ウイスキーの格安試飲通販ショップ

二日酔いの予防や頭痛改善にチョコレート効果。ココアにも含まれるカカオポリフェノールとは

たくさんのチョコレート




チョコレートは高カロリー食品なので、ダイエット中や、カロリーを気にする方は極力食べないように注意していることでしょう。

しかし、今まさにツライ二日酔いで頭痛や吐き気に苦しんでいるそこのあなた。朗報です。

チョコレートの種類によっては二日酔いの改善に役立つことがあります。

でも、チョコレートで二日酔い改善と聞いてもあまりピンときませんよね?

今回は、チョコレートに期待できる効果やチョコレートの選び方などについてご紹介していきます。

いくら高カロリー食とはいっても1~2片程度食べたところで、極端に摂取カロリーが跳ね上がるわけではありません。
今まさにチョコレートを摂取すべき時なのかもしれません!(笑)

チョコレートが二日酔いの緩和に役立つ

まず、チョコレートがなぜ二日酔いの改善に役立つのか、その理由を含まれている成分から解説していきましょう。

ポリフェノール

カカオを主原料とするチョコレートには、カカオポリフェノールという成分が豊富に含まれています。

近年の研究によると、カカオポリフェノールには抗酸化作用があることがわかっており、生活習慣病の予防や改善、コレステロール値の正常化のほか、脳の活性化する効果もあるといわれています。

つまり、高血圧症や肥満、認知症の予防効果を期待できるということです。

ナッツ入りチョコレート

お酒のつまみメニューって、けっこう油分が多く含まれている種類が多いと思いませんか?

そして、この油分こそが高血圧や肥満などの引き金となることが少なくありません。

また、二日酔いのムカムカの原因になることがあります。

しかし、カカオポリフェノールにはコレステロール値の正常化効果を期待できますので、二日酔い時に摂取しておけばこれらのトラブルを回避できる確率が高くなることが考えられます。

また、この成分が持つ抗酸化作用は体内の活性化酸素の発生も防ぐといわれていますので、活性酸素の発生による肌荒れ予防の効果も期待できそうです。

つまり、二日酔いと同時に起こることがある肌荒れ改善効果も期待できるということです。

ただし、脱水症状による肌荒れの場合では、カカオポリフェノールだけではなく水分の摂取も重要になります。

砂糖

糖質はエネルギー源であるため、私たちが健康を維持する上でなくてはならない成分です。

糖質は体内に送り込まれるとエネルギーへと変換され、余剰分はグリコーゲンとして肝臓にストックされます。

そして、糖質不足になったときにはストックされたグリコーゲンが動員され、エネルギーが生まれます。

また、肝臓自体もグリコーゲンを産生する臓器ですが、アルコール成分が大量に送られてくるとその分解や代謝で大忙しの状態になり、新たなグリコーゲンの産生は一時的にストップします。

そうこうしているうちにストックされていたグリコーゲンがどんどん消費されると、やがて低血糖を引き起こします。

低血糖は頭痛をはじめ冷や汗、動悸、手足の震えなどの症状があらわれます。 

チョコレートには砂糖が大量に含まれていますので、二日酔いと同時に起こりやすい低血糖の改善に役立ちます

 

ポリフェノールと砂糖、この両者が二日酔い改善にチョコレートが効果的な主な理由です。

しかし、二日酔い改善目的でチョコレートを食べるのなら、適した種類をあらかじめ用意しておく必要があります。

二日酔い用として選ぶおすすめチョコレート

カカオ

チョコレートの種類は実にさまざまで、カカオマスの含有量が多いタイプや糖分の含有量が多いタイプ、フルーツフレーバー入りのものなど様々です。

私個人的にはホワイトチョコレートが好きなのですが、ホワイトチョコレートには一般的なチョコレートに含まれているカカオマスが含まれていないため、ポリフェノールを含有していないという特徴があるのです。
つまり、ホワイトチョコレートから摂れるのは糖分だけということになります。私としては少々残念です。。

 

まあ、それは仕方ないとして、二日酔い改善用として用意するのならどのような種類のチョコレートが適しているのでしょうか?

それは、カカオマスの含有量が多いチョコレート一般的にビターチョコレートに分類されている種類です。

もちろん、ビターチョコレートの種類もさまざまではありますが、カカオマスの含有量が概ね60%以上であれば、それはビターチョコレートだといえるでしょう。

このようにカカオマスの含有量が多ければ、それだけ多くのポリフェノールを摂ることができますので、二日酔い改善用に最適です。

ビターチョコレートはちょっと苦いというイメージがあるかもしれませんが、あのほろ苦さこそがカカオマスの含有量を示す指標です。

ビターチョコレートはスーパーやコンビニなどでお手軽に購入することができますので、二日酔い改善用として用意しておくと便利でしょう。

二日酔い頭痛の解消にも効くチョコレート

二日酔いの頭痛の大きな原因、それは低血糖で、その改善に役立つのがチョコレートに含まれている糖分です。

カカオマスを多く摂りたい場合では上記でご紹介したビターチョコレートのほうがおすすめかもしれません。

しかし、二日酔いの低血糖で頭痛が起こっているのなら、ビターチョコレートよりも糖分の含有量が多い一般的なチョコレートのほうがおすすめでしょう。

同じ低血糖で起こる頭痛の解消に有益なお菓子としては森永ラムネがありますね。

ラムネ

二日酔いに「森永ラムネ」が効く。お酒の後の頭痛にブドウ糖効果。

2017年12月13日

お酒を飲む前にチョコレートを食べて二日酔い予防

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、二日酔い予防効果を期待できるといわれています。

つまり、お酒を飲む前や飲んでいる最中にチョコレートを食べておけば、二日酔いになったとしても症状が軽くて済むかもしれないということですね。

お酒とチョコレートというとあまり合わないような気もしますが、ウイスキーとチョコレートはバッチリ合いますので、ぜひ、試してみてください。

ちなみにウイスキーにもポリフェノールは含まれています。樽で熟成させるからですね。

二日酔いの吐き気はチョコレートで収まる?

ひどい二日酔いになると吐き気をもよおしたり、本当に吐いてしまうこともあります。では、このような状態になったときにもチョコレートで対処することができるのでしょうか?

実は、吐き気がしたり嘔吐しているときのチョコレートは逆効果になります。

それは、吐き気や嘔吐で逆流性食道炎になりかけていると、チョコレートの糖分や油分で胃が刺激されて余計に気持ち悪くなったり症状が悪化したりする可能性が高まるからです。

二日酔いの頭痛だけならチョコレートで対処することができますが、吐き気や嘔吐の症状が現れているのなら、ひとまずチョコレートは避けたほうが良さそうですね。

ひどい疲労感にはココアもおすすめ

ホットココア

二日酔いでひどい疲労感を感じているときには、チョコレートはもちろんのこと、ココアもおすすめできます。

ココアは飲み物であるため、脱水をしている身体の水分補給に役立ちますし、夏はアイス、冬はホットというように、季節ごとにお好みの飲み方を楽しむこともできます。

また、ビターチョコレートが苦手という方でも、ココアであれば摂取しやすいのではないでしょうか。

 

ここで私の体験をご紹介しますが、私はどちらかというとココア派で、二日酔いでなくとも疲れたと感じたときにはココアでリラックスします。

もちろん、二日酔いのときにもココアを飲みますが、二日酔い時には温かい飲み物をあまり欲しないタイプなので、自販機やコンビニで冷たいココアを買って飲みます。

で、肝心の二日酔い改善効果はというと、私個人的にはややアリといった感じ。

ポリフェノールがいいのか、それとも糖分がいいのかはわかりませんが、ココアを飲むと二日酔いの症状が和らぐ気がするのです。

この点については個人差があるかもしれませんが、この方法はビターチョコレートをはじめとするチョコレートが苦手な方にもおすすめですので、これに当てはまる方はぜひ、実践してみてくださいね。

チョコレートやココアを飲む際の注意点

ホットココア

カカオマスの含有量が多いビターチョコレートは、一般的なチョコレートよりもカフェインの含有量も多いという特徴があります。

カフェインには利尿作用があるため、体内の余分な水分排出には役立つでしょう。

しかし、カフェインにはある大きな落とし穴があります。

 

カフェインを一度に大量に摂ってしまうと脳が覚醒し、二日酔いで辛くて休みたいのに、目が冴えて眠れなくなる可能性があります。

仕事がある日であれば、それはむしろ眠気覚ましとして役立つでしょう。

しかし、休日でゆっくり休めるのに休めないという事態になってしまったら、それはそれで辛いでしょう。

チョコレートの理想的な摂取量は1日3~4片程度だといわれていますので、あまり食べ過ぎず、できるだけ適量を守りましょう。

 

そしてもうひとつ、忘れてはならないのは冒頭でも述べたチョコレートのカロリーです。

ひとくちふたくちなら問題ないとしても、板チョコ1枚はおよそ50g、カロリーは約280キロカロリーです。

1回で板チョコ1枚をまるまる食べることはないかもしれませんが、普段から摂取カロリーを気にしているのなら、あまり食べ過ぎないように注意する必要がありそうですね。

悪酔い防止、肝機能の数値が気になる方はサプリを摂ろう

BARREL編集部では「毎月、肝臓投資」「内臓をキレイに」をテーマに、二日酔いをはじめとした疲れやだるさ、睡眠不足や肌荒れの解消を目的として100記事以上の記事を書いてきました。

毎月、科学的根拠に基づいた改善方法や民間療法、さまざまなサプリメントなどを試しています。

悪酔い防止や内臓疲れ対策には、定期的な休肝日と事前のサプリメント使用が効果的。

よくお酒を飲む、朝がツライ、肝臓の数値がちょっと心配、という人のためにサプリを網羅した記事を書いてます。参考にどうぞ。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!