二日酔いで寒気が止まらない。悪寒のする原因とその対処法

二日酔いと寒気

昨日飲み過ぎて二日酔い。なんだか寒気がする。。。

頭痛と吐き気、二日酔いはただでさえ辛いものですが、そこに悪寒が重なったらもはや地獄。
このような状態は、たまたま風邪をひき始めているタイミングで起こることもありますが、原因が風邪ではなく別の部分にあって起こるということも考えられます。

いずれの場合であっても、悪寒がするという状態は身体に何か異変が起こっている可能性が高いため、まずはその原因を知り、適切な処置を行うことが大切です。

お酒を飲んだ翌日に悪寒、原因は何?

それではまず、二日酔いで悪寒が起こる原因について考えてみましょう。風邪の可能性が低い状態で悪寒が起こったのであれば、以下の原因が考えられます。

熱の放出

お酒を飲んでいるときの身体の状態、覚えていますか?

飲み始めてからしばらくすると、運動もしていないのに身体がポカポカと温かくなりませんでしたか?

これは、お酒の血管拡張作用で血流が一時的に良くなることによって起こる現象で、お酒を飲んでいる間はこの状態が続き、アルコール成分が分解され始めると治まります。

これは運動に例えて説明するとわかりやすいです。

運動をするためにはエネルギーが必要です。
そして、運動時には血管が拡張して血流が良くなり、エネルギーの再生率が高くなります。

これが運動時に体温が上昇するメカニズムですが、あまり体温が上昇し続けると、体内に熱がこもって生命が危険にさらされる可能性が出てきます。すると、生命維持のための防衛機能が作動し、毛穴から汗とともに熱を放出して生命維持に適切な体温にまで下げようとします。

つまり、運動と飲酒という違いはあっても、血管拡張作用によって体温が上昇すれば、正常な体温に戻そうとする機能が作動するという点に於いては同様だということです。

ということは、二日酔いと同時に悪寒がしても、それはまったく不自然なことではないということになります。

重要・こんなときには救急車を!

二日酔いによる悪寒は身体を休める、水分を摂取するなどの処置で、時間の経過とともに回復に向かいます。

しかし、お酒を飲んでいる最中や直後に次のような症状が現れたら、ひとまず急性アルコール中毒を疑わなくてはなりません。

  • 発汗や灼熱感
  • 動悸・息切れ、呼吸困難
  • 激しい頭痛や悪寒
  • めまいや目のかすみ
  • 失神
  • 一時的な記憶障害

これらが急性アルコール中毒の典型的な症状です。
特に失神した場合ではそのまま処置を受けずに放置すると死に至るケースもあります。この場合では、直ちに救急車を要請し、救命処置を受けなくてはならないことがあります。

飲酒で酩酊状態になると、その状態になっている本人は、今何が起こっているのかわかりませんが、周囲は異変に気付くはずです。

一緒に飲んでいる人、または周囲で飲んでいる人にこのような異変が現れたら、迷わず救急車を要請し、大事に至ることを防ぎましょう。

二日酔いと悪寒をできるだけ早く治すには?

悪寒がした場合は暖めて水分を

二日酔いと悪寒が同時に起こったら、あまり余計なことをしようとせず、以下の対処法を試してみましょう。

身体を休める

暑すぎる、寒すぎるなどの不快感を覚えない温度に室温を調整して、身体の冷えに注意しながら休みましょう。室温の調整が難しいのであれば、毛布やタオルケットなどで対応してみてください。

私も二日酔いで悪寒を感じることはしばしばありますが、結局のところ、この方法がベストな対処方法だと感じています。

二日酔いだとあれやこれや改善策を試そうとしますが、なにはともあれ身体を休めて、各器官が正常な状態に待つことが最も大切です。

水分補給する

私のおすすめはスポーツドリンクなのですが、悪寒がしている状態でスポーツドリンクを飲むと、さらに低体温になる可能性が高くなります。

そこでおすすめできるのは、温かい生姜湯を飲むという方法です。

私は二日酔いで悪寒がしたときのために、自宅に市販の生姜湯を常備していますが、これを飲むと身体が内部から温まり、悪寒を和らげてくれます。

生姜湯はスーパーなどでもお手軽に購入することができますので、万が一に備えてご自宅に常備しておいてみてはいかがでしょうか。
お近くに生姜湯の取り扱い店舗がないのであれば、インターネットの通販やショッピングサイトを利用してみると良いでしょう。

また、ご自宅にハチミツがあれば、それをお湯で薄めて飲むという方法もおすすめできます。私は生姜湯を切らしてしまったときにはこの方法で対処していますが、ハチミツに含まれる成分のお陰か、割と短時間で悪寒が治まります。

ただし、これはあくまでも私の個人的な意見ですので、参考として頭に入れておいてくださいね。

温度低めの湯船に浸かる

二日酔いや悪寒の症状が和らいだら、40~42℃程度でややぬるいと感じるお風呂の湯船に15分程度浸かってみましょう。

普通に考えると熱い温度のお湯のほうが体温上昇を助け、二日酔いや悪寒の改善に役立ちそうな気がしますよね?

ところが、二日酔いや悪寒が完全に回復していない状態で熱いお湯に浸かると、ここでまた血管が拡張して二日酔いや悪寒を悪化させる原因になることがあります。

つまり、やや低い温度の湯船に浸かってじっくりと身体を温めることが、二日酔いや悪寒の緩和に役立つということです。

二日酔いと悪寒が起こったときのNG行動について

まず、二日酔いで悪寒を感じているのであれば、できる限り仕事は休みましょう。その上で、以下の行動を取らないことが大切です。

自動車などの乗り物の運転はNG

手錠とお酒と車のキー

体調不良が起こっているときには判断能力が鈍りますので、自動車などの乗り物の運転は禁止です。

それだけではありません。

体内にアルコールが残ってる状態で乗り物を運転すると、「酒気帯び運転」という法律に触れることになります。

「休んだからもう平気」、「飲み終わってから何時間も経っているから大丈夫だろう」など、自己判断で乗り物を運転して事故に発展したケースはいくらでもあります。

特にこの「一度眠ったから大丈夫」というのは危険です。乗り物を運転するのなら、二日酔いや悪寒が完全に回復するまで待ちましょう。

迎え酒はNG

迎え酒をする男性

迎え酒をすると一時的に脳が騙されるため、二日酔いや悪寒が改善されたかのように思えます。ですがそれは大きな間違いで、アルコールが完全に分解される前にアルコールを体内に取り込むことにより、肝臓が悲鳴を上げる状態になります。

こうなると、肝硬変や肝不全のリスクがグンと高まることになりますので、それだけは絶対に避けなくてはなりません。

二日酔いや悪寒で辛いときにあなたが飲むべき飲み物は、お酒ではなくて水やお茶、スポーツドリンクなど、アルコールの分解に役立つ飲みものです。

迎え酒は百害あって一利なし、絶対にやめましょうね。

 

ウイスキーの小瓶売り

サプリを摂るのも効果的

二日酔いを予防するにはBCAAなどのアミノ酸、海産物に含まれるタウリン、セロシアやマリアアザミなどの植物、ハーブや漢方、ポリコサノールなどが効果的です。

よくお酒を飲む、二日酔いになってしまいがちという、そんな人におすすめサプリの記事を書いてます。参考にどうぞ。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!