二日酔いに効果があると言われる牛黄カプセルとは?どこで売っているのか

二日酔い予防薬を使いたいけれど、ケミカルな成分は肝臓の健康が心配…という方は多いです。

確かに、薬の成分は肝臓で分解、代謝されますので、あまりとりすぎて肝臓に大きな負担を与えるのは心配です。

それなら、漢方の牛黄ではどうなのでしょうか?

今回は、牛黄の二日酔い予防効果についてご紹介していきます。

牛黄(ゴオウ)は二日酔いの救世主か?期待できる効果とは

牛黄(ゴオウ)という漢方は知っていますか?

牛黄は牛の胆のうまたは胆のうの中にできた結石を抽出して乾燥させた生薬ですが、どの牛からも取れるものではありません。

そのため大変貴重で、漢方薬店やインターネットショッピングなどでは少々高値で販売されています。

では、牛黄にはどのような効果を期待できるのでしょうか?

強心作用

心機能を高める作用を「強心作用」といい、牛黄には動悸や息切れの予防や改善効果を期待できるといわれています。

降圧作用

血管の内部が狭くなると、心臓のポンプ機能がフル稼働し、それによって高血圧の症状が現れることがあります。

牛黄には血管拡張作用があると考えられているため、それによって血流がスムーズになれば降圧効果が期待できます。

抗炎症作用

牛黄には抗炎症作用があり、特に内臓疾患の予防に役立つといわれています。

解熱作用

牛黄には体内にこもっている熱を放出させる作用がありますので、風邪のひき始めなど、微熱が出始めたタイミングで飲んでおけば症状の悪化を予防することができます。

鎮静作用

交感神経の働きが活性化すると、イライラや不安、不眠などの症状が現れやすくなります。

このような精神状態のときに牛黄を飲むと症状の緩和に役立ちます。

肝臓保護作用

牛黄には胆汁の分泌促進作用があるため、肝機能の保護に効果的とされています。

 

牛黄は二日酔い予防にも効果的!

牛黄の効果についてざっくりとご紹介してきましたが、やはり牛黄には肝機能作用があることがわかりました。

では、胆汁が正常に分泌されると肝臓には何が起こるのでしょうか?

 

胆汁は胆のうという部分に貯蔵されている消化液で、食物が十二指腸に到達した時点で胆のうから排出され、脂肪の乳化とタンパク質の分解を助ける働きをします。

そして、肝機能の低下によって胆汁の分泌量が減ると血中のビリルビンという色素が増え、黄疸の症状が現れることがあります。

 

胆汁の分泌を促進する牛黄を飲んでおくことが肝機能向上に役立ち、ひいては二日酔いの改善にも役立つことになります。

特に毎日大量のお酒を飲み続けるなどしていると、知らず知らずのうちに肝機能が低下し、胆汁の流れが滞ることがあるわけです。

この胆汁を流れやすくしてくれるのが牛黄だということなんですね。

 

牛黄はどこで買える?売っている場所など

肝機能向上効果を期待できる牛黄。

コンビニや薬局で売っているのはあまり見かけませんね。

一体、牛黄はどこに売っているのでしょうか。

 

牛黄は漢方専門店で入手することができます。

また最近では、漢方薬店のインターネット販売や、インターネットのショッピングサイトでも取り扱いがあります。

また、漢方薬の取り扱いがあるマツモトキヨシなどのドラッグストアチェーン店でも牛黄が配合されている薬を販売していますので、ご興味がある方はそのような店舗に足を運んでみてはいかがでしょうか。

ただし、牛黄はかなり高価な薬ですので、実際に商品の価格を見て驚かないでくださいね。

私の場合ではインターネットで牛黄の価格をいろいろと調査してみたのですが、その価格にびっくりしました。


【第3類医薬品】牛黄カプセル 2カプセル

たったの2包でこの価格!

他にも牛黄の価格を色々調べてみましたがやはり高い!30000円を超える粉末タイプも!

これはあくまで一例ですが、1回あたり1,000円以上の薬を飲むとなるとかなり勇気が必要なのではないでしょうか?

とてつもなく稼いでいるとか、お酒を飲むのを仕事にしているような方以外は、牛黄を毎回の二日酔い改善薬として活用するという考え方はあまり現実的ではない気がします。

 

薬にかける必要についての考え方は人それぞれだとは思います。

私が牛黄を二日酔いの改善に役立てるのなら、大酒を食らった翌日にどうしても出席しなくてはならない会議があるなど、「いざというとき」の砦にすると思います。

ウイスキーの小瓶売り

牛黄の飲み方とタイミング

では、牛黄はどのタイミングで飲むことがベストなのでしょうか?

それは、お酒を飲む2~3時間前です。

もちろん、牛黄は生薬ですのでどのタイミングで飲んだとしてもそれなりの効果は期待できるでしょう。

しかし、実際にお酒を飲んでその成分が肝臓に運ばれると、肝臓は一気に酷使されることになりますので、そのような状態で牛黄を飲んでもその効果が十分に発揮されない可能性があります。

つまり、牛黄を飲むのならお酒を飲む前がベストだということです。

 

余談ですが、一部の水商売の女性の中には、お酒を飲む前に牛黄を飲むと「シャンパンが水になる」という話があるようです。

本当か嘘かは定かではありませんが、これが本当の話なら牛黄の実力はなかなかのものですので、その効果を最大限に実感するためにも牛黄はお酒の前に飲んでおきましょう。

飲んでいる最中の工夫も大切

牛黄のすごいパワーはなんとなくわかりましたが、牛黄は高額なので、毎日飲むことを考えるのであれば、あまり現実的ではなりません。

また、牛黄だけに頼っていると、いざそれがなくなったときの肝機能の低下が心配です。

それなら、お酒を飲んでいる最中にできる二日酔い予防対策を行ってみてはいかがでしょうか。実際に私が行っている対策は以下の通りです。

飲んでいる最中と飲んだあとに水を飲む

飲んでいる最中に水を飲むなんてかっこ悪い!なんて思わないでください。

これは本当に効果的なんです。

私はほとんど毎日のようにお酒を飲み、時には飲みすぎることもあります。

しかし、この方法るをる実践するようになってからというもの二日酔いしにくくなり、二日酔いになったとしてもそれほどひどい症状は出ませんよ。

タンパク質の含有量が多い食品を食べる

タンパク質の摂取はアルコール成分の吸収スピードを遅らせるといわれています。枝豆や冷ややっこなどは、自宅でも摂りやすいですし、居酒屋などでも定番のメニューになっているので摂りやすいと思います。

また、私個人的にはチーズを食べておくと酔いにくくなり、翌日には二日酔いになりにくい気がします。

これらの方法は手間がかかるわけではなく気軽に実践できますので、二日酔いを予防したい方はぜひ、実践してみてくださいね。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!