お酒を飲むと肌荒れする。ニキビや吹き出物とアルコールの関係。

お酒を飲まなかった翌日はそうでもないのに、お酒を飲んだ翌日には決まって肌荒れを起こす方がいます。

肌荒れやニキビ、吹き出物といった症状はは紫外線や洗顔不足、もしくは洗顔のし過ぎでも起こることがありますが、実はアルコール成分が影響で起こることもあります。

では、その理由はどのようなところにあるのでしょうか?

今回は、アルコールと肌荒れの関係についてご紹介していきます。

お酒を飲むたびに肌荒れが!原因は何?

肌荒れといってもその種類はさまざまで、痒みを伴う肌荒れの場合では、なんらかのアレルゲンによるアレルギー反応と考えられます。

しかし、お酒を飲んだ後の肌荒れの場合では、アレルゲンではなく、アルコール成分にその原因が隠されている可能性が高いでしょう。

ここでは、飲酒後の乾燥肌とニキビができる原因について解説します。

お酒と乾燥肌

お酒には利尿作用があるため、飲めば飲むほどにトイレが近くなります。

ということは、大量の飲酒が体内の水分不足の原因になる可能性があるということです。

たとえば、肌荒れと同時にこんな症状が起こることはないでしょうか?

「喉がすごく乾いて、いくら水やジュースを飲んでも治まらない」

「なんだかずっとだるい。強烈な倦怠感を覚える。」

もしもこのような症状を感じたならば、重度の脱水症状を起こしている可能性が考えられます。

お酒自体が水分ですので、日お酒を飲んで脱水症状を起こすと聞いても合点が行かないかもしれません。

しかし、お酒に利尿作用があるので、飲み過ぎれば皮膚がめくれる、粉を吹くなど、重度の乾燥肌になっても不思議ではありません

 

お酒とニキビ

肝臓はさまざまな成分の分解や代謝を担う臓器で、アルコール成分や脂質も例外ではありません。

特にお酒を飲んでいる最中には、肝臓はその成分の分解や代謝のために休みなく働いています。大忙しの肝臓の元へ脂質が運ばれてきた場合では、脂質の分解や代謝は後回しになります。

その結果、代謝しきれなかった脂質が毛穴から顔を覗かせることになります。

さらに、お酒を飲むとビタミンBをはじめとする肌の健康維持に必要な成分が体外へ排出されてしまうため、ますます肌荒れやニキビの出現に拍車をかけることになりらます。

 

また、乾燥肌やニキビの予防や改善には十分な睡眠も必要です。

睡眠不足になると肌細胞の産生に関わる成長ホルモンの分泌量が著しく低下するからです。

お酒を飲みすぎるとアセトアルデヒドの生成量が増えて、深い睡眠が妨げられます。つまり睡眠不足が起こってしまうわけです。

 

わかってはいても、追飲みすぎてしまうのがお酒ですが、お酒を飲んでボロボロの肌になるなんて嫌ですね。

それでは次に、お酒で肌荒れやニキビといったトラブルが起こった際の対処法についてご紹介しましょう。

 

お酒による肌の変化

お酒でできた肌荒れやニキビは一過性のものであることが多く、その多くは数日間で改善されるでしょう。

ただ、これらは油断していると悪化することがありますので、それを阻止するためには正しい方法でケアしなくてはなりません。

では、肌荒れやニキビを放置しているとどのようなことが起こるのでしょうか?

乾燥肌から敏感肌へと移行する

乾燥肌をそのまま何もせずに放置するということは、バリア機能が弱っている表皮を外気にさらしているということです。

健康な表皮であれば、角質層にしっかりと覆われていますが、乾燥肌の場合では角質層自体が弱っているため、紫外線やアレルゲンの影響を受けやすくなります。

そして、乾燥肌を放置した結果待っているのは敏感肌です。

さらにニキビが進行する

白ニキビや黒ニキビは初期段階のニキビであるため、自然治癒することがあります。

しかし、赤ニキビや黄ニキビとなると話は別で、これらを放置しているとニキビの内容物が毛穴内部で酸化して、炎症を悪化させることがあります。

赤ニキビの段階で適切な処置をすればまだしも、黄ニキビをそのままにしておくとニキビやその周辺組織が破壊され、最終的にクレーター状の跡が残ってしまうことがあります。

 

お酒による肌荒れやニキビは予防できる

敏感肌やクレーター状のニキビ跡と聞くと、お酒が嫌いになってしまいますね。

敏感肌で肌がボロボロになるのも、クレーター状のニキビ跡ができるのもできれば避けたい。

ではこのようなトラブルを事前に予防する方法はないのでしょうか。

熱いお風呂はNG、シャワーだけなら熱いほうがGOOD

お酒を飲んだ当日だけではなく、翌日に二日酔いになっている状態なら、お風呂で熱い湯船に浸かるのは避けましょう。

熱い湯船に浸かると急激に血流が速くなり、アセトアルデヒドによる体調不良が起こりやすくなります。

それだけでなく、熱いお湯は表皮の油分を奪うため乾燥肌を誘発します。

ただし、熱いシャワーだけであればむしろ適度に血行を促進させる効果を期待でき、表皮の油分が過剰に取り去られることはありません。

保湿ケア

乾燥肌、ニキビともに、早く治したいのなら保湿ケアをきちんと行いましょう。

おすすめの成分にはセラミドとヒアルロン酸がありますので、これらを配合した化粧水で肌を整えたあと、乳液やクリームでしっかりと保湿を行っておきましょう。

なお、ビタミンC誘導体は美白や保湿効果を期待できる成分ではありますが、乾燥肌が進んでいるときやニキビが悪化しているときには刺激が強いため、おすめできません。

ビタミンC誘導体配合の化粧品を使用するのなら、肌の状態が落ち着くまで待ちましょう。

 

ウイスキーの小瓶売り

お酒による肌荒れがなかなか治らないときには?

外部からのケアで肌荒れが改善されないときには、以下のケアもプラスしてみてください。

食品やサプリ

食品からなるべく多くのビタミンを摂りましょう。特におすすめできるのは強い抗酸化作用を持つビタミンCやビタミンEです。

ビタミンCはフルーツ、ビタミンEはアーモンドに多く含まれていますので、少量でも摂る工夫を行ってみましょう。

これらの成分を食品から摂るのが難しいのなら、マルチビタミンのサプリを飲むという方法がおすすめです。

専門医に相談

黄ニキビまで悪化してしまったニキビでは、素人判断で下手に潰すとクレーター状の跡が残る原因になります。

このように悪化したニキビは皮膚科で治療を受ければ完治させることが可能ですので、まずは皮膚科に相談し、適切な処置を受けておくことをおすすめします。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!