日酔い予防に役に立ったわけですから、なかなか侮れません。L-システイン。

L-システインだけでなく二日酔い解消には様々なサプリメントが出ています。

BARREL編集部では「毎月、肝臓投資」「内臓をキレイに」をテーマに、二日酔いをはじめとした疲れやだるさ、睡眠不足や肌荒れの解消を目的として100記事以上の記事を書いてきました。

毎月、科学的根拠に基づいた改善方法や民間療法、さまざまなサプリメントなどを試しています。

悪酔い防止や内臓疲れ対策には、定期的な休肝日と事前のサプリメント使用が効果的。

よくお酒を飲む、朝がツライ、肝臓の数値がちょっと心配、という人のためにサプリを網羅した記事を書いてます。参考にどうぞ。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!

ABOUTこの記事をかいた人

二日酔いの天使

BARREL編集部では二日酔い記事を主に担当しています。 朝から晩までお酒と向き合い、二日酔いに対する実験をしています。 しっかりチェイサー飲む派。休肝日は48時間以上連続で設ける派。