なぜ二日酔いに味噌汁がうまいのはなぜ?しじみやわかめ、おすすめの具を検討する

二日酔いの朝に飲む味噌汁って、妙においしいですよね?

二日酔いになると喉が渇きますので、とりあえずどのような飲み物や汁物でも美味しく感じますが、とりわけみそ汁は、飲んだ瞬間に「うまい!」と感じますが、それにはちゃんと理由があります。

それでは、二日酔いのときに味噌汁を「うまい!」を感じる理由、そして、おすすめの具についてご紹介していきましょう。

二日酔いの胃に沁みる!味噌汁のうまいの科学

味噌の原材料となっている大豆には、植物性タンパク質や大豆イソフラボンなどの栄養成分が豊富に含まれています。

そして、それを発酵させて作られたのが味噌で、発酵の段階で数種類のアミノ酸やミネラル、ビタミン、食物繊維といったさまざまな栄養成分が誕生します。

では、これらの成分にはどのような効果を期待できるのでしょうか?

脱水症状の改善

お酒を飲んでいる最中ってトイレが近くなります。

これは、お酒の利尿作用によって起こる現象で、お酒を飲めばそれだけ体内の水分が尿として排出されてしまいます。そして翌日になって起こるのが、脱水症状です。

脱水症状が起こると、喉が渇く、口の中が渇く、目が渇くなどの症状が現れやすくなりますが、人によっては皮膚の水分量が極端に減少して、ひどい乾燥肌が起こることもあります。

また、飲酒中には尿とともにミネラル成分も大量に排出されますので、味噌汁から水分とミネラル成分を摂ることが二日酔いの改善に役立つということです。

肝機能の修復効果

味噌に含まれるタンパク質やミネラル成分は、肝機能の修復に役立つといわれています。

アルコール成分が肝臓で分解・代謝される際にはビタミンB1をはじめとするビタミン成分が失われます。

つまり、お酒を飲んだあとにはビタミンの合成を促進させる工夫を行わなくてはならないということで、それに役立つのが味噌に含まれるタンパク質です。

また、ビタミンB1を直接摂取したいのなら、この成分を多く含む豚肉の摂取がおすすめです。

「豚ロースの味噌漬け」などの料理は最高の二日酔いメニューになりそうですね。

二日酔いで吐き気がしているときにはなかなか豚肉を食べる気にならない場合は、まずは味噌汁で水分と栄養を補給しておき、体調が整ってきたら豚肉を食べてみると良いでしょう。

塩分補給効果

脱水症状が起こっているときには、それと同時に塩分不足が起こっている可能性も考えられます。

そして、そのようなときに適度な塩分を補給できるのが味噌汁です。

しかし、味噌汁は塩分濃度が高いイメージがあり、「あまり多く飲んでしまうと塩分過多になるのでは?」と心配になる方がいるかもしれません。

しかし、近年の研究では味噌汁1杯当たりに含まれる塩分は約1g程度であることがわかっており、成人男性の平均的な1日の塩分摂取量9gには届きません。

もちろん、塩分は他の食品からも摂取しますが、それとあわせたとしても、1~2杯の味噌汁で塩分過多になる心配はほぼないでしょう。

 

このように二日酔い改善に役立つ味噌汁ですので、それを飲めば「うまい!」と感じるのもうなづけますね。

参考:http://www.minamitohoku.or.jp/kenkokanri/201203/kanzo.html

総合南東北病院 健康倶楽部

 

しじみがベスト?みそ汁の具はこれがおすすめ!

二日酔い時の味噌汁といってすぐに思い浮かぶのは、やはりシジミの味噌汁でしょう。

もちろん、しじみの味噌汁も二日酔いが以前に役立つのですが、ほかにも二日酔い改善に役立つ味噌汁の具はたくさんあります。

しじみ

しじみにはオルニチンのほか、鉄分の吸収力を高めるビタミンB12、コハク酸、アミノ酸などの栄養成分を豊富に含んでいますので、貧血気味の方にもおすすめできるでしょう。(オルニチンに効果を期待するのであればキノコ類やサプリのほうがよいです)

わかめ

ナトリウムやヨウ素などのミネラル成分を豊富に含んでいますので、飲酒によるミネラル成分不足改善効果を期待できるでしょう。

なお、生わかめは足が早く日持ちしませんので、二日弱い改善用として用意しておくのなら乾燥わかめがおすすめです。

あさり

亜鉛、鉄、カルシウム、ミネラル、ビタミンB12のほか、タウリンも豊富に含まれており、二日酔い改善効果だけでなく、中性脂肪の減少効果やコレステロール値の正常化にも役立ちます。

しめじ

しめじには、カルシウムの吸収を高める作用を持つビタミンDのほか、B1、ビタミンB2、ナイアシン、リジンなどの栄養成分が豊富に含まれており、二日酔い改善効果や疲労回復効果を期待できるといわれています。

なめこ

食物繊維を豊富に含む食材であるため、飲酒によって荒れた腸内環境の改善に役立ちます。また、ナイアシンの含有量も多く、二日酔いの原因物質・アセトアルデヒドの分解にも役立つでしょう。

豆腐

植物性タンパク質やカルシウムを豊富に含む食材です。また、味噌汁に適した豆腐には木綿と絹ごしがありますが、つるんと喉を通りやすいのは絹ごしです。

インスタント味噌汁で乗り切る二日酔い

味噌汁は、自分で作ればカスタマイズできますし、一度に2~3杯分の量を作ることができます。

しかし、二日酔いで辛いときには自分で作っている場合ではないこともあるでしょう。

そのようなときに役立つのが、熱湯を注ぐだけで作れるカップ味噌汁などのインスタント味噌汁です。

最近では、アサリやしじみを真空パックにしたインスタントみそ汁もありますので、上手に利用してみてください。

 

私も、このようなインスタント味噌汁をちょくちょく利用しています。

以前ではインスタント味噌汁の種類が限られていましたが、最近では実にさまざまな種類の製品が販売されていますので、これはもう、利用しないという手はありません。

わかってはいてもつい飲みすぎることは誰にでもありますので、飲み過ぎが気になる方は、何種類かのインスタント味噌汁を常備しておき、二日酔いに備えてみてはいかがでしょうか。

ウイスキーの小瓶売り

吐き気で辛いときにはまず「水」

吐き気がするときには無理に味噌汁を飲もうとせず、水を飲んでしばらく様子を見ましょう。

ひどい二日酔いの場合では回復までに半日以上かかることもありますが、

このような状態で無理に味噌汁や食品を摂ってしまうと、それが引き金となって吐き気がひどくなる可能性が高まるでしょう。

吐き気で辛いときにはまず水、体調が少しずつ戻ってきたタイミングで味噌汁を飲み、二日酔いの改善に努めましょう。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!

ABOUTこの記事をかいた人

二日酔いの天使

BARREL編集部では二日酔い記事を主に担当しています。 朝から晩までお酒と向き合い、二日酔いに対する実験をしています。 しっかりチェイサー飲む派。休肝日は48時間以上連続で設ける派。