二日酔いの頭痛や吐き気に紅茶やハーブティーは効くのか。カフェインで胃が荒れる?副作用は?

コーヒーのカフェイン

二日酔い改善には紅茶がいいという話、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

確かに、適度な量の紅茶は二日酔いの改善に役立つようですが、飲みすぎてしまうと逆効果になる可能性もあります。

それは、紅茶に含まれるカフェインの作用によるものです。

また、紅茶と並んで二日酔い改善効果を期待できるといわれているのがハーブティーです。

今回は、紅茶やハーブティーや紅茶は本当に効果的なのか、これらと二日酔いの関係について考えてみることにしましょう。

二日酔いには紅茶やハーブティーが効果的なのか?

それではまず、紅茶は二日酔いに効果的なのか?というあ点について考えてみましょう。

結論からお話ししますと、カップ1杯、グラス1杯(200ml程度)のカフェイン含有飲料は、二日酔いの改善に役立つといわれており、それは以下の理由が裏付けとなっています。

カフェイン

利尿作用がある

カフェインには利尿作用があるため、体内の余分な水分や老廃物の排出に役立ちます。

二日酔いの朝にちょくちょく経験するのがむくみの症状ですが、これは水分代謝機能の低下や、塩分の過剰摂取によって起こります。

このような状態の改善に役立つのがカフェインの摂取です。

ただし、塩分の過剰摂取によるむくみの場合では、カフェインだけではなく、バナナやアボカドなど、カリウムを多く含む食品を同時に摂取することをおすすめします。

脳の覚醒作用による眠気防止

カフェインには脳の覚醒作用があるため、眠気予防に役立ちます。

休日であれば問題はありませんが、会社へ出勤している最中に二日酔いで眠くなるとる仕事になりません。

そのようなときには、適量のカフェインを摂ってみましょう。

二日酔いが完全に治るということではありませんが、眠気防止に役立つはずです。

このように、適量のカフェインであれば二日酔いの改善に役立ちます。

しかし、過剰摂取した場合では逆効果になって体調不良が起こることがあります。

過剰摂取で起こる症状については下記でご紹介しますね。

ウイスキーの格安試飲通販ショップ

紅茶は頭痛や吐き気に効果があるか

コーヒーほどではありませんが、紅茶にもカフェインが含まれています。そのため、二日酔いの頭痛改善効果は期待できるでしょう。

それは、紅茶の利尿作用によって水分の体外排出スピードが速まり、アセトアルデヒドも体外へ胚珠されやすくなると考えられるからです。

では、紅茶は吐き気対策には役立つのでしょうか?

吐き気もまたアセトアルデヒドの影響を受けて起こると考えられますが、吐き気が起こるということは胃の内部が荒れている可能性が考えられます。

そして、紅茶で過剰にカフェインを摂取した場合では逆効果になる可能性が高まるでしょう。

ハーブティーは頭痛や吐き気に効果はあるか

ハーブティーというと健康的なイメージがありますよね?それだけに二日酔いに効果的な用に思えます。ハーブティーにはさまざまな種類があり、その中にはカフェインを含む種類もあるのです。

ということは、このような種類のハーブティーなら二日酔い改善効果を期待できるということになりますね。

しかし、ハーブティーの中にはカフェインの含有量が多い種類もあるため、紅茶と同様に飲みすぎにだけは注意を払う必要があるでしょう。

紅茶とハーブティーならどっちがいいの?

紅茶やハーブティーと紅茶を比較した場合、どちらの飲料に、より多くのカフェインが含まれているのでしょうか?

やれ紅茶やハーブティーのカフェイン量は多い、紅茶のカフェイン量は多い、ハーブティーのカフェイン量は多いと聞きますが、結局のところ大差はないと考えておきましょう。

それは、紅茶やハーブティーはアメリカンやエスプレッソといったように、製法で種類が異なり、同じ紅茶やハーブティーであってもカフェインの含有量には差が生じるからです。

これは紅茶でも同様ですが、紅茶の場合では1回で使用する茶葉の量によってカフェインの含有量が変動します。

基本的に、味や色が濃いものはカフェインが多いと考えて間違いありません。

では、ハーブティーではどうなのでしょうか?

ハーブティーはカフェインゼロという認識をお持ちの方は多いのではないかと思いますが、ジャスミン茶、マテ茶、ガラナ茶などの種類はカフェインを含有しています。

ジャスミン茶やマテ茶に含まれるカフェインは微量ですが、ガラナ茶の場合はそれよりも多いカフェインが含まれていますので、飲み過ぎには要注意です。

じゃあどれがいいのか?ということになると好みの問題ではありますが、胃酸過多のリスクがないという部分を重視するのなら、ノンカフェインのハーブティーがおすすめできるでしょう。

おすすめのハーブティーは「タンポポ」「ハイビスカス」「ペパーミント」「カモミール」「ワイルドストロベリー」です。

実際に飲んだ感じでは、「タンポポ」と「ハイビスカス」独特の香りがあって慣れないと飲みにくいかもしれません。

この中で最も飲みやすいと感じたのは「ペパーミント」で、二日酔いで胃がムカムカしているときの改善に役立った記憶があります。

ご興味がある方は何種類かのハーブティーを試してみて、お気に入りを見つけ出してみてはいかかでしょうか。

コーヒーと紅茶はどっちが効く?

カフェイン含有という意味ではコーヒーも紅茶と同様の効果を期待できそうですが、実はコーヒーには紅茶の約2倍のカフェインが含まれているといわれています。

そのため、紅茶よりも強い利尿作用は期待できるかもしれませんが、それだけに胃の内部を荒らす作用は紅茶よりも強い可能性が考えられます。

コーヒーと紅茶では一概にどちらのほうがいいということはいえませんが、二日酔いのむかつきや吐き気が出ているときには、ひとまずコーヒーはスルーしたほうが良さそうですね。

カフェインの効果と副作用

カフェインは上手に摂れば二日酔いの改善に役立ちますが、過剰摂取をすると副作用とも捉えることができる以下の症状が現れることがあります。

胃酸過多の悪化

胃酸過多

二日酔いで胃がムカムカする場合、胃の内部では胃酸過多が起こっていると考えられます。

そして、大量に分泌された胃液が逆流すると「逆流性食道炎」が起こります。

これは、過剰に分泌された胃液が内臓に圧迫されて起こる現象で、胃酸過多がいつまでも続くと慢性化することがあります。

 

カフェインには胃酸の分泌促進作用があり、過剰摂取するとこのような弊害に見舞われることがあります。

特に空腹時にカフェインを大量摂取すると胃酸が急激に分泌されて気分が悪くなることがありますので、カフェイン含有飲料を摂取する際には、1回あたりの摂取量に注意しましょう。

脱水症状の悪化

脱水症状

カフェインの利尿作用はむくみの改善に役立ちますが、利尿作用によって水分が体外にどんどん排出されると、今度は脱水症状の悪化が心配になります。

アルコール成分自体に利尿作用があるため、お酒を飲んでいる最中には必然的にトイレが近くなり、脱水症状が起こりやすくなっています。

さらに、アルコール成分が肝臓で分解・代謝される際に大量の水が必要になるため、飲めば飲むほどに体内の水分量が減少します。

 

そして、脱水症状が起こっている状態でカフェインを過剰摂取してしまえば、さらに脱水症状が悪化することは目に見えています。

脱水症状がいつまでも続くと、アルコール成分が分解・代謝される際に生成されるアセトアルデヒドの体外排出スピードが鈍り、二日酔いを長引かせることになります。

こうならないためには、カフェイン含有飲料は適量にとどめ、残りの水分は水やフルーツジュース、スポーツドリンクなどで補うことを心がけましょう。

カフェインよりも「ミネラルウォーター」

水

カフェインは、摂り方次第では二日酔いの改善に役立ちます。

しかし、過剰摂取してしまうと逆高価になる可能性が広がるということだけはあります。頭に入れておかなくてはなりません。

二日酔いで頭がぼんやりしていると、つい紅茶やハーブティーや紅茶をたくさん飲みたくなりますが、胃酸過多や逆流性食道炎のリスクを考えるのなら、1度に大量に飲むべきではありません。

二日酔いで辛いときにはまずミネラルウォーターで水分補給をして、脱水症状の改善を優先させます。

その後、紅茶やハーブティーや紅茶を飲むのならカップ1杯またはグラス1杯程度に留めておくことをおすすめします。

中性脂肪サプリランキング

二日酔いの予防、改善にはサプリも効果的

二日酔いを予防するにはBCAAなどのアミノ酸、海産物に含まれるタウリン、セロシアやマリアアザミなどの植物、ハーブや漢方、ポリコサノールなどが効果的です。

よくお酒を飲む、二日酔いになってしまいがちという、そんな人におすすめサプリの記事を書いてます。参考にどうぞ。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!

ABOUTこの記事をかいた人

二日酔いの天使

BARREL編集部では二日酔い記事を主に担当しています。 朝から晩までお酒と向き合い、二日酔いに対する実験をしています。 しっかりチェイサー飲む派。休肝日は48時間以上連続で設ける派。