ウイスキーの格安試飲通販ショップ

痛風とお酒の関係。プリン体のないウイスキーで予防、改善。

ベッドで眠る女性の足

すでに身近な病となっている「痛風」その実態は?!

お寿司とビール

ほんの100年ほど前まで、日本に痛風という病はありませんでした。

玄米や野菜が中心の粗食だったからです。

日本人の食生活が豊かになり、それと同時に発症する人が増えてきました。

野菜中心の食生活から、欧米食の普及で肉を食べるようになったため、体内に尿酸がたまるようになったのです。

お酒も日本古来からある焼酎や日本酒よりも、ビールや発泡酒を好んで飲むようになりました。

その結果、知らず知らず尿酸が体内にたまり、痛風を発症する人が増えています。

痛風の発作はある日突然起こり、足の関節が腫れ上がり、激痛に襲われます。風が吹いても痛い・・・という例えから「痛風」という名前が付いたこともよく知られています。

とても怖い病気ですが、お酒の飲み方だけでなく、食事の選び方などで十分予防できます。

お酒と食生活でたまるプリン体と高尿酸値症

ビールと沢山の料理

ある日突然激痛に見舞われる痛風ですが、その前に起こる症状として高尿酸血症というものがあります。

高尿酸血症は、人間ドックや定期検診の際に見つかることが多いようですが、主に食生活によって引き起こされるので、普段の食生活に注意しなければいけません。

痛風の前身となる高尿酸血症は、血液中の尿酸が増えすぎたせいで体内で分解することができなくなり、結晶化してしまうのですが、この尿酸を作るもとになるのが「プリン体」です。

 

プリン体といえば、ここ最近は第三のビールと呼ばれるジャンルから、次々と「プリン体0!」の表示の新商品が発売されています。

プリン体はビールに大量に含まれているため、高尿酸血症の方でも安心して飲んでいただけるようこのような商品が販売されるようになりました。

つまり、現代の生活の中で痛風患者は増加傾向にあり、痛風予備軍ともいわれる高尿酸血症患者も増加しているのです。

近年では発症年齢が若年化しており、30代から発症する人も多くなってきています。

そして男女比では男性が圧倒的に多いのですが、女性も年々増加傾向にあり、若い年齢でも増えてきているのが特徴です。

 

ビールはもともとプリン体が多く含まれており、日本人は高度成長期の時代からビールを飲む機会や量が増え、それと同時に食生活も変化し、体内にプリン体がたまり、尿酸が形成され蓄積される結果となりました。

そして、ビールのつまみにはさらにプリン体を多く含む食品が多く、一緒に摂取することでプリン体を多く体内に蓄積してしまう結果となるようです。

プリン体はアミノ酸、脂肪分と並ぶ三大うま味成分と言われています。つまりおいしいものには大体プリン体がふくまれているのです。

肉類だけでなく、魚介類にも多く含まれています。

そしてアルコールにはプリン体と合体すると体内で尿酸をどんどん作ってしまい、それを排泄しにくくなってしまう作用があります。

そのため、ビールと高カロリーのおつまみというセットは尿酸値が上昇しやすくなってしまうのです。

ソーダストリームの体験記事

尿酸値を上げずにお酒を飲みたい!その方法は?

すでに痛風や、高尿酸血症と診断され、治療中の方は基本的には「禁酒」と考えたほうがよいでしょう。

ですが、お酒が好きな方は我慢してしまうのもよくありませんし、健康診断の結果が「尿酸値が高かった」という方でもピタリとお酒をやめなければならないというわけではありません。

そこでおすすめするのが「ウイスキー」です。

ウイスキーとグラス

ウイスキーはビールに比べカロリーが半分以下。そしてプリン体は0%のお酒なのです。

ビール党の方でも、ハイボールにすればアルコール度数も同じぐらいで炭酸が味わえるので充分飲みごたえがあります。

しかもカロリーは同じジョッキ1杯分でもビールの半分以下、その上糖質も含まれていないため、血糖値が高い方も安心して飲めるのです。

ウイスキーは、そんなにがぶがぶ飲むものでもないので、飲みすぎる心配もありません。

ただし気を付けていただきたいのは、市販の缶のハイボールなどには、甘味などを添加しているものが多いので、カロリーも高くなっているものが出回っています。

居酒屋などでハイボールを頼むときにはどの銘柄を使っているか確認しましょう。

最近は、どこのお店でもハイボールは置いていますし、「トリス」「角」などウイスキーをあまり知らない人でも何度かは見聞きしたことのあるものを使用していることがほとんどです。

近所の酒屋でも廉価で扱っているウイスキーはたくさんありますから、自宅での晩酌をビールからウイスキーに替えたい方は、1本千円前後でもおいしく作れる銘柄を酒屋さんに相談してみるのがよいでしょう。

高尿酸血症の方でも、一日に飲んでも大丈夫なウイスキーの量は、ダブル(60ml)ほどです。適正量は必ず守るようにしましょう。ハイボールにすれば2~3杯はジョッキで飲める量です。充分お酒を楽しめますよ!

ジョッキとグラスに入れたウイスキー

痛風の症状を改善するためにもプリン体が増えない生活を

ビールをやめてウイスキーを飲んでいれば大丈夫というわけではありません。

アルコールそのものも尿酸を増やしてしまうので飲み過ぎには気を付けてください。

そして痛風や高尿酸血症の方は運動不足や肥満の方も多いようです。

そのため、食べ過ぎに気を付けることや、野菜をなるべく摂取し、塩分を控えること、適度な運動、水分を多めにとるなど普段から生活のリズムを整えることが大切です。

iHerb、Amazon、楽天で買える格安二日酔い対策サプリはこれだ!

BARREL編集部では「健全な身体でおいしくウイスキーを飲もう!」をテーマに、二日酔い関連の記事を100記事以上書いてきました。

科学的根拠に基づいた改善方法から、よくわからない民間療法まで、毎日毎日試しています。

悪酔い防止や二日酔い防止、内臓疲れ、胸やけ対策には、休肝日とサプリメント使用が効果的です。

よくお酒を飲む、朝がツライ、肝臓の数値がちょっと心配、という人のためにサプリを網羅した記事を書いてます。

iHerbをはじめ、Amazonや楽天で買える格安でマジで効果のあるサプリばかり!

きっと求めていたものが見つかるはず!ぜひ見てね↓↓↓

\格安で高品質/




「ショットグラスの有用性」とは?

ウイスキーブランドKYKEYの第二弾グラスは「ショットグラス」。その造形美と機能美を確認して欲しい。