ウイスキーの格安試飲通販ショップ

品薄で定価上昇中のウイスキー山崎の「その次」に飲みたい銘柄

山崎の味と種類。『その次』に飲むおすすめウイスキー




品薄で定価上昇!プレミアム価格となっている山崎

昨今はジャパニーズウイスキーの筆頭である山崎が品薄状態となり、定価が爆上がりしてプレミアがついている状態です。

もともとの定価の何倍もの価格となっている山崎ですが、今後原酒が足りてきた場合にも価格は戻るのかはわからないところです。

色々な酒販店さんやバーテンダーさんに聞いても「メーカー的に上がってしまった定価は戻さないのではないか」という見方が多いようですね。

ニューリリースの価格は落ち着くかもしれませんが12年や18年、25年といったエイジドは高騰したままかもしれません。

 

さて今回は「山崎が好きなんだけど、似たような味の銘柄ってないですか?」、「山崎のあとに飲んで好みの違いがハッキリ分かるようなウイスキーありますか?」という疑問にお答えして『山崎の次に飲むべきおすすめウイスキー銘柄』を紹介していきます。

ゲストには洋酒専門店『リカーマウンテン銀座777』の新美店長を迎えております。

山崎の『次』に飲むウイスキー/似た味の傾向or比較銘柄

では、山崎と似た傾向を持っているウイスキーや比較してみたい異なるタイプのウイスキーとはどのような銘柄なのでしょう。

洋酒専門店『リカーマウンテン銀座777』の新美店長におすすめしていただきました。

オーツカ
では新美さん、山崎好きな方におすすめの銘柄を教えてください。
新美さん
はい、僕は以下を選びました。

おすすめ銘柄①:シングルモルト 宮城峡

シングルモルト 宮城峡

新美さん
サントリーは知ってるけど、ニッカウイスキーはまだ飲んだことがないという方や、スコットランドのモルトはまだちょっとハードルが高いかも…という方におすすめなのがこの「宮城峡」です。

ニッカ第2の蒸溜所でつくられる、華やかな香りとみずみずしい味わいが特徴のシングルモルトです。

同じくニッカが所有する「余市」の力強く男性的味わいに対して女性的と評され、ウイスキーに慣れていない人でも飲みやすく、飲み飽きないという特徴を備えています。

おすすめ銘柄②:バルヴェニー ダブルウッド 12年

新美さん
「グレンフィディック」の姉妹蒸溜所で同じ敷地内に建っているのがこの「バルヴェニー」です。

グレンフィディックのところで使うべきか悩みましたが、比較的購入しやすく、飲みやすい味わいの中にもしっかりとした厚みもあるのであえてここで使ってみました。

山崎蒸溜所では世界でも類を見ないほどの多様な原酒をつくっていますが、このバルヴェニー蒸溜所においてもバーボン樽やシェリー樽のみならず、ワインやポートワイン樽、ラム樽など、様々な組み合わせにより多様なモルトを生産しています。

おすすめ銘柄③:アムルット

新美さん
この記事をご覧頂いてる方の中には聞いたこともない方も多いかもしれません。

実はこのウイスキーはインディアンウイスキーなんです!

英国の酒類専門誌による2016年の調査では、世界のウイスキーの年間出荷量の上位10ブランドのうち7品が、インド企業により生産されたブランドであり“インドは知られざるウイスキー大国”として評価が高まっています。

もちろん台湾のカバランとも迷いましたが、それはマッカランのページでおすすめしました

日本で最も有名といっても過言ではない「山崎」ですが、是非インドのシングルモルトも試してみてください!

 

オーツカ
新美さんありがとうございました。

インディアンウイスキーは、ポールジョンをはじめ非常にレベルが上がってきていますよね。

台湾のカバランもそうですが、気候の違いによってインドにおける樽熟成の1年はスコットランドの3年に相当するそうです。

ニューワールドのウイスキーを今からチェックしておくのも良いかもしれません。

他にも似た傾向を持つ16の銘柄を特集しています!以下のリンクからご確認ください。

 

リカーマウンテン 銀座777店
所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目7番7号
電話番号:03-6255-1515
営業時間:11:00~翌4:00 年中無休
公式HP:https://likaman.co.jp/special/ginza777/
Facebook:https://www.facebook.com/likaman.ginza777/

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!

ABOUTこの記事をかいた人

オーツカ

ウイスキーをもっと身近に感じてほしい。小難しいウイスキーの世界を分解して、わかりやすく整理する「ウイスキーオーガナイザー」です。 まだあまりウイスキーを知らない人がウイスキーを好きになる「きっかけづくり」をできればと思っています。 日本最大級のウイスキーメディアBARRELを企画、運営、編集及びカメラマン、さらには執筆もしています。