ウコンやヘパリーゼなんて目じゃない!?二日酔いにおすすめな予防対策

二日酔いの予防のおすすめな防止対策を教えます!

ABOUTこの記事をかいた人

オーツカ

BARREL編集部代表。インテリアと猫が好きな筋肉質。ウイスキーを飲んでいる若者が周りに少ないと思ったので、BARRELを立ち上げました。いつでもウイスキー初心者の味方になりたいと思っています。 ウイスキー業界×インターネットで色々したいですね。

BARRELはウイスキーに特化した情報メディア。
こういったお酒に関するメディアを運営していると、頻繁に聞かれることがあります。
それは
「二日酔いの対策とかってどうしてます?」
という質問です。
二日酔いになるまで飲まないということが、紳士として正しい回答なのでしょうが、ついつい飲みすぎてしまうことがあります。
正直ここ15年間、休肝日などほぼ設けず、ウイスキーはもちろんのことワインをはじめ日本酒に焼酎、ビールにジン、ウォッカにラムと、相当な種類のお酒を相当な量飲んできました。当然、巷で話題の二日酔い防止対策はあらゆるものを試したつもりです。
胃腸、食道があまり強くないので、内科医なんかにも相談しました。
今回は、のんべえの永遠のテーマであろう「二日酔い」に対して、オーツカ流の防止対策、予防法を書いていこうと思います。

予防に99%の力を注ぐ

二日酔いは予防が大切

ハッキリ言うと、二日酔いになってしまった状態では分解や代謝を上げることでしか症状を緩和できません。
そのため治療よりも予防に力を入れることが懸命です。
今回、オーツカが書く二日酔い予防の記事は肝臓の代謝を上げ、分解能力を高め、肝臓そのものの力を強くすることに重きを置いた記事です。
肝臓の代謝を上げることは二日酔い対策以外にも『肝硬変の予防』『美肌効果』『抗酸化作用』『各種ガンの予防』『心臓病や糖尿病の予防』などなど良いことづくめ。是非みなさんのこの二日酔い予防対策を知っていただきたいと思います。

どう予防するのか

そもそも日本人や中国人といったモンゴロイドはお酒の分解に関して得意ではありません。
NN型と言われるアルコールに強いタイプは日本人の約6割しかいません。
残り40%の人は高い確率で二日酔いになります。
日本酒、ワイン、ビールなどの醸造酒で二日酔いになるタイプ。ウイスキーや焼酎、ウォッカなどの蒸留酒で二日酔いになるタイプ。
はたまた梅酒や果実酒、リキュールなどの混成酒がダメなタイプと、特定のお酒が原因で二日酔いになる方もいます。

つまり、人それぞれ予防法は違うわけです。
ネットや広告で有効と言われる二日酔い解消法を試したけれど、Aさんには効き、Bさんには効かなかった、なんてことも多々あります。
タイプを見極めなければ誰にどんなものが効くかわからない。

じゃあ全部試してみたらいい

ということでオーツカが試してきたおすすめの二日酔い予防対策を順に書いていきたいと思います。
個人差はありますが、多分ほとんどの人は効くと思われるものを書いていきます。

①酔ったまま寝ない

これ重要です。多分一番重要です。
寝る=代謝活動を止める
なので、酔ったまま寝ると血中のアルコールは分解されませんし、胃の中のアルコールが逆流して食道などを痛めます。
朝起きて二日酔いだと、一日中効率が上がらず、その日をまるまる無駄にしてしまいがちです。
無理してでも水を1リットル以上飲み、酔いが覚めるまで起きていましょう。
理想は『酔ったなぁ』と思ってから4~5時間ですが、まぁ2時間くらい起きてればだいぶ違います。
もちろんその間にお酒飲んじゃダメですよ。

②即効性を望むなら牛黄(ゴオウ)

まず薬局やコンビニで売っているほとんどの商品は効かないと思ってください。
トマトジュースやら牛乳やらコーヒーも望んだ効果は得られないので却下。
ヘパリーゼの上位ラインナップは多少体感がありました(ワインボトル一本くらい空けると効果が怪しくなってきますが)。
ウコン系飲料に関しても僕は全くダメでした。濃縮とかハイパーとかいかにも効きそうな感じですが、なんかエビデンスあるんですかね?あの程度の量のクルクミンでは恐らく体感はないと思います。
ネットで話題の牛黄入りの錠剤やドリンクは体感が強かったです。
すげえ高いですけど。

錠剤ではミラグレーン、強力グッドA錠などが有名ですが、錠剤系は即効性はないのでおすすめしません。
ヘパリーゼの錠剤、ハイチオールCなどに至っては気休めにもならなかったですね。錠剤系はずーーーっと飲んでいれば肝臓が健康になってくるようなタイプなのかもしれません。ただ価格も高いし、他にもおすすめなサプリがあるので結果飲むのを辞めてしまいました。

③とにかくアミノ酸をしこたま摂取する

オーツカはジムに通っているので、プロテインをはじめサプリは結構飲みます。
現在は月1万円くらいになりましたが、20代の頃は月3万円くらいサプリに使っていました(笑)
アルコールは肝臓でアセトアルデヒドに分解されます。
ほとんどの場合分解しきれなかったこいつが二日酔いの原因になります。
つまりこのアセトアルデヒドを完全に分解してしまうことが、二日酔予防対策の極意となります。
アセトアルデヒドの分解には大量のアミノ酸を摂りましょう。ビタミンB1やマグネシウムといったミネラルも必要なのでその辺りも体内に入れることを意識しておきましょう。

体感があったアミノ酸サプリメント、そして体感があった一回分の摂取量を書きます。
各サプリの効果効能は長くなるので割愛します。
量は重要です。一回あたりこれ以下の含有量はほとんど体感は得られないと思ってください。

BCAA 2,000mg以上

Lアルギニン 500mg以上

Lオルニチン 500mg以上

Lシステイン 500mg以上

Lグルタミン 1,000mg以上

βアラニン 800mg以上

どれが一番効くかは人それぞれでしょうがBCAAが金額的にお得ですね。上記で紹介したBCAA+Gはグルタミンも入っていますし。
美肌効果、疲労回復効果なんかも期待できるのでおすすめです。
あとはタウリンや亜鉛、マルチビタミンなどは同時に摂取してもいいと思います。
個人的にはオラックのグリーンスムージーがバランス良いのでおすすめです。
マジで日本の青汁飲んでる人は即刻これに変えるくらい含有成分が魅力的。
これについてはまたどこかの記事で書こうかなぁ。

二日酔いが予防できるなら多少のお金くらい出すわ!という方は是非全部試して自分に合ったものを選んでいくのが良いです。
サプリの内容量はパッケージをよく見て、上記と比較してください。
海外サプリのほうが確実に内容量が多く、体感があります。
日本で売られている製品は含有量が少なく粗悪なものが多いです。

④シリマリン(ミルクシスル/マリアアザミ)

ミルクシスル(別名マリアアザミ)から採れるシリマリンが効く

最近の一番のおすすめはこちら、シリマリン
僕が飲んでいるのは300mg入りのやつですね。
このシリマリンというのは、ミルクシスル(別名マリアアザミ)の種から取れる活性成分です。
ヨーロッパや北アフリカ原産のキク科の植物で2000年以上間から肝障害の治療に民間療法として用いられていました。
肝炎や肝硬変を改善しGOT、GPTの値を正常化する効果があります。
このシリマリンの効能には驚きました。
オーツカの中では今までで一番体感あったかもしれません。

肝機能が正常になるんで、肌の調子もよくなります。ニキビなんかにも効果あり。
こちらも日本のものでなく海外製のサプリがおすすめです。

具体的にはどれをどう飲むのがおすすめなのか

ツラツラとたくさん書いてきましたが、オーツカ流の二日酔い対策は
お酒の飲み終わりに『あ、ちょっと酔っているな』と思ったら、インスタントのシジミの味噌汁をまず飲みます。本来オルニチンを摂ったほうが体感はあるんですが、味噌汁のほうがリラックス効果がある気がします。日本人ですなぁ。
その後にシリマリンの錠剤をと亜鉛をBCAAとグリーンスムージーで流し込みます。
(アルギニン、βアラニンを追加する場合もあります。)
あとは当然ですが、飲んでいる時から水をたくさん飲みます。寝るまでにお酒とは別に2リットルくらいは飲みます。
僕はこれで二日酔い知らずですね。

今日の飲み会はキツくなるぞーとわかっている際は先にシリマリンを1錠飲んで肝臓を活性化させておきます。
本当に二日酔い予防には重宝しますよ、こいつぁ。
是非お試しあれ。

サプリヲタとしてはもっと書きたいですがこのくらいに留めておきます。

二日酔いになりにくいウイスキーの飲み方

2016.12.17

ABOUTこの記事をかいた人

オーツカ

BARREL編集部代表。インテリアと猫が好きな筋肉質。ウイスキーを飲んでいる若者が周りに少ないと思ったので、BARRELを立ち上げました。いつでもウイスキー初心者の味方になりたいと思っています。 ウイスキー業界×インターネットで色々したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です