二日酔いでとにかく仕事にならない!「だるさと眠さ」の原因と対処法。

二日酔いの頭痛は本当に辛いですが、身体のだるさと眠さによる辛さもなかなかのものです。

ましてや、それが出勤日だとなおさらのことですね。

ではなぜ、二日酔いと抱き合わせでだるさや眠さといった症状が現れるのでしょうか?

今回は、二日酔いのだるさと眠さの原因や、それらを改善できる方法についてご紹介していきます。

 

だるさと眠さの原因とは

二日酔いの原因はアセトアルデヒドという有害物質です。

この物質は、アルコール成分が肝臓で分解・代謝される際に生成され、この物質が体内に残っているうちは、頭痛やだるさ、眠さなどの二日酔いの症状が続きます。

 

だるいのは脱水症状

二日酔いになるレベルまでお酒を飲んでしまうと、飲んでいるそばからどんどん水分が体外へ排出されて脱水症状が起こります。

筋肉組織には多くの体液が存在していますが、利尿作用のあるお酒を大量に飲むと、お酒の水分だけでなく体液も同時に失われ、体内の水分量が低下した状態を脱水症状と呼びます。

そして、こうして起こった脱水症状によってだるさが生まれます。

 

眠いのは睡眠不足と内臓疲労

一方、二日酔いの眠さはまた別の原因で起こるといわれています。

その原因は、「アルコール成分の脳の覚醒作用による睡眠不足」と、「肝機能回復」です。

お酒を飲むとよく眠れそうですが実は真逆で、アルコール成分によって脳が刺激を受けると熟睡できず、実質の睡眠時間は削られることになります。

 

そしてもうひとつ、アルコール成分を処理している肝臓は休む間もなく働いている状態であるため、その疲労の度合いは大変なものです。

このように肝臓が疲労すると、消費エネルギーをなるべく減らそうとする働きが強まって眠気が起こります。

また、飲酒前に疲労が溜まっている場合では、さらに強い眠さを感じることがあります。

 

予防策は極力肝臓への負担を減らす工夫をすること

では、どんな予防策ができるでしょうか。

忘年会や新年会の時期になると、連日の飲み会で二日酔いになることも少なくないでしょう。

しかし、連日の飲みすぎで肝臓に負担をかけ続けると、やがて肝機能障害などの病気を引き起こすこともあります。

そうならないためには、お酒を飲んでいる最中にある工夫を行うことが大切です。

 

それは、お酒だけではなく、頻繁にお水(チェイサー)を飲んで肝臓への負担を極力減らすということです。

これは私が実際に実践している方法で、たとえばウイスキーの水割りを3杯飲んだらグラス一杯程度の水を飲む、中ジョッキビールを1杯飲んだらここでもグラス1杯の水を飲むという具合です。

居酒屋などでも申し出れば水をくれますので、二日酔いのだるさや眠さを予防したい方はぜひ、この方法を実践してみてくださいね。

 

私がこの方法を実践し始めてからというもの、以前のようにひどい二日酔いになることはほとんどなくなりました。

それでも、休みの前の日には油断して二日酔いになることはありますけどね(笑)

 

会社でだるい!ねむい!そんなときにはこの応急処置

休みの日ならダラダラと過ごすこともできますが、出勤日に身体がだるかったりねむかったりすると、もう仕事どころではなくなってしまいます。

そのようなときには、とりあえず以下の応急処置で乗り切ってみましょう。

 

スポーツドリンク

ポカリやアクエリアスには電解質や糖質が含まれていますので、飲酒による脱水症状の改善に役立ちます。

コツとしては、少しずつゆっくりと飲むということです。

これによって体内の水分量や糖質量が整えば、二日酔いのだるさや眠さが少しずつ改善されるでしょう。

 

トマトジュース

スポーツドリンクが苦手な方はトマトジュースではいかがでしょうか?

トマトジュースにはアルコール成分の分解に役立つビタミンCや、強い抗酸化力を持つリコピンが豊富に含まれています。

リコピンにはアセトアルデヒドの働きを抑える働きがありますので、より早く二日酔いを改善したい方におすすめできるのがトマトジュースです。

 

さらに、トマトに含まれるGABAには肝機能向上効果を期待できますので、普段からお酒をよく飲む方は、日常的にトマトジュースを飲んでおくといいかもしれませんね。

 

リンゴジュース

リンゴジュースにもビタミンCが豊富に含まれているため、アセトアルデヒドの働きを抑える効果を期待できます。

さらに、リンゴに含まれているクエン酸には肝機能向上効果を期待できますので、二日酔いの改善に役立つでしょう。

 

また、リンゴに含まれているリンゴ酸には胃腸の働きを助ける作用があります。だるさや眠さだけではなく、二日酔いで胃がムカムカするなどの症状があるなら、とりあえずリンゴジュースを飲んで様子を見ると良いでしょう。

 

ヘパリーゼ

ウコンエキスやカンゾウエキスなどが配合されている、定番の二日酔い改善アイテムです。

ヘパリーゼはコンビニでも取り扱われていますので、辛いと感じたときには出勤前にコンビニで購入し、就業前に飲んでおいてみてはいかかがでしょうか。

他にも色々なサプリが出てます。記事にも書いてますので参考にしてください。

 

豚の生姜焼き

二日酔いになると食欲がわかないかもしれませんが、なにも食べないというわけにはいきません。なにも食べないと代謝機能が低下して余計に眠くなりますしね。

そのようなときには、朝食に豚の生姜焼きを食べてみましょう。

豚肉に含まれるタンパク質には肝機能向上効果、ビタミンB1にはアセトアルデヒドの分解促進効果を期待できるといわれています。

 

仕事に責任を持ちつつ、予防対策をしっかり

翌日が仕事だとわかっているのなら、二日酔いになるレベルまでお酒飲まないことが大切です。

私も耳が痛いですが、社会人たるもの責任を負うことも重要です。責任さえあれば飲みすぎません。

とはいえ、わかっていてもつい飲みすぎてしまうことは誰にでもあります。特に忘年会や新年会シーズンでは、何軒かハシゴなんて普通にありますしね。

このように、あらかじめ飲み過ぎがわかっているのなら、上記でご紹介した水を飲む方法、サプリを摂取しておく方法をぜひ、取り入れてみてください。

実際にこの方法を実践して二日酔いになりにくくなった私が言うのですから、ここはひとつ騙されたと思って、この方法を実践してみてください。

これを実践するのとしないのとでは、翌日の二日酔いのレベルが格段に違います。

 

学生時代は気楽に飲んで二日酔いになったとしても、他者に迷惑がかかることはほとんどなかったでしょう。

しかし、社会人になったのであれば、自分の二日酔いで社内の人間に迷惑がかかることもあります。社会人なのであれば、この点についてしっかりと自覚を持ち、節度を守って飲みたいものですね。