二日酔いに牛乳やヨーグルトの乳製品は予防になるのか。お酒を飲む前、飲んだ後、どっちに飲む?

二日酔い予防には乳製品がいいという話、お酒が大好きな方であれば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

牛乳やヨーグルトなどの乳製品はスーパーやコンビニでお手軽に購入できますので、もしこれが本当の話なら、こんなにありがたいことはありません。

また、乳製品が二日酔い予防に役立つとしたら、それを摂るタイミングについても気になります。

今回は、牛乳やヨーグルトは本当に二日酔いに効くのか検証してみることにしましょう。

 

牛乳やヨーグルトが二日酔い予防に役立つ理由

いきなりがっかりさせてしまうような話をしますが、牛乳やヨーグルトが二日酔いに効くというエビデンスは、残念ながら存在していません。

では、これらが二日酔いの予防に役立つという話は一体どこから出てきたのでしょうか?

 

それは、牛乳やヨーグルトに含まれているタンパク質に秘密があります。

ご存じのとおり、アルコール成分は体内に吸収されたあと、肝臓で分解・代謝されます。そして、このときに消費されるのが大量のタンパク質なのです。

つまり、乳製品にはアルコールの分解・代謝能力はないが、これらに含まれているタンパク質が肝臓の働きを助けることによって、結果的に二日酔いの改善効果を期待できるということですね。

 

一般的に、牛乳やヨーグルト、チーズなどを食べると、これらに含まれる油脂成分によって胃の内部に皮膜が作られ、それによってアルコール成分が吸収されにくくなると考えられがちです。

この理論は実にもっともらしく説得力があるように思えます。しかし、実際には乳製品に含まれるタンパク質が肝臓の働きを助け、それが二日酔い予防に役立つというのが本当の理論のようです。

 

私はもともと乳製品が好きで、BARやスナックでは必ずチーズの盛り合わせを注文します。

このときには、「チーズで胃の中に皮膜を作っているからきっと酔いにくいハズ…!」と思っていたのですが、今回の件で自分の理論が間違っていたことを知りました。

しかしながら、乳製品のタンパク質が二日予防につながるということがわかったわけですから、飲酒の際に取っていた行動自体は間違っていなかったということになります。

 

問題は前か後か。牛乳やヨーグルトを食べるタイミング

牛乳やヨーグルトは、どうやら二日酔いの予防に役立ちそうですが、問題はどのタイミングで摂ることが二日酔いに役立つのか?という点です。

それでは、二日酔い予防として牛乳やヨーグルトを摂るのなら、飲酒の前と後ではどちらが良いのでしょうか?

 

ベストタイミングは飲酒前

牛乳やヨーグルトを二日酔い予防に役立てたいのなら、お酒を飲む前がベストタイミングです。

こう聞くと、「やっぱり牛乳やヨーグルトで胃の中に皮膜ができるんじゃないの?」と思うかもしれませんね。

しかしそれは間違いで、牛乳やヨーグルトを飲酒前に摂ることが飲みすぎ予防につながり、さらにアルコールの吸収スピードを遅らせるというのが正しい考え方です。

 

また、牛乳やヨーグルトは体内吸収力が高いといわれていますが、あらかじめ飲酒することがわかっているのなら、飲み始める30分前くらいを目安として摂っておくといいみたいです。

 

そして最も注意しなければならないのは、空腹の状態でいきなりお酒を飲むと、アルコールの吸収が早いため酔いが回るスピードが速くなるということです。お酒は味だけではなくゆったりとした陶酔感も楽しむものですから、あまり急激に酔ってしまうとつまらないですよね?

ゆっくりと酔いを楽しむためにも、飲酒の30分前には牛乳やヨーグルトを摂り、ゆっくりと酔いを楽しむことを心がけてみてはいかがでしょうか。

 

飲酒後では意味がないのか

二日酔いになると、毎回「やってしまった!」と後悔しますが、このように二日酔いになってしまったときにも牛乳やヨーグルトは役立つのでしょうか?

これに関しては、牛乳やヨーグルトのタンパク質が肝臓の働きを助けることは飲酒前と変わりないようですが、すでにアルコール成分が体内に吸収されたあとでは、あまり効果を期待できないようです。

 

ただし、ヨーグルトに含まれる乳酸菌には腸内環境を整える作用がありますので、飲みすぎや食べ過ぎによる腸内環境の悪化予防には役立つ可能性はあります。

 

また、私が気になっていたのは、飲酒中にチーズを食べるのはどうなの?ということでしたが、これは正解のようです。

それは、飲酒中にチーズを食べることによってアルコールの吸収スピードを遅らせたり、アルコール成分による胃粘膜の荒れ予防に役立つからです。これはチーズのタンパク質や脂肪分が起因しています。

うーん、チーズが好きで本当に良かった 笑

飲酒前に牛乳やヨーグルトを食べ忘れてしったら、私のように飲酒中にチーズを食べるというのでも効果はありそうです。ただし、チーズは脂質も多く、カロリーが高いので、食べ過ぎるとメタボのリスクが高まります。飲酒中にチーズを食べるのなら、揚げ物などの高カロリー食品は極力避けたほうが良いでしょう。

また、飲酒中のアルコールスピードを遅らせるという意味では、枝豆やナッツ類もいいという話がありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

乳製品でアルコール分解速度が速まることはない!

牛乳やヨーグルトなどの乳製品にはアルコールの吸収スピードを遅らせる効果を期待できることがわかりました。しかし、ここでひとつだけ誤解してはいけないことがあります。

それは、

アルコールの吸収スピードを遅らせる=アルコールの分解スピードが速まる

ということではないということです。

乳製品に含まれるタンパク質で肝臓の働きが活性化したとしても、お酒を大量に飲めばそれだけ肝臓は忙しく働かなくてはならず、飲むスピードに分解スピードが追い付かなければ、当然のことながら二日酔いを避けて通ることはできないでしょう。

牛乳やヨーグルトは、あくまでも肝臓の働きの活性化に役立つというだけで、お酒の免罪符になることはありません。

飲酒前に牛乳やヨーグルトを摂っても飲み過ぎれば二日酔いになる可能性は高くなりますので、限度を超えるレベルまで飲んでしまわないよう、十分に注意しましょうね。