ウイスキーの格安試飲通販ショップ

ウイスキーロックグラスおすすめ10選。自宅用&プレゼント用

ウイスキーロックグラスおすすめ10選。自宅用&プレゼント用
オーツカ

これまで、ウイスキーをストレートで楽しむテイスティンググラスはたくさん紹介してきました。

今回はオン・ザ・ロックで楽しむロックグラス(オールド・ファッションド・グラス)のおすすめを書いていきましょう。

選び方のポイントから、自宅用、プレゼント用、高級品、格安品などジャンル別に書いていきたいと思います。

ロックグラスの選び方

①250~350ml程度で口径が広いもの

目安はだいたいこの容量です。oz(オンス)だと10oz前後。
ロックグラスに第一に求められる条件は、溶けにくい丸氷がすんなり入るということ。口径が広いものを選びましょう。

②デザイン

第二にデザインです。

「あらゆる酒の中ではウイスキーのオン・ザ・ロックが視覚的にいちばん美しい」

と村上春樹氏が小説でも書かれたように、造形美はそのおいしさを何倍にも引き上げます。気分を盛り上げる装飾のものを選びましょう。

なお、ウイスキーは色も楽しむものなので、色のついたグラスよりも透明なものを選んだほうが無難です。

③材質

第三は素材です。
②のデザインにも通ずる部分がありますが、素材によって、耐久性や重量、造形などが変わってきます。

一般的なのはクリスタルガラス、強化ガラス、ソーダガラスなど。

食洗器に対応したタイプもありますが、作りがチープなものも多いです。透明感や輝きなどを優先する場合はクリスタルを選びましょう。

④扱いやすさ

第四は扱いやすさや取り回しの良さ。

軽いから良い、重いから悪いというのはありません。

軽いものは持ち上げやすく疲れにくいですが、破損しやすいです。そして高級感がありません。
反対に重いものはクリスタルガラスを採用しているものが多く、重厚感があり、耐久性があります。

僕は飲むウイスキーによって使い分けており、ボディの厚いものやバーボンは重量感のあるグラスで飲むことが多いです。

⑤飲み口の厚さ(リム)

一応書きましたが、あまり考えなくてよいです。

テイスティンググラスもそうでしたが、飲み口が薄いもののほうが口当たりがよくなります。

ロックにすることによりウイスキーはよく冷えていて、飲む際に氷も唇に当たるので、リムの厚さはあまり気になりません。

そもそもウイスキー愛好家たちはストレートで飲むことも多いので、ロックグラスのリム部分の厚さはさほど関係ないように思えます。

キキ アロマグラスベーシック KYKEY AROMA GLASS BASIC

まずはここから!格安お手頃なロックグラス

シェフ&ソムリエ オープンナップ スピリッツ

グレンケアン クリスタルロック

ダ・ヴィンチクリスタル カラーラ

機能美と造形美!ロックグラス入門

木村硝子店 COMシリーズ crumple

カガミクリスタル ロックグラス 校倉(クリア)

生涯を添い遂げるグラス ロック トランスペアレント

プレゼント用・本格派

バカラ マッセナ

カガミクリスタル ロックグラスクリア320cc

松徳グラス ロックシリーズ

まとめ

キキ アロマグラスベーシック KYKEY AROMA GLASS BASIC

ロックグラスとひとことで言ってもその姿は多様にあり、サイズや素材、デザインなど、ネットショップで探しているだけでも時間を忘れて目移りしてしまいますね。長いことウイスキーを嗜んでいると、ついついグラスを買い集めてしまいがちで、僕もかなり数を所有しています。

造形がよく、使い慣れたロックグラスはまさに相棒。

自身の手の中にしっくりと納まる相棒を探し出してみてください。

またロックグラスに限らず『ウイスキーグラスを選ぶ条件』をまとめた記事も用意してます。こちらも併せてチェックしてみてください。

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!