二日酔い頭痛に漢方は効くか。「アルピタン」の効果と副作用を解説

アルピタン

二日酔いの頭痛は本当に辛いですが、専用の頭痛薬を服用することによって、ある程度は改善できるといわれています。

今回はアルコール頭痛に特化した小林製薬「アルピタン」の効果効能についてご紹介していきますので、二日弱い頭痛が起こった際の参考にしてみてください。

そもそも、アルコール頭痛とはどんな頭痛か

「アルコール頭痛」という言葉、最近よく耳にします。

ですが、それがどのような頭痛なのか具体的に説明できる方は少ないかもしれません。

まずは、アルコールによる頭痛の原因について簡単にご紹介しておくことにします。

アルコール頭痛の仕組み

睡眠不足の人

アルコール成分が体内に吸収されると、次は肝臓で分解・代謝されます。

その際に、アセトアルデヒドという物質が生成されますが、この物質は毒性を持ち、血液によって全身に運ばれると、目頭痛をはじめとする二日酔いの症状を引き起こす原因になります。

それだけではありません。

アセトアルデヒドが生成されると、肝臓はこの物質の分解で大忙しとなり、他の成分の分解や代謝が後回しになります。

肝臓は糖新生(ブドウ糖の合成)も行う臓器なので、アセトアルデヒドの分解作業でこの作業スピードに遅れが出ると、頭痛や倦怠感などの症状が出現してくるのです。

また、お酒そのものに配合されているメタノール(メチルアルコール)などの成分が体内に長時間留まり、この状態が頭痛などの二日酔いの症状の原因になることがあります。

お酒にはエタノール(エチルアルコール)も含まれていますが、この成分はメタノールよりも早い段階で分解されます。

一方のメタノールは分解に時間がかかり、体内に留まっている時間が長いほど二日酔いを長引かせる原因になるといわれています。

 

これが二日酔いによる頭痛のおおまかな原因ですが、このような頭痛の改善効果を期待できるとされているのがアルピタンです。

それでは次に、アルピタンに配合されている成分から、二日酔い頭痛に対する効果について考えてみることにしましょう。

アルコール頭痛に効く「アルピタン」の成分紹介

アルピタンには数々の漢方が配合されていますが、漢方名を見ただけではどの成分にどのような効果を期待できるのかさっぱりわかりません。

それでは、アルピタンに配合されている漢方の種類とその効果について見ていきましょう。

漢方薬

タクシャ

利尿作用がある成分で、余分な水分の体外排出、膀胱炎の予防、頭痛予防などの効果を期待できます。

チョレイ

タクシャと同様の効果のほか、下痢予防効果も期待できるとされています。

ブクリョウ

胃腸の働きを助ける作用がありますので、食欲不振や消化不良の予防効果を期待できます。

また、むくみ予防作用もありますので、二日酔い頭痛と同時に起こりやすいむくみ改善効果も期待できるでしょう。

ビャクジュツ

消化器系統の働きを高める作用や水分代謝作用がある成分ですので、二日酔いのムカムカやむくみの予防・改善効果を期待できます。

ケイヒ

食欲不振や消化不良の予防と改善、頭痛や発熱の予防や改善などを期待できます。

 

これらの成分はまとめて「五苓散(ごれいさん)」と呼ばれ、漢方薬としても販売されています。


【第2類医薬品】ツムラ漢方五苓散料エキス顆粒 48包

漢方を知っている人はかなり有名なので聞いたことがあるかもしれません。

私自身の話なのですが、以前に二日酔いになったとき、たまたま近所の薬局に相談したところ五苓散を紹介され、実際に服用してみたことがありました。

漢方の性質上、速効性を求めることはできないと思っていたのですが、五苓散はそこそこ効きが早く、二日酔いの頭痛緩和に役立ったことを覚えています。

また、頭痛だけではなく吐き気にも効果があったように記憶しています。

成分を見る限りでは体水分率をコントロールするような効能もあるので、むくみにも有効そうですね。

 

今回ご紹介しているアルピタンには五苓散が満量処方で配合されているため、私の体験を踏まえて考えてみても、二日酔い頭痛の改善効果アリと判断できそうです。

五苓散に配合されているひとつひとつの成分の効果について確認してみると、むくみや頭痛の予防や改善効果を期待できることがわかりますが、これはアルピタンの公式サイトでも確認できます。

アルピタンの公式サイトには、「血管拡張抑制作用」「脳のむくみ抑性作用」「痛み増強物質(アセトアルデヒド)の産生抑制作用」を期待できると明記されていますので、二日酔い頭痛でお困りの方は、この機会にアルピタンを試してみると良いでしょう。

 

アルピタンの副作用

首をかきむしる人

ではアルピタンに副作用はあるのでしょうか?

私は大丈夫でしたが、体質によっては五苓散で「発疹」「発赤」「痒み」などの副作用が現れる可能性がありますので、アレルギー体質の方は注意が必要です。

現在までに漢方などで副作用のような症状が現れたことがある方はひとまず薬剤師に相談し、アルピタンの服用の可否について検討しましょう。

ちなみに漢方をメインにしているアルピタンと比較し、ややケミカルな成分が多い「ミラグレーン」もあります。

 

ウイスキーの小瓶売り

紛らわしい「群発頭痛」に注意

二日酔い頭痛がある一定期間続いてその後はケロッと治まる、あるいはいつも決まった時間帯に頭痛が起こるといった場合では、単なる二日酔い頭痛ではなく群発頭痛も視野に入れて対策を講じる必要があります。

群発頭痛とは一定期間や特定の時間帯に頻発する頭痛で、目の奥をえぐられるようなひどい頭痛をいい、飲酒がそのきっかけになることがあるといわれています。

群発頭痛は20~40代の男性に多く見られる症状で、一度症状が現れたら薬物療法や純酸素吸入法(医療用の純度100%の酸素をフェイスマスクを通して毎分7リットルを15分吸入する治療法)などの専門的な治療が必要になります。

少しでもおかしいと感じたら市販薬での間に合わせ用とするのではなく、内科で診察を受け、群発頭痛だった場合にはその場で適切な処置を受けることが大切です。

偶発頭痛に悩む人

なお、群発頭痛が起こっている期間は禁酒しなくてはならず、特に晩酌をする習慣がある方にとっては辛いかもしれません。

しかし、群発頭痛は一度発症すると長期化する可能性がある症状ですので、ぐっとこらえてまずは完治を目指しましょう。

群発頭痛のはっきりとした原因は現在のところ解明はされていませんが、そのきっかけが飲酒にあるとするのなら、少しの期間は禁酒して完治を目指すことが先決でしょう。

 

上手な飲み方でアルコール頭痛を予防しましょう

二日酔いになるということは、そもそも飲みすぎているということですので、まずはご自身の限度を知り、それを超えない飲み方をすることがいちばんです。

ですが、それがわかっていてもつい飲みすぎてしまうのが人間です。

それならば、飲んでいる最中に少しだけ工夫を加えてみるというのではいかがでしょうか。

 

私も以前ではちょいちょい二日酔いに悩まされていましたが、ちょっとした工夫を行うことで、現在ではほとんど二日酔いにならずに済んでいます。

その方法は、飲んでいる最中に時々水を飲むということです。いわゆるチェイサーというやつですね。

飲み会などで水をもらうことが難しい場合では、少し酔いが回ったと感じたところでウーロン茶などのソフトドリンクを注文し、それを1杯飲みきったら次のお酒を注文するようにしています。

たったこれだけのことですが、飲み屋さんなら「少し酔ったらソフトドリンク」、自宅では「少し酔ったら水」を実践していると、驚くほど二日酔いになる確率がぐんと下がります。
ペットボトルに水を入れて持っていくのもアリですね。

試しに今夜、この方法を実践してみてください。翌朝の体調の違いに驚くはずですよー。

こんなサプリも効果的

二日酔いを予防するにはBCAAなどのアミノ酸、海産物に含まれるタウリン、セロシアやマリアアザミなどの植物、ハーブや漢方、ポリコサノールなどが効果的です。

よくお酒を飲む、二日酔いになってしまいがちという、そんな人におすすめサプリの記事を書いてます。参考にどうぞ。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!