お酒の飲みすぎで起こる「顔や体がむくみ」。二日酔いの朝にできる対処法

二日酔いの朝、むくんだ自分の顔を鏡で見て驚くことってないでしょうか。

私はあります!

むくみのおもな原因はリンパ管の詰まりによるもので、リンパの流れがスローペースになると、とっくに体外へ排出されていなければならない水分や老廃物がそのままリンパ管内に残ります。

では、特にお酒を飲んだ翌日にむくむことが多い場合には、お酒を飲むことが直接原因となっているのでしょうか?

今回は、お酒と顔のむくみの関係について解説していきます。

 

お酒でむくみが起こる理由、身体がカラカラだから。

リンパ管には、血液が回収してきた体内の老廃物や水分を体外に排出させる役割を持っています。

そして、何らかの事情によってリンパの流れが滞ると、夜寝ている間に老廃物が体内に溜まり、顔を中心にむくみが起こることになります。

それでは、二日酔いと同時に起こる顔のむくみの原因について、もう少し詳しくご紹介しましょう。

 

一番の原因は「脱水症状」

お酒には利尿作用があるため、飲んでいるそばからトイレが近くなることがあります。

ここで、「水分が体外に出るのならむくまないのでは?」と思うかもしれません。

しかし、アルコール成分の分解には大量の水が必要です。脱水状態になると体は危機と感じて、喉が渇き水分を欲するようになります。

飲んでいる最中には自分で思っている以上の水分を身体が欲しているのです。

つまり、トイレの回数が増えたとしても、そのそばからアルコールをどんどん飲むことによって、相対的には体内の水分量が増えてしまうということです。

 

こうして体内の水分量が増えると、血管から不要な水分が滲み出してむくみが起こる可能性が高くなるわけです。

しかし、その際の「水分」とはお酒を水分を意味し、水やミネラルウォーターなどはむくみの直接原因にはなりません。

お酒を大量に飲むと血中のアルコール濃度が高くなり、それによって血管が拡張されます。すると、本来であれば静脈やリンパで行われるはずの水分の体外排出処理がうまく行われなくなります。一方、水やミネラルウォーターには血管拡張作用はありません。

「水分の摂りすぎ」と聞くと水やミネラルウォーターまで怖くなってしまうかもしれませんが、これらはアルコール成分の代謝やむくみ予防に必要です。どんどん飲みましょう

つまり、むくみたくないのなら水やミネラルウォーターの摂取量ではなく、お酒の摂取量に注意しなければならないということですね。

 

塩分過多がむくみを増幅

お酒のおつまみって塩分が多く含まれていると思いませんか?

こういった塩分多めの料理やおつまみをお酒と一緒に食べていると、喉が渇いてますますお酒が進みます。

このように水分が欲しくなるのは、血管内のナトリウム(塩分)量が増えすぎたことによってそれを薄めるための水分が必要になるからです。

こうしてお酒という水分をどんどん飲み続けると、今度は塩分によって水分の体外排出が妨げられ、結果としてむくみが起こります。

 

これらがお酒でむくみが起こる理由ですが、問題は、なぜ顔が目立ってむくむのか?という点でしょう。

水分は身体の高い位置から低い位置に向けて流れますが、寝ている間には均等に全身を巡り、過剰な水分が顔に集まりやすくなります。

すると、翌朝には顔がパンパンに腫れて驚くことになります。

 

むくみが起こりにくいの飲み方

二日酔いと顔のむくみでダブルバンチを食らわないためには、飲んでいる最中に工夫を加えることが大切です。

 

塩分の摂取量に注意する

まず、飲むお酒と食べる食事に注意します。

たとえば梅酎ハイがお好きな方は、あまり続けて飲まないように注意しましょう。

梅干しの塩分含有量は思っている以上に多く、続けて何個も食べてしまうとむくみの原因になることがあるからです。

また、焼き鳥の塩ではそのまま塩分を体内に取り込むことになりますし、タレにも塩分が多く含まれていますので、食べ過ぎないように注意する必要があるでしょう。

 

飲んでいる最中にいちいち塩分チェックなんかできない!
と言いたくなる気持ちも重々わかります。ただ、その塩分がむくみの原因になっています。楽しいことと悲しいことはトレードオフですね。

 

飲んでいる最中に水を飲む

お店で飲むときには、できればお酒を飲む前にチェイサーを頼んでおくことをおすすめします。

そして、どのような種類のお酒を飲む場合でも、必ず途中途中で水を飲むようにしましょう。これにより、翌日の顔のむくみを予防することができるはずです。

 

実は私は焼き鳥が大好きで、お店で飲むときには必ずといっていいほど何本も注文します。

そして、飲んでいる最中には塩分についてほとんど考えていませんが、あらかじめチェイサーを頼んで水を飲むという方法は実践しています。

そのお陰かどうかはわかりませんが、お酒を飲んで顔がむくむことはほとんどありません。

それでも、たびたび飲みすぎて、ひどい二日酔いになったときには、顔だけでなく身体全体がむくんでしまうことがありますが…。
まあ、ひどい二日酔いになるほど飲めば、どんな対策を講じてもむくむ可能性が高くなるということですね。。。反省です。

 

翌朝、二日酔いのむくみはこの方法で対処

注意していても起こることがあるのが顔のむくみです。

顔のむくみは目立ちますので、まずは以下の方法を実践してみて、むくみが改善されるまで待ちましょう。

 

温水&冷水シャワー

温水と冷水のシャワーを交互に浴びてみましょう。

これによって血液循環が良くなればリンパの流れ改善効果も見込め、顔のむくみの改善に役立つでしょう。

また、寒い季節では冷水シャワーがきつい可能性もありますので、そのようなときには、ホットタオルと冷水で絞ったタオルを用意して、交互に顔に当てるという方法でもOKです。

 

リンパマッサージ

1分でできるむくみとりのリンパのマッサージを行ってみましょう。

 

  1. 手のひら同士をすり合わせて温める
  2. 左右の鎖骨のくぼみを4本指で5秒程度押す
  3. 鎖骨下部の中央から外側に向けて5回撫でる
  4. 小鼻の横から耳の後ろのくぼみにかけて5回撫でる
  5. 下瞼から耳の後ろのくぼみにかけて5回撫でる
  6. 耳の後ろのくぼみから鎖骨に向けて5回撫でる

 

このリンパマッサージはとても簡単ですので、二日酔いで顔がむくんだときの対策として覚えておくと便利ですよ。

 

病気を疑わなくてはならないことも…

二日酔いで起こっている顔のむくみは、分解されたアルコール成分が体外へ排出されることで自然に改善されることがあります。
つまり、あまり神経質に考える必要はないということですが、むくみが起こってから何日も経過しているのに症状が改善されないのなら、腎臓疾患を疑わなくてはならないでしょう。

 

腎臓は、血液をろ過して不要な水分や老廃物を体外に排出させる臓器であるため、その機能が低下すると起こったむくみが改善されにくくなります。

特に、むくみが起こってトイレの回数が減った場合では腎臓に問題が生じている可能性が考えられます。

このようなときには、なるべく早めに病院で検査を受けて適切な治療を受けましょう。そうしておかないと、最終的に人工透析というおおごとにまで発展してしまうリスクが高まります。

 

特に、高血圧症や動脈硬化、糖尿病を発症している方は、それらが腎臓疾患の引き金になる可能性があります。

これらに該当する方は、おかしいと感じた時点で直ちに検査を受けるとともに、適切な処置を受けておくことが大切です。