お酒の弱い人は鍛えたら強くなるのか。下戸のアルコール対策、対処法。

「お酒が飲めないときには飲んで鍛える!」という話、よく耳にします。

お酒を飲み続けてれば強くなるなんてこと本当にできるのでしょうか?

本当であればいわゆる下戸がいなくなるわけですが、依然として下戸が存在します。

お酒があまり飲めない方の希望を潰すようですが、今回は「お酒は鍛えても強くならない」ということについて言及します。

下戸がコンプレックス!お酒に強くなる方法はあるのか

お酒が飲めないと、さまざまなシーンで不自由な思いをすることは確かです。

というのは、私たち日本人は「ことあるごとにお酒を飲む人種」だからです。

多少緩和されてきたとはいえ、まだまだお酒の席は多い。

では、お酒に強くなる治療というのは存在しているのでしょうか。

思いつく限りの方法を挙げて、お酒に強くなれるのかどうかを検証してみましょう。

手術をする

手っ取り早く、お酒を飲めない人が飲めるようになる「下戸を克服する手術」というものがあるのかどうか調べてみました。

しかし、いくら調べても下戸を克服できる手術は見当たりません。

この方法は却下ですね。

サプリメント

アミノ酸をはじめ、ウコンやゴオウ、ケンポナシやオオアザミなどが配合されているサプリを飲酒前に飲んでおくと、酔いにくくなるほか、二日酔いになりにくくなるといわれています。

牛黄(ゴオウ)は牛の胆のうまたは胆のうの中にできた結石を抽出して乾燥させた生薬で、事前に飲んでおくことによって酔いにくくなり、二日酔いにもならないと評判のサプリメント。

また、ウコンやBCAAは実際に試したことがありますが、事前に飲んでおくことが二日酔いの予防に役立ちました。

しかし、サプリメントを飲んだからといって根本的にお酒に強くなるというわけではありません。

これらの成分の力を借りて一時的に肝機能を活性化させているだけだからです。

とはいえ、下戸の方が無理にお酒を飲んでしまっては危険ですので、サプリには頼りすぎないように注意しましょう。

注射

残念ながら、下戸を克服できる注射は存在していません。

一部では、プラセンタ注射によって肝臓の機能を修復できるという話があり、実際にプラセンタ注射の取り扱いがあるクリニックでは、これについて明言しています。

しかし、肝機能が強化されても、それが即座に下戸の克服につながるのかといえば、そのようなことはないでしょう。

参考:麻布医院

また、二日酔い改善効果を期待できるとされている注射にはニンニク注射があり、この注射でビタミンB1を体内に送り込むことが効果の根拠とされています。

しかし、この注射もまた打ったからといってお酒が強くなるということはありません。

これを踏まえると、お酒に強くなる注射はないということですね。

コラム:二日酔い時には点滴

ちなみに日酔いがひどい時は病院に行って点滴や注射を打ってもらうと一発で治るケースがあります。 これは体内にタチオンや強力ミノファーゲンを注入してもらえるからです。

二日酔い専門クリニックは世界的に流行していますね。

薬の服用

残念ながら、お酒に強くなる薬は存在していません。

また、もしあったとしても、その薬とお酒を同時に摂取してしまうと肝臓にかかる負担が大きくなり、逆効果になることが考えられます。

 

今回、色々と文献を漁ってみましたが、下戸を克服できる治療やサプリ、薬は見当たりませんでした。

しかし、サプリの中には肝機能向上作用がある成分を配合した種類もありますので、お酒が飲めない方は試してみると良いでしょう。

もちろん、これでお酒を飲めるようになるわけではありませんが、どうしてもお酒を飲まなくてはならないというときには役立つのではないでしょうか。

 

ウイスキーの格安試飲通販ショップ

では「飲み続ければ強くなる」?

○○をすればお酒に強くなるという方法は、残念ながら存在していません。

しかし、若い頃はお酒を飲めなかったのに、飲み続けていくうちに年々飲めるようになったという方は実際に存在しています。

ということは、お酒を飲み続けることが下戸の克復に役立つということになりそうですが、本当のところはどうなのでしょうか?

ここで、少し気になる情報を見つけましたのでご紹介しておくことにします。

 

適量のお酒でMEOSが活性化されることはある

MEOS(ミクロソームエタノール)という物質をご存じでしょうか。

この物質は、タンパク質合成のほか、有害物質の代謝やアルコール成分の分解作用がある酵素の一種です。

そして、お酒を飲み続けることがこの成分の体内量増加に役立つといわれています。

ということは、お酒を飲むことによってこの成分の体内量が増えれば、以前よりもお酒を飲めるようになる可能性が高くなるということになります。

つまり、上記でご紹介した「年々お酒を飲めるようになった」という現象は、飲み続けるうちにMEOSが活性化された可能性があるということですね。

 

しかし、この酵素の体内量が増えても、アセトアルデヒドの分解スピードが速まるわけではなく、MEOSが増えたとしても、それが下戸の克復につながることはありません。

また、アルコール成分を分解する際には多くの活性酸素が発生するため、肝臓の細胞を傷つけるリスクが高まります。

以上のことから、下戸の方は無理に飲める訓練をしないことが得策という結論に落ち着きます。

 

それではここで、少し怖いけれど知っておかなくてはならない話をします。

お酒を飲み続けていると脳が麻痺し、徐々に強くなっているかのような錯覚に陥ることがあります。

しかし、実際にはお酒に強くなっているのではなく、たた単に脳にお酒の耐性がついたにすぎません。

そしてこの状態で飲み続けると、アルコール依存症のリスクが高まります。

「飲み続けていたら強くなった」という方は、MEOS増加の可能性という点で安心するのではなく、アルコール依存性の入り口に正されている可能性についても認識しておくべきでしょう。

 

父の日の特集記事

無理にお酒に強くなろうとする必要はない!でも、対策は必要

無理にお酒に強くなろうとすると、とにかくロクなことがありません。

自然にお酒を飲めるようになったとしても、それは決して安心すべきことではなく、活性酸素の大量発生や脳の麻痺などのリスクが高まっている可能性があるという認識を持たなくてはなりません。

 

上手に飲む現場を断るコミュニケーション能力はもちろん、どうしても飲まなければならないシーンに遭遇したら、そのときには

「水を飲みながら飲む」

「お酒と一緒に糖質やタンパク質を摂る」

「サプリメントをあらかじめ飲んでおく」

などの対策は講じておくべきです。

その上で、ご自身のペースでゆっくり飲むことを心がければ、急性アルコール中毒などのリスクを回避できる確率はグンと高くなるでしょう。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!

ABOUTこの記事をかいた人

二日酔いの天使

BARREL編集部では二日酔い記事を主に担当しています。 朝から晩までお酒と向き合い、二日酔いに対する実験をしています。 しっかりチェイサー飲む派。休肝日は48時間以上連続で設ける派。