「迎え酒」の真実。二日酔いに効くというのは嘘。

迎え酒をする人

「二日酔いは迎え酒で治る」という話、あなたも一度や二度耳にしたことがあるのではないでしょうか?

確かに、迎え酒をすると二日酔い特有の頭痛や倦怠感などの症状からは解放されます。

しかし、アルコール成分が抜け切らないうちから新たなアルコール成分を体内に取り入れるというのは、はたして二日酔い対策として正しいのでしょうか?

今回は、迎え酒で二日酔いの症状が緩和される理由や、迎え酒で生じる可能性がある問題点について考えてみることにします。

 

迎え酒で二日酔いが楽になるのはなぜ?

迎え酒は「毒をもって毒を制す」の原理に当てはまりそうですが、迎え酒が二日酔いに効くというエビデンスはまったく存在していません。

それどころか、反対に二日酔いを長引かせることになります。

しかし、迎え酒をすると一時的であっても二日酔いが改善されたかのような感覚に陥ります。

ではなぜ、このようなことが起こるのでしょうか?

迎え酒をして笑顔のおじさん

その答えは、「アルコール成分による脳の麻痺」

ここで、ご自身が酔い始めたときの感覚を思い出してみてください。

お酒に口を付け始めたころには意識がはっきりとしていて、すべての行動において不自由さを感じることはなかったはずです。

 

ところが、お酒が進んでしばらくすると、足元がふらつく、目がかすむ、ろれつが回らなくなるなどの状態になりましたよね?

これは、アルコール成分で脳神経が麻痺を起こし、身体のあらゆる機能が低下したことを意味します。

では、二日酔いの状態でお酒を飲んだ場合ではどうなるのでしょうか。

 

この場合でも脳の神経が麻痺するというところまでは同じです。

しかし、アルコール成分の分解時に生成されたアセトアルデヒドが体内に残っている状態のため、迎え酒で新たなアセトアルデヒドが生成されることになります。

つまり、迎え酒によって二日酔いが改善されることはなく、むしろ二日酔いを長引かせる結果になるということですね。

 

絶対ダメ!迎え酒の真実とは?

迎え酒が二日酔いの改善策にはならないということはここまででわかりました。

そしてもうひとつ、迎え酒には二日酔いを長引かせるだけでなく、見落としてはならない問題点があります。

肝機能の低下

迎え酒に苦しむ男性

肝臓はあらゆる成分の分解と代謝を行う臓器で、アルコール成分もまた、この臓器で分解・代謝されます。

つまり、肝臓が正常に働いていないとさまざまな成分の分解・代謝スピードが鈍るということです。

そして、ひっきりなしにお酒を飲み続けていると、肝臓は休む間もなくアルコール成分の分解・代謝の作業に追われ、その機能が徐々に弱ります。

 

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれることもあり、病気を発症していたとしても病状が悪化するまで目立った症状が現れません。

そして、その原因のひとつとして挙げられるのがお酒の過剰摂取で、二日酔い改善目的で迎え酒をしたら、さらに肝機能が弱ることは間違いないでしょう。

 

二日酔いが起こるということは、それだけで肝臓の処理スピードが落ちているということですから、肝臓の機能もかなり弱っている可能性が考えられます。

そこへどんどんお酒を流しこんだら、いつの日か肝機能がストップしてしまうリスクが高まるでしょう。

 

少々飲みすぎることくらいは誰でもありますが、二日酔いになる度に迎え酒をしていると、後々後悔することになりかねません。

二日酔いで辛いときには迎え酒で乗り切ろうとするのではなく、別の方法でアセトアルデヒドを体外へ排出させる工夫を行うことが大切です。

 

アルコール依存症

アルコール依存症の女性

アルコール依存症を他人ごとだと思っていませんか?

自分だけは大丈夫だと思っていても、実は症状が進行している可能性があるのがこの病気です。

また、アルコール依存症には段階があり、はじめは自覚症状がありません。

しかし、迎え酒をしなければならないレベルになっているのなら、すでにアルコール依存症中期に突入している可能性が考えられます。

 

アルコール依存症はご本人だけの問題ではなく、やがて職場の人々や家族まで巻き込むことがあります。

そうならないためには、二日酔いになってしまったら迎え酒をするのではなく、できる限りアセトアルデヒドを早めに体外へ追い出すこと。

そして、連日飲み続けてしまわないように注意することが大切です。

 

二日酔いの迎え酒、実は私もやったことがあります。そして、一時的ではあっても二日酔いの症状が和らいだのを覚えています。

そして、迎え酒が覚めてきたときの何ともいえない不快感も覚えています。

私の場合では、何回かやった迎え酒で決まって気分が悪くなったため、迎え酒を続ける気にはなりませんでした。

ですが、中には迎え酒を続けるとそれそが気分の高揚につながり、やめられなくなる人がいるかもしれません。

このような高揚感こそがアルコール依存症の入り口ですので、迎え酒をしようかな?という気が起こったら、それをする前に次でご紹介する方法で対応しましょう。

 

迎え酒以外で二日酔いを対処する

二日酔いになってしまったら、まずはお手軽に実践できる以下の方法で対処しましょう。

 

水分補給

二日酔いに効くドリンク

当然ですがこれです。

BARRELの二日酔い記事では永遠に言ってきてますが、みなさん忘れがちです。

目が覚めて頭がガンガン痛い、気持ちが悪いなどの症状が現れたら、すぐにお酒に手を伸ばすのではなく、水道水やミネラルウォーターを飲みましょう。

上記でも述べていますが、アルコール成分の分解や代謝作業で手いっぱいになっている肝臓は、他の成分が次々に送り込まれてきても、それらの処理にまで手が回りません。

その結果として起こるのが、低血糖症や脱水症状といった症状です。

これらの症状を改善するためにはひとまず大量の水が必要になります。二日酔いになったら、何はともあれ水をたくさん飲んで次の対処のための準備をしましょう。

 

栄養補給

アセトアルデヒドの分解促進効果を期待できる、ビタミンC、低血糖を緩和するブドウ糖を摂取してみましょう。

ビタミンCはフルーツ全般に多く含まれていますが、フルーツをそのまま食べるのが辛いときには、リンゴジュースやオレンジジュース、グレープフルーツジュースなどを飲んでみましょう。

糖も入っていておすすめです。

また、私個人的には二日酔いの時にトマトジュースをよく飲むのでこちらもおすすめです。

シャワー

熱いシャワーを浴びる人

二日酔いの際に熱い湯船に浸かると、アセトアルデヒドが全身を巡って気分が悪くなることがあるので、湯船につかるのは避けましょう。

しかし、熱いシャワーなら別です。

適度な血行促進作用があるため、二日酔い改善に役立ちます。

ただし、ひどい二日酔いのときにはいきなりシャワーを浴びるのではなく、水分を補給したあとにゆっくりシャワーを浴びてみると良いでしょう。

迎え酒で二日酔いがよくなることはあり得ません。

アルコールを摂取するのではなく、水分補給、栄養補給をしながらアセトアルデヒドの分解を優先しましょう。予防にはサプリもおすすめです。

ウイスキーの小瓶売り

こんなサプリが効果的

二日酔いを予防するにはBCAAなどのアミノ酸、海産物に含まれるタウリン、セロシアやマリアアザミなどの植物、ハーブや漢方、ポリコサノールなどが効果的です。

よくお酒を飲む、二日酔いになってしまいがちという、そんな人におすすめサプリの記事を書いてます。参考にどうぞ。

 

迎え酒って英語でなんていうの?

結構気になって検索する方が増えています。英語での言い回し。

「迎え酒」は英語で、「hair of the dog(that bit you)」つまり「(あなたをかんだ)犬の毛」と言います。

犬にかまれた時に、その犬の毛を傷につけると治るという迷信から来た言葉だそうです。

「迎え酒をする」は「have a hair of the dog」です。

外国の方にも迎え酒は身体によくないよ!とお伝えしてあげてください。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!