ウイスキーの格安試飲通販ショップ

舐めるだけで二日酔い予防になる「ハチミツ」がなかなかやりおる。

はちみつ




二日酔いを短時間で治したいのなら、なにはともあれ大量の水を飲むことです。

しかし、二日酔いで胃がムカムカしていると思うように飲めないこともあります。

そんな時、ハチミツをひと舐めしてみてはいかがでしょうか。

ハチミツには二日酔いの元凶物質であるアセトアルデヒドの分解促進効果を期待できると言われています。

この記事ではどうしてハチミツが二日酔いを改善できるのか、その理由についてご紹介していきますので、ぜひ、二日酔いで辛い日の参考にしてみてください。

舐めるだけで二日酔い予防効果。「ハチミツ」の成分とは

スプーンとはちみつ

ハチミツにはさまざまな栄養素が含まれているため、普段から健康増進や美容目的で食べている方は多いかもしれませんね。

では、ハチミツに含まれているどの成分が二日酔いに効くのでしょうか?

主な成分を見ていきましょう。

ブドウ糖

ご存じの通り、アルコール成分は肝臓で分解されますが、肝臓には糖を新生して体内の血糖値バランスを整える働きもあります。

ところが、大量のお酒を飲むと肝臓はアルコール成分の処理でおおわらわの状態になり、糖の新生どころではなくなります。つまり、飲んだお酒の量が多いほどに糖の新生スピードが鈍り、それによる低血糖を引き起こしやすくなるということです。

そんな時にハチミツです。

ハチミツにはブドウ糖が豊富に含まれており、少量でも体内に取り込むことができれば素早く吸収されて、飲酒による低血糖改善効果を期待できるでしょう。

果糖

ブドウ糖とともに二日酔い改善に役立つのが果糖です。

果糖というと果物に含まれているイメージが強いかもしれませんが、実はハチミツにも多く含まれています。

果糖も糖質に含まれる成分ですが、実は果糖にはアセトアルデヒドの分解促進効果を期待できるといわれているのです。

はちみつ

とまぁこのように基本的には「糖」の補給ですね。

ハチミツは手軽に摂れる食品ですし、少量でも二日酔いの改善に役立つ便利な食品です。

また、ハチミツは種類に凝り出したらきりがない食品ではありますが、二日酔いの予防や改善に役立てる目的で選ぶのなら、アカシアやレンゲの蜜を使用した製品で十分に対応することができます。

これらの種類であれば安価な価格で入手することができますので、ご自宅に1種類用意しておくと便利ですね。

たくさんのはちみつ

ただし、あまりにも安価な製品では不純物が混入している可能性が否めませんので、このような製品は極力避けてなるべく純度が高い製品を選ぶことをおすすめします。

また、居酒屋などでお酒を飲む際には、大学芋などのハチミツを使ったおつまみを食べておくというのもいいですね。

ハチミツにはこんな効果も!

二日酔いはもちろんイヤですが、二日酔いに伴うさまざまな症状もまた、ひどいと辛さを感じることがあります。

でも大丈夫、ハチミツには、二日酔いと同時に起こりやすい症状の改善効果も期待できます。

口臭予防

二日酔いで息がくさい上司

二日酔いになると、自分の酒臭い息が気になることがありますよね?

このような状態の改善に役立つのが、ハチミツに含まれるブドウ糖や果糖です。

口内のニオイの原因になる菌(舌苔の原因でもある虫歯菌の増殖)を抑えてくれる効果があると言われています。

また、二日酔いと同時に起こりやすいのが倦怠感ですが、ハチミツにはビタミンやミネラル類も豊富に含んでいますので、二日酔いに伴う倦怠感の改善にも役立つでしょう。

腸内環境の整備

二日酔いでお腹をくだす女性

ハチミツには、腸内環境を整える働きがあるオリゴ糖が豊富に含まれています。

オリゴ糖には腸内の悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌の活動を活性化させる働きがあります。

お酒を大量に飲んで起こりやすいのが下痢の症状ですが、これはアルコール成分と水分の過剰摂取、お酒による内臓の冷えがおもな原因となって起こります。

ひどい下痢になると日常生活に支障をきたすことがありますので、普段から下痢になりやすい方は、お酒の前後にひと匙のハチミツを舐めておいてみてはいかがでしょうか。

肌荒れ予防

ハチミツに含まれるビタミンやミネラル成分は肌荒れ予防に役立つ成分です。

さらに、ハチミツにはエイジングケアに役立つポリフェノールも含まれていますので、飲酒の脱水症状による肌荒れ予防や改善効果を期待できるでしょう。

おすすめは「マヌカハニー」

マヌカハニー

上記では、アカシアやレンゲのハチミツがおすすめとご紹介しましたが、やや高額になったとしても品質が良いハチミツを選びたいという方には、マヌカハニーという種類がおすすめです。

この種類のハチミツは「マヌカの木」から採取され、希少価値が高いため、アカシアやレンゲなどの製品よりも高額です。

 

私のお気に入りがマヌカハニーでしょっちゅう食べているのですが、このハチミツにはウイルスや細菌による感染症予防効果を期待できるといわれています。

お酒を飲みすぎてエネルギーを消費するとそれだけで免疫力が低下して、風邪をひくことがあります。

しかし、寝る前にマヌカハニーをひと匙舐めておくことで、ウィルスや細菌による感染症のリスクを低減させることができます。

 

マヌカハニーは癖があって好き嫌いがはっきり分かれるかもしれません。

私は友人からの勧めでマヌカハニーを食べてみることにしたのですが、実際、慣れるまでには少々時間がかかりました。

ですが、このハチミツで感染症予防できるのならと思い、特に外気が乾燥する季節には毎日のように食べるようにしています。

そして、そのお陰かどうかはわかりませんが、飲酒後に風邪をひく確率がガクンと低くなりました。ご興味がある方は、ぜひ、マヌカハニーも視野に入れてハチミツ選びを行ってみてくださいね。

マヌカハニーで吐き気?肝臓に悪い?

マヌカハニーに関して調べてみると「吐き気」などのワードで引っ掛かってくることがありますが、マヌカハニーで吐き気の吐き気の症状が現れるといったエビデンスは見つかりません。
恐らく二日酔いの状態ではちみつを大量に食べると気分が悪くなることがあるということでしょう。

ただ、一般的なハチミツよりも強い抗菌作用があることは確かののようですので、いきなりマヌカハニーを食べることが不安なのであれば、ひとまず内科医に相談するのが賢明でしょう。

また、酒飲みにとって心配なのが、マヌカハニーが肝臓に与える影響でしょう。
しかし、他のハチミツと同様、マヌカハニーの加藤にはアセトアルデヒドの分解促進効果を期待できますので、肝臓に及ぼす悪影響についての心配はありません。

マヌカヘルスのマヌカハニーは信頼度が非常に高く、おすすめです。殺菌力、免疫力向上にかなりの効果を発揮し、風邪のひきはじめなどに摂取すれば、一発で治してくれるほど高い効果を感じている人もいます。ぜひ試してみてください。

作っておくと便利な「ハチミツレモン」

レモンスライスをハチミツに浸けてまる1日置けば、お手製ハチミツレモンのでき上がりです。
レモンに含まれるビタミンCにはアセトアルデヒドの分解を助ける働きがありますので、ハチミツの栄養成分とビタミンCを同時に摂りたいなら、ぜひ、ハチミツレモンを作っておいてみてください。

レモンをハチミツに浸けておくと、驚くほどレモンの酸っぱさが消えて食べやすくなります。

ハチミツレモンはそのまま食べるだけでなくお湯に溶かして食べることもできますので、二日酔い対策として作っておくとかなり便利ですよ。

 面倒なら、市販のハチミツレモンを購入しておいてもいいでしょう。

二日酔いで寒気がするなら「ハチミツ湯」

二日酔いと同時に起こることがあるのが寒気です。

お酒を飲んでいる間は血管の拡張によって血流が良くなり、自然に体がポカポカ温まることが多いのですが、あまり体温が高くなってしまうと、今度は体を冷やすための機能が発動します。

 そして、それによって起こるのが寒気の症状で、この症状が現れたのならハチミツをそのままお湯に溶かして飲むハチミツ湯がおすすめです。

また、その寒気が風邪によるものであった場合でも、ハチミツの殺菌力によって風邪を初期で食い止める効果を期待できます。

何も飲めない、食べられないなら「ハチミツ飴」

二日酔いでグロッキー、何も飲めないし食べられない…。

そのようなときにはハチミツ飴がおすすめです。ハチミツ飴はスーパーやコンビニでも購入できますので、二日酔いでグロッキーになってしまった時用にひとつ用意しておくと便利です。

私個人的には、扇雀飴本舗の「はちみつ100%キャンデー」がおすすめです。このハチミツ飴には余分な成分が配合されていませんので、食品添加物が心配な方にもおすすめです。

ハチミツのレシピをご紹介!

ハチミツの最もお手軽な摂取方法は、ティースプーンにとってそのまま食べるという方法です。

ですが、ハチミツが甘すぎてそのままではちょっと…という方がいるかもしれません。そのような方は、以下の食べ方を参考にしてみてください。

ハチミツ生姜茶

ハチミツとショウガのお茶

少し手間はかかるのですが、私が最もおすすめしたいのがこの方法です。

以下に「ハチミツ生姜茶」の作り方レシピを簡単にご紹介しておきましょう。

生姜1個分を薄くスライスする(皮つきでも可ですが、その場合にはあらかじめ生姜をしっかりと洗っておいてください)。

  1. 蓋つきの瓶にスライス生姜を入れて、生姜が隠れる量のハチミツを注ぐ
  2. 瓶の蓋を閉めて3~5日程度冷暗所で保存する
  3. マグカップにティースプーン2配分のハチミツを入れてお湯を注ぐ

ハチミツ生姜茶は身体が温まるだけでなく、生姜の殺菌作用による風邪予防効果も期待できますので、時間に余裕がある方は、ぜひこの方法を実践してみてください。

ちなみに、マヌカハニーをこの方法で加工すると、本来の癖がずいぶん減って食べやすくなります。

ヨーグルト+ハチミツ

とてもシンプルな方法ですが、ハチミツの成分とヨーグルトの乳酸菌を一度に摂れますので、特にお腹を下しやすい方にはこの方法がおすすめです。

ハチミツ冷水

二日酔いで喉がカラカラに乾いているときには、グラス1杯の水にティースプーン1杯のハチミツを混ぜて飲んでみましょう。

この方法は、吐き気がしてスポーツドリンクやジュースを飲めないときには特におすすめです。

ハチミツを食べて、二日酔いを吹っ飛ばしてみてください。

悪酔い防止、肝機能の数値が気になる方はサプリを摂ろう

BARREL編集部では「毎月、肝臓投資」「内臓をキレイに」をテーマに、二日酔いをはじめとした疲れやだるさ、睡眠不足や肌荒れの解消を目的として100記事以上の記事を書いてきました。

毎月、科学的根拠に基づいた改善方法や民間療法、さまざまなサプリメントなどを試しています。

悪酔い防止や内臓疲れ対策には、定期的な休肝日と事前のサプリメント使用が効果的。

よくお酒を飲む、朝がツライ、肝臓の数値がちょっと心配、という人のためにサプリを網羅した記事を書いてます。参考にどうぞ。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!