ほっこりあたたかい。二日酔いの体に沁みるスープ。

二日酔いになるととにかく喉が渇きますが、これは脱水症状が起こっている証拠で、この状態からいち早く抜け出すためにはとにかく水分を摂る必要があります。

しかし、せっかく水分を摂るのなら、二日酔い改善効果を期待できる水分を摂りたいものです。

このようなときには、ほっこり温まる美味しいスープを飲んでみてはいかがでしょうか。

それでは、二日酔いにスープがいいといわれている理由や、おすすめスープのレシピをご紹介していきます。

 

二日酔いの朝にはスープがいいらしい。その理由とは?

二日酔いになる原因は、アルコール成分が分解される際に生成されるアセトアルデヒドにあります。

そして、ひとたびこの物質が生成されると、肝臓はその分解や代謝の緒剃りに追われて、他の成分の処理にまで手が回りません。
そして、このような状態で起こりやすいのが低血糖症です。

 

また、アルコールは体内の水分調節をする抗利尿ホルモン(バソプレシン)の分泌を抑制し、飲酒時にはトイレが近くなります。

何度もトイレを往復するうちに体内のミネラル成分や塩分なども大量に体外へ排出されてしまいます。

さらに、肝臓がアセトアルデヒドを分解している間にはタンパク質の吸収力も低下します。

つまり、身体全体が水分不足や栄養不足になっている可能性が高く、それをカバーできるのがスープだということです。

 

二日酔いの体に沁みるおすすめスープ!

それでは早速、二日酔いになっているときにおすすめできるスープのレシピをご紹介します。
どの種類も少ない手間でつくることができますので、二日酔いになったらぜひ、試してみてくださいね。

 

玉ねぎのコンソメスープ

カップにスライス玉ねぎとコンソメ1個を入れて熱いお湯を注ぎます。
ゆっくりとかき混ぜてコンソメが溶けたらできあがりです。コンソメはどの種類でもかまいませんので、お好みのコンソメで試してみましょう。

玉ねぎには整腸作用を期待できる植物性乳酸菌や、肝機能を高める作用があるケルセチンというポリフェノールが含まれているため、二日酔いの時には特に摂っていただきたい食品です。

また、コンソメにはタンパク質や塩分が含まれていますので、飲酒による栄養不足のカバーに役立つでしょう。

わかめとシジミのスープ

小さめの鍋に水を入れて沸騰させ、砂抜きシジミを入れます。
シジミに火が通ったら。そこに乾燥わかめを投入、コンソメで味を整えたら完成です。

シジミには肝臓の機能向上効果を期待できるオルニチン、わかめには飲酒で失われがちなミネラル成分が含まれていますので、二日酔いの改善に役立つでしょう。

トマトと卵のスープ

小さめの鍋にザク切りにしたトマトと水、コンソメを入れて煮立たせます。そこに溶き卵を入れて混ぜ、火を止めたら完成です。

トマトには二日酔い改善効果を期待できるリコピン、卵にはタンパク質が豊富に含まれていますので、二日酔いの日にはぜひ試していただきたいスープです。

めかぶと梅干しのスープ

カップにめかぶ1パックと梅干し1個を入れて熱湯を注ぎます。コンソメまたは粉末出汁で味を整えて、梅干しをほぐしたら完成です。

めかぶにはミネラル成分、梅干しにはクエン酸が含まれていますので二日酔いの改善に役立つでしょう。

トマトとセロリのコンソメスープ

小さめの鍋にトマトとセロリのザク切り、水を入れてひと煮立ちさせて、コンソメで味を整えたら完成です。

セロリは薬膳として使用されることが多く、身体の熱をとる効果があるといわれています。
また、トマトとあわせることでセロリ特有の香りを少なくできますので、セロリが苦手な方でも比較的食べやすいのではないかと思います。

豆腐の味噌汁

お椀に小さくカットした豆腐とペースト状の味噌を入れて、熱湯を注いで味噌を溶かしたら完成です。豆腐だけで物足りない方はわかめをプラスしてみると良いでしょう。

シンプルな豆腐の味噌汁は、豆腐からタンパク質、味噌からは乳酸菌を摂ることができますので、二日酔い時の栄養補給や整腸作用を期待できます。

卵とゴマのコンソメスープ

カップに溶き卵とゴマを入れて熱湯を注ぎ、コンソメを入れて混ぜれば完成です。

ゴマにはアセトアルデヒドの分解作用があるセサミンが豊富に含まれていますので、二日酔いの改善に役立ちます。また、卵を合わせることでタンパク質も摂ることができますので、まさに一石二鳥のスープだといえるでしょう。

 

これらは実際に私が試したことがあるスープですが、どの種類も飲みやすく、二日酔いの身体に優しく作用する気がします。

これらのスープは野菜をカットしたり溶き卵を作ったりする手間はありますが、どれも10分以内につくれますので、まずは1種類ずつ試してみてはいかがでしょうか。

また、これらのスープは二日酔い時だけでなく、寒い夜に帰宅してすぐに温まりたいときにも役立ちますし、栄養素が足りていないと感じたときの栄養補給食品としても活用できます。

このようにメリットが多いスープですので、レシピを覚えておいてあらゆるシーンで活用してみることをおすすめします。

個人的には「めかぶと梅干のスープ」が最高に好きです。

なお、これらのスープだけでは低血糖症の改善効果を求めることができませんので、低血糖症も同時に改善したい場合には、スープ+おにぎりという組み合わせがおすすめです。

 

二日酔いでスープなんか作っていられない!というときには

ひどい二日酔いになると、身体にいいことはわかっていてもスープなんかつくっている場合ではない!ということもあるでしょう。
私の場合、急な飲み会にも対応できるよう普段からスープを鍋を作り置きしておくことがあります。(ただスープが好きという話もありますが…)

鍋に入れる具材には特に決まりがあるわけではありませんので、お好きな具材を入れて作っておけばOKです。

私がよくつくるのは寄せ鍋ですが、具材には必ずタラなどの魚、鶏肉、豆腐は必ず入れることにしています。これらの具材にはタンパク質が豊富に含まれており、飲酒後のタンパク質不足をカバーできると考えたからです。

また、野菜はなんでもいいのですが、おすすめは味が浸みこみやすい大根と白菜です。
その他、もしあればしらたきやシイタケ、はまぐりなどを入れても美味しいですよ。

 

反対に、私の経験上、二日酔いのときにあまりおすすめできないと思ったのはキムチ鍋です。

もちろんキムチ鍋は大好きなのですが、キムチ鍋にはトウガラシのカプサイシンという刺激成分が含まれていますので、お腹に優しいとはいえません。私の場合ではひどい二日酔い時の昼食にキムチ鍋を食べ調子を悪くしてしまいましたので、トラウマもあります。二日酔い時の鍋としては個人的にあまりおすすめできません。

もちろん、キムチ鍋を食べたからといって必ずお腹を壊すということはありませんが、普段から下痢しやすい方は注意が必要だと思います。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!