二日酔いを治すのに効果的なおすすめの飲み物/ドリンク

二日酔いに効くドリンク

昨日飲みすぎてしまったそこのあなた。

今回は二日酔いに効果のある飲み物をご紹介していきます。前回の二日酔いの時の食べ物と合わせてご覧ください。

私達の体に必要な水分

わたしたち人間の体の約70%は水分でできていると言われています。

老廃物として排出される尿、汗や涙といった物質が常にわたしたちの体からは流れ出ているのです。

ですからこまめに水分補給をして体内の水分率を一定に確保しなければなりません。汗をかきやすい夏場は特にこまめに水分補給をしようと呼びかけられていますよね。

また寝ているときにも自然と汗が排出されます。

寝ている時の汗の排出量はなんと1~2Lとされています。

朝コップ1杯の水を飲むと健康に良いと言われているのはこのためです。

 

きっとこの記事を読んでいる方の多くは、お酒を飲んで眠った後でしょう。

あなたの体はとにかくしこたま水分が必要なはずです。何故かと言うと、お酒を飲んだ後は生成されたアセトアルデヒドを分解するために水分が使われるため体内の水分が不足しがちになるからです。

お酒を飲んで寝た後も汗をかくのであなたの体はさらに水分を失いカラカラになっています。

現在は脱水症状を引き起こしかねない危険な状態です。

飲み会などの翌朝は必ず水分を多くとるよう心がけましょう。

二日酔いにはまず水!!

本来はお酒を飲んでいる最中にもチェイサーとしてお水を飲みまくるのが賢い二日酔い予防なのですが、二日酔いになってしまった後にも、意識して水分補給しましょう。

二日酔いとは体内にまだ分解されていないアルコールが残っている状態、またはアルコール代謝によって生成されたアセトアルデヒドが完全に分解されていない状態をいいます。

特にアセトアルデヒドは頭痛や胸焼け、吐き気など不調の原因となる毒素。
このアセトアルデヒドを分解するためには多くの水やその水分を溜め込む炭水化物(糖質)を必要とします。

そのため二日酔いになったときには積極的に水分を取らなければならないのです。
自然のチカラでも二日酔いは解消できますが、水分を取ったほうが確実に速くなります。

通勤中でも必ずペットボトルや水筒に飲み物を入れてこまめに水分を補給して下さい。

コンビニなどで手に入る二日酔いに効く飲み物

以下では二日酔いに効果的な飲み物を紹介していきます。
コンビニでも購入できる飲料ばかりですので、二日酔いに悩まされたたきはぜひご参照下さい。

スポーツ飲料

ポカリスエット、アクエリアス、OS-1

スポーツ飲料は、糖分はもちろん塩分も含んでいるため体内への吸収率が高く即効性が期待できます。

中でもおすすめは、はちみつや果糖を使用している商品。

これらが含まれることで更に体への吸収率が上がり、二日酔いを解消してくれます。

アクエリアスよりはポカリスエットのほうが効きます。

だだし、飲み過ぎは糖分のとりすぎになるので、多量の際は水で薄めて飲むことをおすすめします。

ファンタグレープ

ファンタグレープ

二日酔いに「森永ラムネ」が良いというのは有名な話。これは森永ラムネが90%ブドウ糖でできているから。

肝臓が大量のエタノール(アルコール)を処理していると、肝臓からの糖新生(=ブドウ糖の産生)が抑制され、低血糖になると言われており、大量の糖が必要になるのです。

ちなみにラーメンが食べたくなる理由もこちらです。なので純度の高いブドウ糖は持って来いなわけです。

ラムネジュースはなかなかコンビニでは売っていませんが、ファンタなら売ってるハズ!

ファンタはコカ・コーラやポカリよりもはるかにブドウ糖が多く含まれています。

中でもグレープが最強なので探してみてね!

牛乳

牛乳

牛乳に含まれるタンパク質は肝機能を高めてくれる為、アルコール分解に期待できます。

また牛乳に含まれるセロトニンは自律神経を整える効果があり、体中の血管の伸縮も整えてくれます。

そのためアセトアルデヒドによって膨張した血管を健全な状態へと導いてくれる効果が期待できます。

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれ、安心感や幸福感を得ることができ物質と言われています。

寝る前に温めた牛乳を1杯飲んで寝るとぐっすり眠れる…という事象にもこのセロトニンが深く関係しています。

コーヒー

コーヒー

なんと身近な飲み物、コーヒーも二日酔いに有効な飲料なのです。

コーヒーに含まれているカフェインはアセトアルデヒドによって膨張した血管を収縮させる働きがあります。

これにより二日酔いの頭痛や体全体のむくみを解消させる効果があるのです。

しかしカフェインは刺激物でもありますので、飲み過ぎは胃にダメージを与える恐れがあります。飲み過ぎには十分注意しましょう!

オレンジジュース

オレンジジュース

オレンジジュースに含まれる果糖はすばやく体に吸収され、アルコール分解に役立ちます。

またオレンジはアルコール分解により失われたビタミンCを補ってくれます。

これにより肌荒れや粘膜を守る働きがあるとされています。

塩水

塩

あまり広く知られていませんが、水の中に塩を入れただけの塩水も二日酔いに適しています。

塩にはアセトアルデヒドを水と炭酸ガスに分解する働きがあります。

もちろん大量にドバドバ入れるのではなく、コップ1杯にひとつまみで十分。

これにより普通の水よりも効果的に二日酔いを解消することができます。

塩はコンビニでも小瓶に入ったタイプのものが売っています。
できれば岩塩のようなミネラルがたっぷりはいったものがおすすめです。携帯すれば出先でも使えます。

ヘパリーゼ

当たり前ですが、肝臓エキスが多く入っているヘパリーゼドリンクは効果があります。

ウコンエキスはどうでもいいです。体感があまりありませんでした。なのでとにかく肝臓水解物の量で決めましょう。

「肝臓水解物」は、牛や豚のレバーに消化酵素を加えて加水分解し、アミノ酸や複数のアミノ酸が結合してできたペプチドのこと。つまり、アミノ酸の凝縮エキス。

二日酔いの原因であるアセドアルデヒドを早く酸化して代謝を促進し、さらにその働きを抑制する作用があるとのこと。

今はハイパーやキング、プレミアムなどたくさん出ていますね。ちょっと高いですがお試しあれ。

ウイスキーの小瓶売り

迎え酒はもってのほか。予防に集中して。

二日酔いに効果的な飲み物、意外に多くあることが分かりました。

水道水をガバガバ飲むのもひとつの手ですが、効果的な成分が入っていれば多量に飲まないでも効果をなしてくれます。

余談ですが、二日酔いを解消させるには少量のお酒を飲むと楽になるといわれている…通称「迎え酒」も有効だと言う説がありますが、これは全くのデマですのでご注意下さい。

迎え酒をするとたしかに一時的に二日酔いが楽になった感覚になります。

しかしこれは神経が麻痺して具合の悪さが消える錯覚に陥っているだけ。

さらに迎え酒は肝臓に負担をかけ続けることになるので、癖になると肝機能障害を引き起こす原因にもなります。

二日酔いにはとにかく予防に集中することから始まります。

飲みすぎないことはもちろん、飲んでいる最中はしっかりとお水を飲むこと。そして肝臓サプリなどを使って予防対策をしておくことが重要です。

サプリも効果的

二日酔いを予防するにはBCAAなどのアミノ酸、海産物に含まれるタウリン、セロシアやマリアアザミなどの植物、ハーブや漢方、ポリコサノールなどが効果的です。

よくお酒を飲む、二日酔いになってしまいがちという、そんな人におすすめサプリの記事を書いてます。参考にどうぞ。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!