ウイスキーの格安試飲通販ショップ

お酒を飲むと気持ち悪くなる。対処法や治し方、無理せず気持ちよく酔う秘訣。

お酒で気持ち悪くなる




お酒を飲むと気持ちが悪くなるという方、それはあなたのもともとの体質が災いしている可能性が考えられます。

でも、せっかく飲み会に出席するからには「みんなと一緒に気持ちよく酔いたい!」「気持ち悪くならない方法を知りたい」と思っている人も多いはず。

それならば、お酒を飲んでいる最中だけではなく、お酒の前後にもできる対策を講じて、楽しく酔える工夫を行ってみてはいかがでしょうか。

お酒を飲むと気持ち悪くなる、その理由とは?

楽しいお酒の席で気持ち悪くなってしまうと、本当に自分の体に対して腹立たしいですし、それを通り越すと今度は悲しくなってしまいます。

では、お酒で体調不良が起こる原因はいったいどのようなところにあるのでしょうか?

もともとの体質

お酒を飲んで気持ちが悪くなる方は、もともとアセトアルデヒドの分解能力が低い体質の可能性があります。

アセトアルデヒドの分解力は3段階に分類され、最も分解力が低い方の場合では、アセトアルデヒド分解酵素の働きが著しく弱いという特徴があります。

そのため、少量のお酒を飲んだだけで気持ちが悪くなってしまうことがあります。

日本人などのモンゴロイド系の人々は、ヨーロッパ系やアフリカ系に比べてお酒に弱いと言われています。

遺伝子の影響という説

体質は遺伝しますので、お酒が弱い体質は遺伝によるところが大きいとされています。

両親がお酒を飲めなくても、その子供は大酒飲みになったという話ももちろんあります。

しかし、お酒に弱い遺伝子をそっくりそのまま受け継いだ場合では、両親と同様にお酒に弱い体質になる可能性が高いのです。

顔が赤くなる遺伝子を継いでしまった方は多く見受けられる気がします。

食事の内容による胃のむかつき

お酒と一緒に摂る食事やつまみが気持ち悪さの原因となることがあります。

たとえば、唐揚げを食べたあとにピザ、お好み焼きなど、油分が多い食品を食べ続けた場合では、胃酸が過剰に分泌されて気持ちが悪くなることがあります。

タンパク質はアルコール成分の分解に必要な成分ですが、から揚げなどで摂取すると油分過多になり、気持ち悪さの原因になることは知っておきましょう。

内臓の疲れ

不規則な生活、脂っこいものの食べ過ぎ、睡眠不足や人間関係のストレス、連日の飲酒などたくさんの疲れを溜めていませんか。

内臓が疲れた状態でお酒を飲むとすぐに気持ちが悪くなったり、「あれ?お酒が入らない」「最近回るのが早くなった」などと感じることが多くなります。

よく年のせいにしがちですが、二日酔いが夕方まで長引いたり、いつも身体の中がだるくてなんだか寝不足、といった症状は臓器の疲れからも起こります。

そもそも飲みすぎ

お酒が飲める人であっても、限度を超えた飲み方をすれば気持ちが悪くなりますし、二日酔いにだってなります。

ましてや、もともとお酒に弱い体質の人が飲める人と同量のお酒を飲んでしまったら、体質以前に気持ちが悪くなっても不思議はないでしょう。

気持ち良く飲みたいのなら、ご自身の体質を知った上で、周囲にもわかってもらい、飲みすぎないように注意しなければなりません。

お酒のタイプを分析して気持ち悪くならないようにする

色々なお酒

お酒には色々と種類があります。

私の知り合いの多くはこのタイプを見分けることで悪酔いが軽減、気持ち悪くならない確率が上がりました。(主にお酒の弱い女性たちです)

主に見分けなければいけない点は4つ。

  • 日本酒やビール、ワインなどに代表される醸造酒。
  • ウイスキーや焼酎、ジンやラムに代表される蒸溜酒。
  • リキュールや梅酒、氷結やほろよい、イェーガー、ディタなど甘いお酒代表の混成酒。
  • 炭酸が入っているお酒かどうか。

まずはこのタイプを覚えて見分けましょう。

ハイボールは問題ないけれど、ワインはダメ。

カシスオレンジは気持ち悪くなるけど、ホッピーは平気。

ビールは飲めるけど、日本酒はNG。

などなど、色々なタイプの方がいます。

炭酸が入ったお酒はすぐに酔ってしまうけど、それ以外は大丈夫といったタイプもいます。

それぞれの体にあったお酒のタイプが存在するのです。

 

BARREL編集部で実際に試飲しつつ話し合ったところ、炭酸が入った混成酒を飲むタイプが一番酔いやすい(二日酔いもキツイ)という結果になりました。

体調、体質にもよるでしょうが、編集部はほぼ全員、混成酒→醸造酒→蒸溜酒の順で悪酔いするという結果でした。

お酒を飲んで気持ち悪くならないためには「飲み方」にもポイントがあります。

ある女性は甘いサワーや梅酒、サングリアやワインばかり飲んでいましたが、すぐ気持ち悪くなってしまうことからウイスキーのストレートに変更しました。

一見、度数が強いウイスキーですが、ストレートとなると一杯を30分以上かけてお水と一緒にゆっくり飲むことになります。

純粋なアルコールの摂取量はかなり少ないですし、周りもおかわりを強くは勧めてきません。

総アルコール摂取量を考えて、自分のタイプを見つけることが重要です。

まずはこういった防御策がきちんと存在することを知り、自分のタイプを見つけることから始めましょう。

お酒のちゃんぽんは悪酔いする?の記事も参考になるので、ぜひお読みください。

飲んでいる最中に「気持ち悪い」が始まったら?

一にも二にも水です。とにかく水を飲みましょう。

水を飲んでしばらくお酒をお休みするというのが最も適切で効果的な方法です。

少量のお酒で気持ち悪くなる人はアセトアルデヒドの分解能力が低いため、気持ちが悪いのを我慢して飲み続けると、アセトアルデヒドの体内量が増えて悪酔いします。

それだけではなく嘔吐する可能性も高くなりますし、最悪の場合では急性アルコール中毒で倒れてしまうことも考えられます。

そうならないためには、最初からお酒と一緒にチェイサー(お水)を頼んでおくことです。

これが最も重要で、あまりお酒に強くない方はお酒とお水を交互くらいに飲むのがよいでしょう。

そして「ちょっと危ないな」と感じた時には酒を一時中断し、水を飲んで様子をみましょう。

また、ウーロン茶などでもかまわないのですが、ウーロン茶には利尿作用があるため、飲酒による脱水症状を助長させるリスクがあります。

ウーロン茶を飲むのなら、グラス1~2杯程度を目安としましょう。

それからお酒を飲んで毎回気持ちが悪くなるのなら、乳製品などを軽く摂取しておくことも大切です。

それにより、空腹ではない状態にアルコール成分が入るため、アルコール成分の吸収スピードを遅らせる効果を期待できるでしょう。

食事をしてもアルコール成分は体内に吸収されますが、空腹時のように一気にアルコール成分が小腸へ運ばれるのを防ぐ効果は期待できます。

二日酔い防止ドリンクを飲む

たくさんのビタミン剤

お酒を飲んで気持ちが悪くなっているのなら、少しでも肝臓の働きを活性化させる対策を講じましょう。

ウコンやヘパリーゼといった二日酔い対策ドリンクは基本的に飲酒前に飲まないと効果が薄いですが、気休め程度にはなります。

翌日の二日酔いを防止するためにも、少し落ち着いたら飲んでおくべきです。

まったく効かないプラセボのものもあるので、せめて肝臓エキスや肝臓水解物が入っているものにしましょう。

錠剤のサプリを携帯して、飲み会前を摂っておくのが良いと思います。

ちなみに吐き気が強い場合は、アルコールで胃粘膜がやられている可能性があります。

この状態は水を飲んでも吐いてしまう可能性があるので、安静にする以外に方法がありません(パンシロンなど、胃粘膜を増やすような薬もありますが、即効性はありません)。

吐き気が収まるまでは横になっていましょう。

エカス二日酔い防止サプリ

飲んだ後の行動も大切!翌日に「気持ち悪い」を持ちこさないために

お酒を飲む人

お酒を飲む前や飲んでいる最中の対策はもちろん大切ですが、気持ち悪い状態を翌日に持ち越さないためには、帰宅後に対策を行っておく必要があります。

まず、気持ちが悪い状態での入浴(湯船につかる)は危険ですので、絶対にやめましょう。

熱い湯船に浸かるとアセトアルデヒドが血中を巡るスピードが速まり、気持ち悪さが増すことがあります。

飲んだあとには熱い湯船に浸からず、サッとシャワーを浴びる程度に留めておきましょう。

また、気持ちが悪くてそのまま休みたいのなら、寝る前のタイミングでも水を飲んでおきましょう。飲む量は500ml程度が適切です。

嘔吐してしまったら、とりあえずうがいや歯磨きで口内の汚れを取り除いてから休みましょう。

口内洗浄すると虫歯ができる確率を下げることができますし、吐しゃ物の臭いが口内から消えますので、それ以上の気持ち悪さが起こるのを防ぐことができます。

ポイントは「気持ち悪くなる状況を作らない」こと

「お酒に弱くてもみんなと一緒に楽しみたい!」という気持ちは痛いほどわかります。

だからといって、ベロベロに酔って大好きな友人に迷惑をかけてしまうことは避けなければなりません。

大切なのは「気持ち悪くなる状況を作らない」こと。

お酒を飲んで気持ち悪くなる原因が体質や遺伝だとわかっている場合は、無理してお酒は頼まず、しっかりとその旨を周囲に伝えましょう。

飲むとしてもサワーやカクテルなど、一見アルコール度数が軽く見えてゴクゴク飲めるは混成酒は避けること。

ウイスキーやジン、ブランデーなどの蒸留酒を舐めるように、少量ずつ、とてもゆっくり飲むという選択肢もよいでしょう。

それから二日酔い防止サプリは原則、飲み会が始まる前に使いましょう。

普段から健康な肝臓であればお酒の代謝もスピーディーに行うことができ、さらには二日酔いの頭痛や吐き気も予防できます。

必要な栄養素を飲む前にしっかり摂り込んでおき、パフォーマンスをあげましょう。

携帯性の高い便利な二日酔い防止サプリも販売されています。

薬局で販売されているドリンクなどよりも効果の高いものがいくつもあるので参考にしてみてください。

レビューもしているのでリンクを置いておきます。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!