ウイスキーの格安試飲通販ショップ

プロテインとお酒を同時に飲むと効果はどうなる?肝臓への影響は。

プロテインと酒




筋トレをしているトレーニーにとって、お酒によるタンパク質の吸収力低下は大問題なのではないでしょうか。

では「お酒とプロテインを同時に飲む」だったらどうなるのでしょうか。

しかし、この方法を実践した場合、肝臓に悪影響が及ぶ心配はないのでしょうか?

プロテインとお酒、肝臓への影響は?

アルコール成分は肝臓で分解・代謝されますので、この作業に取り掛かっているときの肝臓は大忙し。

そして、このような状態でプロテインを摂ったら肝臓への負担が重くなるのではないか?という心配がある方も多いと思います。

プロテイン粉末

でも、ご安心ください。

お酒と同時にプロテインを摂取しても特に問題はありません。

まず、アルコール成分が肝臓で代謝されるときの仕組みについて考えてみましょう。

アルコール成分が肝臓へ運ばれると、肝臓はそれを毒物とみなして大急ぎで分解・代謝作業を行います。

そしてその際には、糖質やタンパク質の分解や代謝が後回しにはなるのですが、プロテインを同時に摂取したとしても、それが肝臓に悪さをするようなことはありません。

つまり、お酒とプロテインの同時摂取は問題ないということです。

お酒の摂取時には積極的にタンパク質を取るべき

たくさんのプロテイン

飲酒中のプロテインは摂ってもいいというよりも、むしろ積極的に摂るべきでしょう。

筋肉の低下を防ぐだけでなく、翌日の二日酔いの防止にもなります。

プロテインの中に含まれているロイシンというアミノ酸は肝機能向上効果を見込めると言われています。

筋肉ムキムキの人々

お酒を飲む前後に「BCAA」。アミノ酸の二日酔い予防効果とは

2017年12月12日

プロテインにはソイプロテイン、ホエイプロテイン、エッグプロテインなどの種類がありますが、飲酒による筋肉の衰えを予防したい場合には、植物性のソイプロテインではなく、動物性のホエイプロテインまたはエッグプロテインがおすすめできます。
(エッグプロテインは希少性が高くて入手が難しいため、お手軽に摂れるという意味ではホエイプロテインのほうがよさそうですね。)

タンパク質は肉類や魚類などからも摂ることができますが、あまり摂りすぎてしまうとカロリー過多の問題が浮上してきます。

プロテインであれば大さじ1杯程度摂ったところでカロリー過多の心配はまずありません。積極的に摂りましょう。

 

そしてもうひとつ、アルコール成分の分解・代謝作業が行われている間にはビタミンB群やミネラル成分が体内から大量に失われますので、プロテインを摂るのなら、ビタミン類やミネラル類も同時に摂取しておくことが望ましいといえるでしょう。

 

プロテインをお酒で割って飲むという方法について

お酒のプロテイン割カクテル

たまに耳にする「プロテイン割」。

女性であればダイエット目的に。男性であれば筋肉量増加の目的で注文する人がいるとかいないとか。。。。

プロテインはダマにならないようにシェイカーに入れて振り、水分に溶かす必要がありますので、飲み屋さんなどでは実践しにくい飲み方だといえます。

バーやスナックなどのオーナーと仲が良い場合では、シェイカーを持参してプロテインカクテルを作ってもらうことができるかもしれませんが、これはあまり現実的ではないかもしれません。

 

つまりプロテインをお酒で割って飲むという方法は、自宅向きだということです。

インターネットでプロテインカクテルについて調べてみると、この方法はご自宅で試している方が多いことがわかります。

もちろん、マイシェイカーを持参して外へ飲みに行くという方法もアリといえばアリですが、周囲に気を使わせる可能性などを考えると、ご自宅で実践するという方法がベストでしょう。

 

やるのであればウォッカやテキーラなどのあまりフレーバーがついていない蒸溜酒を少量入れるのがいいのではないでしょうか。

というのもプロテインにはかなり濃い味わいがついているので(特に海外のもののフレーバーは甘すぎるものもありますね)。

プロテインとお酒を飲むタイミング

プロテインを飲むタイミング

プロテインとお酒の同時摂取はOK、それどころか、お酒を飲んでいる最中にはプロテインがいいということがわかりました。

しかし、上記でもご紹介したとおり、外でプロテインカクテルを飲むというのはなかなか困難です。

それなら、お酒を飲む当日に、少しタイミングをずらしてプロテインを飲んでみるという方法ではいかがでしょうか。

この方法ではプロテインカクテルの味わいを楽しむことはできませんが、外へ飲みに出かけるときでも、この方法であれば誰に気を使うこともなく、気を使われることもなく、プロテインを摂取することができます。

では、プロテインはどのタイミングで飲むことがベストなのでしょうか?

プロテインは飲酒前がおすすめ

プロテインを飲むのなら、お酒を飲み始める2時間前当たりで飲んでおくことをおすすめします。

その際には、やや空腹に近い状態で飲むことをおすすめします。

空腹に使い状態のほうがプロテインの吸収率が高くなり、よりプロテインの効果を実感しやすいからです。

 

それだけでなく、お酒を飲む前にプロテインを飲んでおくことが適度な満腹感を呼び、暴飲暴食の予防に役立ちます。

特に外でお酒を飲んでいるときには知らず知らずのうちに酒量が増え、それで気が大きくなると食べ過ぎてしまうことが多々あります。

しかし、事前にプロテインを飲んでおけば、満腹中枢が刺激を受けている状態であるため、ある程度までは暴飲暴食を防ぐことができます。

トレーニー達は筋力トレーニングが終了した30分以内のゴールデンタイムにプロテインを飲むことが多いでしょう。

その後に飲酒をするのであれば少し多めにプロテインを摂取しておきましょう。

 

また、お酒を飲んだ後にもグラス1杯程度のプロテインを飲んでおくことが翌日の二日酔い予防にも役立つといわれています。

外でお酒を飲んで帰宅するとだるくてすぐに休みたいと思うかもしれません。

それはそれでいいのですが、もしも余裕があれば、まずはグラス1杯の水、続いてグラス1杯のプロテインを飲んでおいてみてはいかがでしょうか。

お酒好きのトレーニーにおすすめのサプリメント

普段からスポーツやウェイトトレーニングをなされている方ならサプリなどにも詳しいでしょう。

BCAAやアルギニン、グルタミンなどアミノ酸類はトレーニーの方は既に摂取していると思います。

お酒を飲むトレーニーに必要なのは肝臓投資です。なるべく質の高い国産の総合サプリで月に数千円は投資したいところ。

二日酔いの予防や肝臓の代謝を正常にするには海産物に含まれるタウリン、セロシアやマリアアザミなどの植物、ハーブや漢方、ポリコサノールなどが効果的です。

BARREL編集部では「毎月、肝臓投資」「内臓をキレイに」。

をテーマに、二日酔いをはじめとした疲れやだるさ、睡眠不足や肌荒れの解消を目的として100記事以上の記事を書いてきました。
科学的根拠に基づいた改善方法や民間療法、さまざまなサプリを試しています。

毎日のパフォーマンスを上げるためには、代謝や解毒をしっかりと行ってくれる健全な肝臓が不可欠です。

「お酒は大好きだけど筋肥大もしたい!」そんなあなたには、定期的な休肝日とサプリメントの継続使用を検討してみてください。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!