二日酔いでお風呂につかるのはよいのか、悪いのか。

お酒を飲むと身体がだるくなって、そのままお風呂に入らずに寝てしまう方が多いのではないでしょうか?

そして翌日になって、さっぱりしようと思ってお風呂に入る…。

しかし、二日酔いの状態でお風呂に入っても大丈夫なのでしょうか?

今回は、二日酔いの状態でお風呂に入るリスク、入浴するのならどのような方法がよいのかなどについてご紹介していきますので、ぜひ、参考にしてみてください。

やってはいけない二日酔いのお風呂入浴法

二日酔いになったからといって、絶対に入浴してはいけないということではありません。

しかし、その方法を間違えてしまうと、体内に残っている有害物質・アセトアルデヒドが身体中に巡り、二日酔いの症状が悪化することがあるからです。

では、どのような入浴方法がダメで、どのような方法であればOKなのでしょうか?

42℃以上の熱いお湯はNG

上記でもお話しした通り、熱いお湯に浸かると血行が急激に良くなり、血中のアセトアルデヒドが全身を巡るスピードが速まります。

つまり、安静時よりも二日酔いが悪化する確率が高くなるということですね。

また、二日酔い時には脱水症状が起こっていることが多く、表皮の水分量がいつもよりも少なくなっていることがあります。

この状態を乾燥肌といい、このような状態で熱いお湯に浸かってしまうと表皮の皮脂が熱いお湯で流れて、ますます乾燥肌が進んでしまうことがあります。

二日酔いで皮膚がカサカサする、痒みがあるなどの状態になったら、それは乾燥肌になっている可能性が大きいと考えることができますので、熱い湯船に浸かるのはひとまず避けましょう。

40度以下のぬるいお湯なら大丈夫?

入浴の前に500ml程度の水を飲み、その上で40度以下でややぬるいと感じる温度の湯船に浸かるという方法ならOKです。

ただし、入浴中にめまいやふらつき、吐き気などの症状が現れた場合には、そのまま入浴を続けるのではなく、ひとまず浴室から出ます。

その後は身体を冷やさないように注意しながらしばらく休みましょう。

 

このように、二日酔いで入浴する際にはいくつか注意しなければならないことがあります。

特に普段から血圧が高めの方の場合では、熱いお湯に浸かることで血圧が急上昇するリスクが高まりますので、細心の注意が必要です。

 

銭湯、温泉など熱い湯船しかない!そんなときには?

ご自宅にお風呂がないため銭湯しかない、あるいは、旅行中で温泉は敷かないという時には、以下の入浴方法を試してみましょう。

半身浴をする

ひと通り身体を洗ったら、まずは膝下だけお湯に浸かってみましょう。

銭湯や温泉にもよりますが、これらの湯船の温度は43~45℃前後と高めに設定されていることが多いため、いきなり全身浴をすると上記でご紹介したトラブルが起こりやすくなります。

膝下で温度に慣れたら、次はみぞおち部分までお湯に浸かりますが、このときに注意していただきたいのはお湯に浸かっている時間です。

銭湯や温泉で半身浴をする場合には、10分以内を目安とし、長風呂は絶対に避けましょう。

熱いシャワーで血行を促す

最もおすすめできるのが、湯船には浸からずに熱いシャワーを全身くまなく当てるという方法です。

この方法であれば急激に血流が早くなることはありませんので、二日酔いが悪化する心配はありません。

ただし、ひどい二日酔いの場合ではシャワーだけで体調不良が起こることも考えられますので、慎重に行う必要があります。

分割浴という方法

熱いお湯に3分程度浸かって5分程度休憩するという方法を繰り返す入浴方法です。

この方法もまた一気に血流が速くなることはありませんが、ひどい二日酔いのときに実践すると気分が悪くなることがありますので、慎重に行う必要があるでしょう。

まだある、二日酔いのNG行動

すでにご存じの方は多いかもしれませんが、二日酔い時には以下の行動も避けなくてはなりません。

サウナや岩盤浴

サウナや岩盤浴は直接お湯に浸かるわけではないため、大丈夫だと考えてしまいがちです。

しかし、これらは蒸気や熱気によって身体を温める方法であるため、入浴と同等、あるいは入浴よりも二日酔いを長引かせる原因になることがあります。

また、サウナや岩盤浴は全身の温度が高くなるため寄り汗をかきやすく、脱水症状を助長させる可能性もあります。

 

私自身、アルコール成分が完全に体内から抜けていない状態でサウナに入り、吐き気で大変な思いをしたことがあります。

サウナや岩盤浴で汗を流せば、汗と一緒に体外へ排出させることができそうに思えます。

しかし、毛穴からアセトアルデヒドが排出されることはありませんので、二日酔い時のサウナや岩盤浴は絶対にやめましょう。

激しいスポーツ

筋トレなどの無酸素運動は思いのほか筋肉に大きな負担がかかりますので、二日酔い時には行うべきではありません。

また、ジョギングなどの有酸素運動では大量の汗をかくことがありますので、脱水症状を悪化させる原因になることがあります。

 

つまり、いかなる種よる胃の運動であっても、アルコール成分が身体から抜けていない状態では行うべきではないということです。

それどころか運動は血流を早めるため、行っている最中にアセトアルデヒドが全身を巡り、具合が悪くなる可能性も考えられます。

 

特に日常的に運動を行っている方の場合では、「アルコール成分が少しぐらい残っていても大丈夫だろう」と自身を過信することがあるかもしれませんが、その考え方は危険です。

体調が平常に戻ればいつでも再開できるのが運動ですので、二日酔いになってるときにはひとまず身体を休めて運動は控えましょう。

 

二日酔いになったら急激に身体を温めないことが肝心

血行不良の改善や代謝アップなど、平常時であれば健康増進に役立つのが入浴です。

しかし、二日酔いが起こっているということは健康な状態だとはいえず、入浴で症状が悪化する可能性が広がります。

体臭が気になる、汗のべたつきが気になるなどの理由によって二日酔いでも入浴したくなる気持ちはわかりますが、熱いお湯に浸かるのだけは絶対にNGです。

二日酔い時に入浴する場合には、今回ご紹介してきた注意事項をしっかりと守り、安全に入浴することを心がけましょう。