二日酔いの時に汗をかくのは良いことなのか。サウナに入っても大丈夫?

二日酔いで入るサウナ

サウナで大量の汗を出せば二日酔いは治るのではないか?とお考えの方は多いかもしれません。

サウナは一気に体温を上昇させるため、短時間でも大量の汗をかくことができます。これにより体内の水分を絞り出すことができます。
また、サウナには代謝アップ効果も期待できますので、上手に利用すればメタボの予防や改善にも役立つでしょう。

ですが、これらはあくまでも健康な状態のときの話です。

では、二日酔いの状態ではサウナに入っても大丈夫なのでしょうか?

二日酔いは汗をかけば治るのか?

サウナで汗を流せば、体内の水分は確かに抜けます。
ですが、サウナで汗を出したくらいでは二日酔いを改善することはできません。それどころか、ご自身の身に危険が及ぶこともあります。

二日酔いでのサウナの効果

結論からお話ししますと、飲酒直後や二日酔いのときのサウナは絶対に利用してはいけません。
それは、アルコール分解の際に肝臓で生成されたアセトアルデヒドという毒性物質の血中濃度を高めることになるからです。

アセトアルデヒドを体外に追い出すためには大量の水分が必要です。
二日酔いの際には大量の水分をとることがまず効果的と言われています。

しかし、その水分をサウナで出してしまっては何の意味もありません

サウナで無理に発汗させ、体内の水分が失われると血中のアセトアルデヒドの濃度が高まり、症状を悪化させることになります。

サウナはNG

また、サウナに入ると急激に血流の流れが早くなりますので、アセトアルデヒドの含有濃度が高い血液が短時間で全身を巡ることになります。

つまり、飲酒直後や二日酔い時のサウナの利用は、アルコール分解速度を鈍化させ、症状を悪化させるということです。

さらに、二日酔いと同時に起こっている可能性が高いのが脱水症状ですので、サウナで汗を出すと脱水症状を悪化させるリスクも高まります。

平常時のサウナは健康の増進に役立ちますが、二日酔いなどの体調不良が起こっているときに利用すると、症状をさらに悪化させるということを知っておきましょう。

ウイスキーの格安試飲通販ショップ

お酒を飲んだ翌日に銭湯で大量に汗をかくことはNG

大量の汗をかく

サウナは大量に汗をかきますが、上記でご紹介したとおりサウナには二日酔い改善効果を期待できず、それどころかサウナで汗を大量にかくことが二日酔いを長引かせる原因になってしまいます。

では、サウナがダメなら銭湯は?という方もいるかもしれません。

銭湯の場合では、入り方次第ではサウナほどの汗はかかず、「お酒を飲んだ翌日に二日酔いになったとしても、入ってもかまわないだろう」と考えてしまう人もいるやもしれません。

しかし、銭湯の湯船の温度は44~45℃と、自宅の湯船より高い温度に設定されていることが多く、10分程度浸かっただけで大量に汗をかきます。

さらに、湯船でじっくりと体を温めると血流が良くなって、アセトアルデヒドが血管を巡るスピードが速まり、二日酔いを悪化させる可能性もあるのです。

そして、銭湯でも注意しなくてはならないのが脱水症状です。

銭湯ではサウナと違い、湯船を出たり入ったりすることができ、体が常に濡れているためご自身がどれくらい汗をかいているのか把握しにくくなります。
ということは、サウナと同様に汗を大量にかくことも考えられるわけで、この場合では脱水症状のリスクが高まってもおかしくありません。

二日酔いになってしまったら、サウナだけではなく銭湯で汗をかく行為もNGです。二日酔いの翌日、銭湯でサッパリを汗を流したいのなら、アルコール成分が抜けるまで待ちましょう。

お風呂やシャワーは低めの温度で

では、サウナや銭湯がダメならシャワーもダメなのでしょうか?

上記でも触れていますが、二日酔いのときにお風呂の湯舟に浸かることは避けたほうがいいです。(43℃以上の高温の湯舟は避ける)
体温よりもはるかに高い温度のお湯で身体を温めてしまうと、サウナと同様のことが起こります。

しかし、二日酔いになると、それと同時に体臭がきつくなることがありますので、このように不快な体臭はお風呂やシャワーで綺麗に洗い流したいものです。
では、どうすればいいのでしょうか?

シャワー

二日酔いでも、湯船の温度に注意を払えば入っても問題ありません。

というよりも、40℃程度の低めの温度の湯船にじっくりと浸かることがアルコール成分の分解に役立ちます。

また、シャワーであれば高い温度でも浴びてかまいません。これによって血管が刺激を受けてアルコールの分解スピードが速まるでしょう。

なお、お風呂やシャワー前には水を500ml程度飲んでおくと水分代謝が高まり、分解されたアルコール成分の体外排出に役立ちます。

 

私ごとなのですが、私は以前に「二日酔いが楽になってきたから、まあ、大丈夫だろう」という気持ちから、アルコール成分が完全に抜けていない状態でサウナを利用したことがありました。

ところが、これが大失敗!

サウナに入っている最中に吐き気をもよおして大急ぎでサウナを出たまでは良かったのですが、タオルを巻いたままの姿でトイレに直行、思い切り吐きました。

その後はおとなしく自宅に戻りましたが、次に襲ってきたのは悪寒です。つまり、サウナという余計なことをしてしまったせいで、二日酔いの症状を長引かせてしまったということです。

あれ以来、二日酔いの日には絶対にサウナを利用しないと決めています。あんなに辛い思いはもう二度と味わいたくないです。

もちろん、二日酔いになってしまったら一般的な銭湯はもちろんのこと、スーパー銭湯にも足を運びません。まあ、サウナに行ってアレでしたから、行こうという気にもなりませんが。

二日酔い時の甘い気持ちは禁物、「サウナや銭湯で大量に汗をかけば二日酔いが治る」ことは絶対にありませんので、私のような目に遭わないためにも、サウナや銭湯は二日酔いが治ってからゆっくりと楽しんでくださいね。

 

二日酔いが起こったら運動で汗をかくのもNG

運動している男女

運動でスッキリと汗を流せば、アセトアルデヒドも汗と一緒に流れてくれそうな気がしますが、実は二日酔いのときの運動は逆効果になります。

これもサウナと同じ理由によるものですが、二日酔い時の運動がNGの理由はもうひとつあります。

 

二日酔いになっているとき、手足の動きがもたついたり、判断能力が鈍ることはないでしょうか?これは、飲酒によって弱った脳の機能がまだ完全に回復していないことを意味しています。

 

では、このような状態で運動を行ったらどのようなことが起こるのでしょうか?

四肢に力が入らずに転倒、屋外の場合では交通事故に遭うリスクも高まるでしょう。
日常的に運動を行っている方であっても、二日酔いが起こっているというときはいつもの身体ではないと捉え、症状が完全に回復するまでは運動は控えましょう。

二日酔いの改善にはまず「水分補給」と「安静」

二日酔いには水分補給

二日酔いになってしまったのであれば、水分補給と安静が何よりも大切です。

ここで問題となるのは、どのような水分を補給すればいいのか?という部分です。

まず、カフェインが含まれるコーヒーや緑茶はおすすめできません。カフェインには脳の覚醒作用があるため、飲んだ直後から頭がスッキリするような感覚を覚えます。

しかし、これはカフェインの一時的な作用によって起こる現象であり、アセトアルデヒドの体外排出を促す効果を期待することはできません。

また、カフェインを含む飲み物には利尿作用がありますので、二日酔いの脱水症状を助長するリスクも高まります。

ただし、カップ1杯程度のコーヒーであればそこまで問題はないといわれていますので、どうしても習慣になっていて、コーヒーを飲みたいのであればカップ1杯程度に留めておきましょう。

 

では、どのような飲み物であれば二日酔いの改善に役立つのか。

それは、水、ミネラルウォーター、スポーツ飲料などです。また、二日酔いで身体がだるい、頭痛があるのなら、低血糖の可能性があります。糖度が高くビタミンCを含むリンゴジュースやオレンジジュース、トマトジュースなどもおすすめです。

食欲があるのなら、リンゴやオレンジ、トマトなどをそのまま食べるという方法もおすすめですよ。

トマトジュースやオレンジジュース

そして、安静にして身体をゆっとりと休ませることも二日酔いの改善には必要です。

二日酔いが起こっているときの肝臓はアルコール成分の分解で大忙しで、酸欠や血液不足に陥りやすい状態になっています。

このような状態からいち早く回復するためには、余計なことはせず、しっかりと身体を休めなくてはなりません。

 

二日酔いは、余計なことをすると悪化する可能性がある症状です。

二日酔いで辛いときにはサウナや運動で無理に汗を出そうとせず、水分補給と安静を心がけて回復を待ちましょう。

サプリも効果的

二日酔いを予防するにはBCAAなどのアミノ酸、海産物に含まれるタウリン、セロシアやマリアアザミなどの植物、ハーブや漢方、ポリコサノールなどが効果的です。

よくお酒を飲む、二日酔いになってしまいがちという、そんな人におすすめサプリの記事を書いてます。参考にどうぞ。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!

ABOUTこの記事をかいた人

二日酔いの天使

BARREL編集部では二日酔い記事を主に担当しています。 朝から晩までお酒と向き合い、二日酔いに対する実験をしています。 しっかりチェイサー飲む派。休肝日は48時間以上連続で設ける派。