ウイスキーの格安試飲通販ショップ

お酒を飲むと疲れる。次の日の体に疲れを残さない方法。

お酒を飲んで疲労する男性




お酒を飲んでいるときはそうでもなかったのに、翌日になって酷い疲労感に襲われることってありませんか?

これが休日ならゆっくり休むことができますが、出勤日ではそういうわけにもいきません。

体が疲れた状態では仕事が手につかなくなることも考えられますので、できればそうならないように予防をして、翌日にはシャキッ!とした状態で目覚めたいものです。

今回は、お酒を飲んで疲れる理由や、そうならないための改善策についてご紹介していきます。

お酒を飲んだ次の日はだるい、疲れるという方、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お酒を飲んだ次の日に疲れる理由

お酒を飲んで疲れる理由は以下の通りです。

もちろん、体の疲れは年齢やどの程度のお酒を飲んだかによって異なりますが、いずれの場合でも以下の理由が当てはまりますので、まずはこれらについて知っておきましょう。

内臓が疲労している

内臓が疲労している男性

アルコール成分は肝臓で分解・代謝されますが、ひっきりなしにお酒が体内に入ってくると、肝臓はフル稼働で休む暇がなくなります。

つまり、お酒を飲めば飲むほど肝臓は疲弊し、その機能が弱るということですね。

それだけではなく、アルコール成分を分解する際に生成されたアセトアルデヒドを体外に排出しなければならず、肝臓内で待機していたアセトアルデヒド脱水素酵素が総動員されるため、ますます肝臓は疲弊することになるのです。

また、お酒を飲んでいるときにはあまり意識しないかもしれませんが、冷たいビールやハイボールをどんどん飲むことで胃腸が冷えたり、胃腸に負担がかかりやすい食品を多く摂っていることも考えられ、これが胃腸を疲弊させて機能を鈍らせる原因になることもあります。

深い睡眠がとれていない

深い睡眠がとれていない男性

お酒を飲むとよく眠れるというのは間違いで、実はアルコール成分によって脳が刺激を受け、睡眠が浅くなる可能性が高くなるのです。

たとえば、お酒を飲んで寝ると夜中に目が覚めて、その後に寝ては起きるという状態を繰り返すことはないでしょうか?

アルコールには利尿作用もあり、トイレも近くなるし、その後なかなか寝付けなかったりもします。

これによって深い睡眠をとることができず、翌日にまで疲れを引きずることになります。

毎日過度にお酒を飲む方はこれが繰り返され、睡眠不足のループに突入します。

睡眠不足が続くと自律神経に影響が及ぶこともあり、自律神経のバランスが崩れた場合では余計に深い睡眠がとれなくなることがあります。

次の日に疲れを残さないためには?

お酒は飲みたいけど疲れるのは真っ平御免!という方は、以下の工夫を行ってみてください。

これらを実践することにより、お酒を飲んだ次の日の疲労感が和らぐはずですよ。

寝る前に大量の水を飲んでおく

大量の水を飲む

お酒を飲み続けるということは肝臓に休息を与えないということで、脳は寝ていても肝臓は休むことなくせっせとアルコール成分の処理を行っています。

こう聞くと、なんだか肝臓がかわいそうになりませんか?

でも、ある工夫を行えば肝臓の負担がグンと減り、疲弊度合いも軽減されます。

それは、寝る前に500ml以上の水を飲んでおくという方法です。

500mlは最低ラインです。

完全に飲みすぎたなといる場合は最低2リットル、飲めるなら4リットル程度飲みましょう。

アルコール成分が肝臓で処理される際には大量の水が必要になり、水が不足した場合ではアルコール成分の分解スピードが遅れます。

どれほど酔っていても、寝る前には必ず水を飲み、肝臓の負担を少しでも減らしてあげましょう。

これは私も実践している方法で、水を飲んで寝るのとそのまま寝るのとでは、翌日の疲れがまったく違います。

また、お酒を飲んでいる最中、途中で水を飲むという方法も効果的で、これをすることによって肝臓の負担が減り、二日酔いにもなりにくくなりますよ。

おすすめは常温の軟水です。冷たい水は胃腸が冷えることはもちろん、量が飲めません。

ちなみに、水を飲んですぐ眠るのではなく、トイレに行ってからにしましょう。

睡眠時の環境を整える

眠る環境

寝るときの環境はかなり大切です。寝床の状態も睡眠を左右しますので、帰宅したらサッとシャワーを浴びて寝られる環境を整えておくことも大切です。

注意すべき点は温度、匂い、明るさ、音です。

たとえば、室温が高すぎたり低すぎたりしたらそれだけで寝付きが悪くなる可能性が高まるでしょうし、寝ている間に何度も目覚める可能性も高くなりますよね。

もしも室温調節が難しい環境なら寝具で調節するなどの工夫を行ってみましょう。

次に香り。理想は無臭です。

もちろんアロマオイルやお香などを焚いてリラックスすることは構いませんが、睡眠時は無臭の空間で休むことをこころがけましょう。

そして、照明にも注意が必要です。

明るいところでも眠れる人、絶対に真っ暗でないと眠れない人とさまざまかもしれませんが、深い睡眠を得るためには、なるべく室内を暗くして寝付きやすい環境を整えておくことが大切でしょう。

遮光カーテンなどを利用してください。

最後に騒音です。

不快な音は睡眠を妨げられます。特に朝方の工事や、道路の騒音は耳をふさぎたくなります。

ノイズキャンセリングヘッドホンを使ったり、耳栓をするなど工夫をしながら、快適な空間を作ってみてください。

内臓を休ませて体の疲れをとりましょう

内臓はどれを取っても大切ですが、とりわけ肝臓は毒素の分解や代謝、グリコーゲンの生成なども、私たちの健康と密接な関係がある臓器です。

しかし、肝臓は”沈黙の臓器”と呼ばれるくらい、悪くなっていたとしても症状が現れにくいという特徴があるのです。

唯一現れる症状があるとすれば、お酒を飲んだ翌日の疲労でしょうか。

お酒を飲むと毎回疲れるという方は、肝機能が弱っている可能性が考えられます。

「お酒を飲んでいるときに水を飲む」「寝る前に水を飲む」「寝る環境を整えておく」を実践してみてください。

これだけで肝臓の負担を軽くすることができ、より深い睡眠をとりやすくなるはずです。

以下に内臓の機能を正常化するお手伝いをするおすすめのサプリメントも書いておきます。

悪酔い防止、肝機能の数値が気になる方はサプリを摂ろう

BARREL編集部では「毎月、肝臓投資」「内臓をキレイに」をテーマに、二日酔いをはじめとした疲れやだるさ、睡眠不足や肌荒れの解消を目的として100記事以上の記事を書いてきました。

毎月、科学的根拠に基づいた改善方法や民間療法、さまざまなサプリメントなどを試しています。

悪酔い防止や内臓疲れ対策には、定期的な休肝日と事前のサプリメント使用が効果的。

よくお酒を飲む、朝がツライ、肝臓の数値がちょっと心配、という人のためにサプリを網羅した記事を書いてます。参考にどうぞ。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!

ABOUTこの記事をかいた人

二日酔いの天使

BARREL編集部では二日酔い記事を主に担当しています。 朝から晩までお酒と向き合い、二日酔いに対する実験をしています。 しっかりチェイサー飲む派。休肝日は48時間以上連続で設ける派。