お酒をとにかく早く抜きたい!アルコールを抜く食べ物や飲み物。サウナで水分を出すのはNG?

お酒が抜けた気持ちのよい朝

アセトアルデヒドがいつまでも体内に残っていると、二日酔いの症状がなかなか治りません。

そのようなとき「サウナで汗を流せばお酒が速く抜けるのでは?」と思いつく方もいるかもしれません。

しかし、本当にその対策は正しいのでしょうか?

今回は、お酒を早く抜く方法や、お酒を早く抜けやすくなる食べ物や飲み物についてご紹介していきます。

アルコールを早く抜く方法はあるのか

アルコールの分解能力には個人差があり、同じ量のお酒を飲んだとしても早く抜ける人とそうでない人がいます。

しかし、どちらのタイプにも共通していえることは、アルコールを早く抜く対策をするかしないかで、アルコールの分解速度に差が生じるということです。

「水をたくさん飲んで代謝を上げる」というのは誰しもがわかりやすい早抜きの方法ですね。

また、サウナに入ったり運動を行ってお酒を早く抜くという考え方や、深呼吸やツボ押しでアルコール分解が早まるなどという噂もありますが、果たして、本当に正しい対策なのでしょうか。

ひとつずつ見ていきましょう。

ウイスキーの格安試飲通販ショップ

「サウナで汗をかけばお酒が早く抜ける」は嘘

結論からお話ししますと、お酒が完全に抜けていない状態でのサウナの利用は危険であるため、絶対にやめてください。

それでは、その理由について詳しくご紹介していきましょう。

サウナで水分を出すのは危険

サウナはNG

ご存じの通り、サウナは短時間入っただけで全身から大量の汗が噴き出ます。

これは、サウナの室温によって急上昇した体温を毛穴から放出するために起こる現象です。

しかし、サウナの効果はそれに留まらず、血流も急激に早くなります。

血流が速くなるということは、それだけ食品から摂った栄養成分がスピーディーに身体の隅々に送り届けられるということです。

そのため、美肌や抜け毛予防効果を期待できるでしょう。

また、末端の毛細血管にまで血液が送り届けられることが冷え症の改善にもつながります。

 

つまり、健康な状態であれば美容や健康増進に役立つのがサウナなわけですが、お酒が入った状態では、これが逆効果となります。

飲酒後に大量の汗をかいたらどうでしょうか。

飲酒した直後から身体は利尿作用により脱水していることが多く、その状態でサウナに入るとますます体内の水分が抜けて脱水症状が悪化します。

同じ理由で翌日二日酔いの状態でサウナに入るのも脱水症状を加速させます。

また、急激に血行が良くなれば、血中にあるアセトアルデヒドが全身に回るスピードが加速して、酩酊や二日酔いの症状が悪化する可能性が高くなるでしょう。

この状態になると、サウナの室内でめまいやふらつきなどが起こる可能性も考えられ、最悪の場合では事故につながるでしょう。

汗をかいてもアセトアルデヒドは分解されない

大量の汗をかく

サウナで汗をかいても、汗と一緒にアセトアルデヒドが体外に噴き出してくることはありません。

アセトアルデヒドが肝臓で代謝されると、酢酸という物質に分解されます。酢酸に分解されたアセトアルデヒドは血中を巡り、そのほとんどが尿として体外に排出されるのです。

呼気や汗として排出される量は微量であるため、サウナで汗をかいたからといって、すべてのアセトアルデヒドを排出させることは不可能です。

また、サウナで代謝機能を高めたとしても、それでアセトアルデヒドの分解スピードが速まるわけではありませんので、二日酔い時のサウナは避けるべきです。

走ったり、運動したりすれば早く抜ける?

走っている女の人

お酒を早く抜くには運動がいちばん!と思い込んでいる人がなんと多いこと…。

運動で早く抜くという考え方も、サウナで汗を流せば早く抜くことができるのでは?という考え方とよくています。

しかし、二日酔いの状態で運動を行って血流が良くなると、サウナと同様のトラブルが起こる原因になることがあるのです。

つまり、走ったり運動したりしてアルコールを早く抜くという考え方は間違っているということです。

深呼吸でお酒が早く抜ける?

深呼吸をする女の人

深呼吸で多くの酸素を体内に取り込めば、お酒を早く抜くことができるという話があります。

確かに、酸素は血中を巡って全身に送り届けられるものであり、酸素がたっぷりと全身に送られればアルコールを早く抜くことができそうです。

また、酸素カプセルの利用でアルコールを早く抜くことができるという話もありますが、残念なことに深呼吸をたくさんすることに対するエビデンスは存在していません。

しかし、お酒を飲みすぎることで、脳が麻痺したり酸欠になったりする可能性は考えられますので、深呼吸はしないよりしたほうがいいでしょう。

お酒を早く抜く薬はある?

ヘパリーゼやウコン、ゴオウなどは酔いすぎ防止や二日酔い予防に役立つといわれ、二日酔いになってしまった場合でも改善効果を期待できるといわれています。

しかし、これらを飲んだからとアルコールの分解能力がきいなり高くなるわけではないため、ひとまずアルコールを早く抜く薬はないと考えておいたほうがいいでしょう。

二日酔い予防対策にヘパリーゼ。成分比較や種類の違い。効果的な飲み方やタイミングなど。

2018.01.26

お酒を早く抜くツボ

ツボ押しをしても、その場で二日酔いがケロッと治るわけではありません。

しかし、アセトアルデヒドの分解促進効果を期待できるツボはあります。

魚際(ぎょさい)

親指の下の膨らみ部分にあるのが魚際というツボです。この部分を押してみて痛いと感じる部分が魚際ですので、左右1回5秒程度、7回続けて刺激してみましょう。

健理三針区(けんりさんしんく)

手の平の中央からやや手首寄りの部分にあるのが健理三針区です。このツボも押すと少し痛いと感じますので、親指で強く押してみましょう。

二日酔いの頭痛や吐き気を軽減するのにツボ押しが効果的という噂は本当?

2018.01.02

安静にして寝るとお酒は早く抜けるのか

微熱発熱

安静にしていれば急激に血流が早くなることがなく、二日酔いの改善に役立つでしょう。

また、安静にする際には、できるだけ水をたくさん飲むのがコツです。

それによって水分代謝が高まり、アルコールを早く抜くのに役立ちます。

アルコールを早く抜くおすすめの飲み物

お酒の成分をいち早く体外へ排出させたいのなら、飲んでいる最中や飲み終わった時点で水を飲むという方法が最もおすすめできます。

しかし、この対策をとっても二日酔いになってしまったのであれば、以下の飲み物を試してみましょう。

トマトジュースやオレンジジュース

トマトジュース

トマトジュースには、アセトアルデヒドの代謝に必要なビタミンCが含まれています。

それだけではなく、認知症予防に役立つGABAや抗酸化効果を期待できるリコピンといった成分も含まれていますので、二日酔いとセットで起こる肌荒れの改善にも役立つでしょう。

私が二日酔いになったときには。真っ先にトマトジュースを飲みます。

トマトジュースを飲んですぐに二日酔いが治るということはありませんが、比較的短時間で症状が改善されているように感じています。

トマトジュースが苦手でなければ、個人的にはイチオシしたい飲み物です。

二日酔いにおすすめのドリンクはトマトジュース

2017.12.19

スポーツドリンク

電解質は体内に吸収されやすい性質を持っているため、二日酔いの水分補給にはスポーツドリンクを外すことができません。

また、二日酔い時には脱水症状のほか低血糖を引き起こしていることもありますが、スポーツドリンクには適度な糖分が含まれているため、低血糖の改善にも役立つでしょう。

二日酔いにポカリ、アクエリアス、OS1は効果があるのか。逆効果の噂は?

2017.11.22

リンゴジュース

リンゴジュースには、ビタミンC、リンゴポリフェノール、ペクチン、果糖などの成分が豊富に含まれていますので、二日酔いの症状の緩和効果を期待できます。

リンゴで二日酔いは改善、予防できる?リンゴジュースやりんご酢成分の効果効能。

2017.12.21

カルピスウォーター

手っ取り早く糖質を補給したいのなら、カルピスウォーターがおすすめです。カルピスウォーターには糖分がたっぷりと含まれているからです。

もちろん、原液のカルピスを水で割るという方法もおすすめできるのですが、この方法は外出先や職場では簡単に行うことができません。

しかし、カルピスウォーターならコンビニで入手できますので、原液を水で割る方法よりも簡単にカルピスの糖分を摂ることができます。

二日酔いにカルピスを飲むと効果的?原液/薄める/おすすめの割り方や飲み方

2018.01.25

他にも色々効果的なドリンクがあります。

以下の記事を参考にしてみてください。

二日酔いを治すのに効果的なおすすめの飲み物/ドリンク

2017.11.12

NGな飲み物はあるの?

それはズバリ、「アルコール成分含有飲料」です。

お酒そのものはもちろんNGで、二日酔い時に重ねてお酒を飲むいわゆる”迎え酒”は絶対にやってはいけません。

これをしてしまうと、アルコールを早く抜くどころか、アルコールを長く体内に留まらせることになり、二日酔いが長引きます。

また、お酒そのものではないにしても、アルコール成分を含む飲料も、アセトアルデヒド分解の妨げになることがあります。

このような飲み物ではお酒を早く抜くことができませんので、十分に注意しましょう。

迎え酒についての真実に関しては以下で詳しく書いています。

「迎え酒」の真実。二日酔いに効くというのは嘘。

2017.12.11

アルコールを早く抜くおすすめの食べ物

アボカド

二日酔い改善で最も大切なのは水分補給ですが、それと同時に摂取していただきたい食べ物もあります。

キウイフルーツ、バナナ、アボカド

これらの食べ物にはある共通した成分が豊富に含まれています。

その成分とは、カリウムです。

カリウムには利尿作用があるのですが、飲酒することによって体内量が減少し、その結果むくみが現れることがあります。

つまり、これらの食品からカリウムを摂ることで水分代謝が活性化されれば、アセトアルデヒドの体外排出スピードが速まる可能性が高くなるということです。

ご飯、麺類

低血糖の改善には、糖質の摂取が重要です。

ご飯や麺類には糖質がたっぷりと含まれていますので、二日酔いが少し楽になってきたら、これらを食べてみましょう。

おにぎりやカップラーメンならコンビニで購入できますし、また、お近くにラーメン屋さんやうどん屋さんがあれば、利用してみてもいいでしょう。

豚肉

豚肉には飲酒で失われたビタミンB1が豊富に含まれているため、二日酔いの改善策として食べることをおすすめします。

豚肉は、肉うどん、生姜焼き定食、ホイコーロー、カツ定食などのメニューで使われていることが多いため、職場周辺でも比較的摂りやすいでしょう。

 

他にも色々効果的な食べ物があります。

以下の記事を参考にしてみてください。

二日酔いの食事と食材。食べて良いモノ、悪いモノ。

2017.11.12

なるべく避けたほうがいい食べ物は?

香辛料などの刺激物は胃粘膜を荒らすことがあるため、二日酔い時にはなるべく避けましょう。

また、冷たすぎる飲み物は内臓を冷やすため、肝機能の働きを鈍らせる可能性があります。

アルコールを早く抜くのなら、ひとまずこれらの摂取は避けましょう。

そして、スナック菓子などの油ものは二日酔いの気持ち悪さを助長させる原因になることがあるため、やはり避けたほうが無難です。

アルコールの分解や二日酔い防止にはサプリも効果的

二日酔いを予防するにはBCAAなどのアミノ酸、海産物に含まれるタウリン、セロシアやマリアアザミなどの植物、ハーブや漢方、ポリコサノールなどが効果的です。

よくお酒を飲む、二日酔いになってしまいがちという、そんな人におすすめサプリの記事を書いてます。参考にどうぞ。

 

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!

ABOUTこの記事をかいた人

二日酔いの天使

BARREL編集部では二日酔い記事を主に担当しています。 朝から晩までお酒と向き合い、二日酔いに対する実験をしています。 しっかりチェイサー飲む派。休肝日は48時間以上連続で設ける派。