ウイスキーの格安試飲通販ショップ

お酒の飲みすぎで肌荒れ!ニキビや吹き出物とアルコールの関係。

お酒(アルコール)によるニキビと乾燥肌




お酒を飲まなかった日の翌日はそうでもないのに、お酒を飲みすぎた日の翌日には決まって肌荒れを起こす方がいます。

肌荒れやニキビ、吹き出物といった症状はは紫外線や洗顔不足、もしくは洗顔のし過ぎでも起こることがありますが、実はアルコール成分が影響で起こることもあります。

では、アルコール成分で肌荒れが起こるとは一体どういうことなのでしょうか?

今回は、お酒の飲みすぎとアルコール成分が肌に及ぼす影響についてご紹介します。

お酒(アルコール)の飲み過ぎでニキビや肌荒れが!原因は何?

肌荒れ

肌荒れといってもその種類はさまざまで、痒みを伴う肌荒れの場合では、なんらかのアレルゲンによるアレルギー反応と考えられます。

しかし、お酒を飲んだ後、特に飲みすぎた翌日の肌荒れの場合では、アレルゲンではなく、アルコール成分にその原因が隠されている可能性が高いでしょう。

ここでは、飲酒後の乾燥肌とニキビができる原因について解説します。

お酒(アルコール)と乾燥肌

お酒には利尿作用があるため、飲めば飲むほどにトイレが近くなります。

これは大量の飲酒によって体内が水分不足に陥っている可能性が高いということです。

たとえば、お酒を飲みすぎた翌日、肌荒れと同時にこんな症状が起こることはないでしょうか?

「喉がすごく乾いて、いくら水やジュースを飲んでも治まらない」

「なんだかずっとだるい。強烈な倦怠感を覚える。」

もしもこのような症状を感じたならば、お酒の飲みすぎによって重度の脱水症状を起こしている可能性が考えられます。

お酒自体が水分ですので、お酒を飲んで脱水症状を起こすと聞いても合点がいかないかもしれません。

しかし、お酒の成分(アルコール成分)には利尿作用があるので、飲み過ぎれば皮膚がめくれる、粉を吹くなど、重度の乾燥肌になっても不思議ではありません

お酒(アルコール)とニキビ

お酒を飲んでニキビができた

肝臓はさまざまな成分の分解や代謝を担う臓器で、アルコール成分や脂質も例外ではありません。

特にお酒を飲んでいる最中には、肝臓はその成分の分解や代謝のために休みなく働いています。大忙しの肝臓の元へ脂質が運ばれてきた場合では、脂質の分解や代謝は後回しになります。

その結果、代謝しきれなかった脂質が毛穴から顔を覗かせることになります。

さらに、お酒を飲むとビタミンBをはじめとする肌の健康維持に必要な成分が体外へ排出されてしまうため、ますます肌荒れやニキビの出現に拍車をかけることになります。つまり、飲み過ぎればそれだけ肌荒れが起こりやすくなるということですね。

また、乾燥肌やニキビの予防や改善には十分な睡眠も必要です。

それは、睡眠不足になると肌細胞の産生に関わる成長ホルモンの分泌量が著しく低下するからです。

お酒を飲みすぎるとアセトアルデヒドの生成量が増えて、深い睡眠が妨げられます。つまり睡眠不足が起こってしまうわけです。

わかってはいても、つい飲みすぎてしまうのがお酒ですが、お酒のアルコール成分でボロボロの肌になるなんて嫌ですよね。

それでは次に、お酒で肌荒れやニキビといったトラブルが起こった際の対処法についてご紹介しましょう。

お酒による肌の変化

肌の老化

お酒(アルコール成分)でできた肌荒れやニキビは一過性のものであることが多く、その多くは数日間で改善されるでしょう。

ただ、これらは油断していると悪化することがありますので、それを阻止するためには正しい方法でケアしなくてはなりません。

では、肌荒れやニキビを放置しているとどのようなことが起こるのでしょうか?

乾燥肌から敏感肌へと移行する

乾燥肌をそのまま何もせずに放置するということは、バリア機能が弱っている表皮を外気にさらしているということです。

健康な表皮であれば、角質層にしっかりと覆われていますが、乾燥肌の場合では角質層自体が弱っているため、紫外線やアレルゲンの影響を受けやすくなります。

そして、乾燥肌を放置した結果待っているのは敏感肌です。

お酒を飲んだ翌日は入念にケアをして敏感肌への移行を防ぎましょう。ケアの方法はページ後半で。

ニキビが赤くなって悪化

ニキビが赤くなる過程

白ニキビや黒ニキビは初期段階のニキビであるため、自然治癒することがあります。

しかし、赤ニキビや黄ニキビとなると話は別で、これらを放置しているとニキビの内容物が毛穴内部で酸化して、炎症を悪化させることがあります。

赤ニキビの段階で適切な処置をすればまだしも、黄ニキビをそのままにしておくとニキビやその周辺組織が破壊され、最終的にクレーター状の跡が残ってしまうことがあります。

まず、お酒のアルコール成分は刺激成分ですので、アルコール成分が血中を巡って毛穴に到達すれば、当然のことながらニキビが刺激を受け、赤くなったり腫れたりすることがあるのです。

飲みすぎという自覚はなくても実際に飲みすぎていれば、ニキビ悪化はほぼ免れません。

二日酔いでへろへろ、おまけにニキビが悪化したとしたら、それは間違いなくお酒の飲みすぎです。
しっかりとケアを行うことが必要です。

お酒でニキビができやすい場所

成人以降にできるニキビは「吹き出物」あるいは「大人ニキビ」と呼ばれ、性別を問わず、高カロリー食やお酒のアルコール成分によってできやすくなります。

では、お酒のアルコール成分が原因だった場合、ニキビができやすい場所というのはあるのでしょうか?

お酒のアルコール成分が原因で乾燥肌が起こった場合では、主として額から鼻、顎にかけた「Tソーン」にできやすくなります。

これらの部分はもともと皮脂分泌が多いのですが、乾燥肌になるとバリア機能修復目的で皮脂分泌が増え、皮脂の過剰分泌を呼び見込みます。

ここできちんと洗顔と保湿ケアを行えば、皮脂の分泌量は次第に減り、ニキビもできにくくなるのです。

が、しかし!

お酒を飲みすぎて酔っ払うと、「洗顔なんかどうでもいいや」「メイク落としはテキトーでいいか」という具合に、スキンケアを怠った状態で寝てしまうことがありますよね?

はい、そうなんです。

皮脂の過剰分泌に加え、「スキンケアを怠った」ことが、ニキビを誘発する原因になっているのです。

女性がメイク落としや洗顔を怠るのはもってのほかですが、男性のみなさんも、どれほどお酒を飲みすぎて酔っ払っていたとしても、最低限洗顔と保湿ケアをしてから布団に入ってくださいね。

お酒を飲んでニキビ跡が目立つ場合の隠し方

コンシーラー

ニキビが潰れてその跡が赤くなってると、それだけでニキビ跡が目立ちますよね?これは、皮下組織の修復目的で毛細血管が増殖して起こる現象です。

そして、修復途中のところでお酒を飲みすぎると、アルコール成分で刺激を受けた毛細血管が拡張し、目立つことになります。

でも、ニキビ跡が目立つのってちょっとイヤですよね?

そのようなときには、とりあえずスティックタイプのコンシーラーをポンポン!とニキビ跡に乗せて、自然にぼかす方法がおすすめです。

ただねえ…。

これは女性ならすぐに実践できると思うのですが、男性の場合では難しいかもしれませんね。

でも、とりあえずニキビ跡を隠すのなら、この方法しか思いつきません…。

あとは、飲みすぎに注意しながら、飲んでいる最中に水を飲んでアセトアルデヒドがなるべく早く体外へ排出される工夫を行うということぐらいでしょうか。

お酒(アルコール)での肌荒れはアレルギーが原因の場合も

お酒アレルギー

ここで少しだけ、アレルギーについて触れておくことにします。

最も有名なアレルギーには「アトピー性皮膚炎」と「花粉症」があり、どちらも検査を受ければアレルゲンを特定できます。

つまり、これらのアレルギーをお持ちの場合では、アレルゲンから遠ざかる工夫を行うことである程度までは改善を見込めるということです。

しかし、お酒を飲みすぎると必ず肌荒れが起こる、痒みが出る、極端に皮膚が赤くなるなどの症状が頻繁に出る場合では、もしかすると「アルコールアレルギー」かもしれません。

日本人はもともとアルコール成分の分解能力が低く、アルコールアレルギーを発症しやすいといわれていますので、飲み過ぎれば発症確率は高くなります

もちろん、アルコール成分の分解能力が低いからといって必ずしもアルコールアレルギーを発症するとは限りません。

でも、飲みすぎで毎回上記のような症状が出るのなら、アルコールアレルギーを疑わなくてはならないでしょう。

アルコールアレルギーか否かは血液検査でわかりますので、なんか変…という自覚がある方は、なるべく早めにアレルギー検査を受けることをおすすめします。

お酒による肌荒れやニキビのケアと予防方法

敏感肌やクレーター状のニキビ跡と聞くと、お酒が嫌いになってしまいますね。

敏感肌で肌がボロボロになるのも、クレーター状のニキビ跡ができるのもできれば避けたい。

ではこのようなトラブルを事前に予防する方法はないのでしょうか。

熱いお風呂はNG、シャワーだけなら熱いほうがGOOD

シャワー

お酒を飲んだ当日だけではなく、翌日に二日酔いになっている状態なら、お風呂で熱い湯船に浸かるのは避けましょう。

熱い湯船に浸かると急激に血流が速くなり、アセトアルデヒドによる体調不良が起こりやすくなります。

それだけでなく、熱いお湯は表皮の油分を奪うため乾燥肌を誘発します。

ただし、熱いシャワーだけであればむしろ適度に血行を促進させる効果を期待でき、表皮の油分が過剰に取り去られることはありません。

保湿ケア

乾燥肌、ニキビともに、早く治したいのなら保湿ケアをきちんと行いましょう。

おすすめの成分にはセラミドとヒアルロン酸がありますので、これらを配合した化粧水で肌を整えたあと、乳液やクリームでしっかりと保湿を行っておきましょう。

なお、ビタミンC誘導体は美白や保湿効果を期待できる成分ではありますが、乾燥肌が進んでいるときやニキビが悪化しているときには刺激が強いため、おすめできません。

ビタミンC誘導体配合の化粧品を使用するのなら、肌の状態が落ち着くまで待ちましょう。

オルビスの薬用クリアシリーズは男女問わず効果が高いと実感しています。

お酒による肌荒れがなかなか治らないときには?

なかなかニキビが治らない女性

外部からのケアで肌荒れが改善されないときには、以下のケアもプラスしてみてください。

お酒での肌荒れ予防ケアとサプリメント

食品からなるべく多くのビタミンを摂るのが肝心です。特におすすめできるのは強い抗酸化作用を持つビタミンCやビタミンEです。

ビタミンCはフルーツ、ビタミンEはアーモンドに多く含まれていますので、少量でも摂る工夫を行ってみましょう。ビタミンのサプリを飲んでも良いと思います。

特定保健用食品に指定されているディフェンセラは乾燥肌を防げるユニークなサプリです。

専門医に相談

黄ニキビまで悪化してしまったニキビでは、素人判断で下手に潰すとクレーター状の跡が残る原因になります。

このように悪化したニキビは皮膚科で治療を受ければ完治させることが可能ですので、まずは皮膚科に相談し、適切な処置を受けておくことをおすすめします。

内臓から肌荒れ予防するのもおすすめ

ニキビや肌荒れを予防するには肝臓の代謝を上げることも重要です。

BARREL編集部では「毎月、肝臓投資」「内臓をキレイに」をテーマに、二日酔いをはじめとした疲れやだるさ、睡眠不足や肌荒れの解消を目的として100記事以上の記事を書いてきました。

毎月、科学的根拠に基づいた改善方法や民間療法、さまざまなサプリメントなどを試しています。

悪酔い防止や内臓疲れ対策には、定期的な休肝日と事前のサプリメント使用が効果的。

よくお酒を飲む、朝がツライ、肝臓の数値がちょっと心配、という人のためにサプリを網羅した記事を書いてます。参考にどうぞ。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!

ABOUTこの記事をかいた人

二日酔いの天使

BARREL編集部では二日酔い記事を主に担当しています。 朝から晩までお酒と向き合い、二日酔いに対する実験をしています。 しっかりチェイサー飲む派。休肝日は48時間以上連続で設ける派。