スーパープレミアムバーボン「ウッドフォードリザーブ」味や評価レポート

スーパープレミアムバーボン ウッドフォードリザーブの魅力に迫る

どうもオーツカです。
前回のジャックダニエルのイベント『JACK DANIEL’S Experience 2017 Japan』に引き続き、アメリカンウイスキー『ウッドフォードリザーブ』を学ぶセミナーに行ってまいりました。このウッドフォードリザーブは「クラフトバーボン」や「スーパープレミアムバーボン」に格付けされているバーボンで、こだわった製法と高級感のあるビジュアルが印象的な銘柄です。

セミナーには各メディアさんがたくさん来てました。これもひとえにアサヒの広報八重川さんの人望ですかね。素晴らしい。
僕は個人で行ってますし、カメラもしょぼいんでなかなかうまいこと撮影はできません(笑)
あぁ、一眼レフ買いたい!明るいレンズが欲しい!
プロライターでもないですし、精鋭を擁している他メディアさんには記事のクオリティでは敵わないかもしれません。

ですが。

僕が一番ウイスキーを、そして、ウッドフォードリザーブを愛している自信があります(笑)

自宅でも飲んでるウッドフォードリザーブ

自宅でもたくさん空けてます。ウッドフォードリザーブ。ロックで飲むことが多いですね。

なぜなら、個人的にリピート4本目だからね!
なので今回も泥臭く、生々しくいきます。

BARRELの読者的に知りたいのは『で、そのウイスキー美味しいの?』とか『そもそもスーパープレミアムバーボンってなに?』とかそういったところかと思います。
父の日のプレゼントの記事にも書きましたが、ウッドフォードリザーブは贈り物にも最適なので是非読んでいってくださいませ。

くらふと?すーぱーぷれみあむ?

クラフトとはなにか

クラフトビール、クラフトジン、クラフトワインにクラフトチーズ。クラフト。。。クラフト。。。
このクラフトという枕詞が国内外で多く叫ばれるようになって久しいですね。
そもそもこのクラフトってどんな意味なのでしょうか?
辞書には“手芸品”“民芸品”などと掲載されています。
“クラフトマンシップ(職人芸)”なんて使われ方、見たことあるんじゃないでしょうか。
これは小規模(スモールバッチ)で、高品質で、手造りにこだわり、大切に作ってますよという意味です。
日本でも最近「丁寧な暮らし」「地産地消」みたいな世界観が流行ってますよね。

バーボンの中のクラフトって?

バーボン業界でも”クラフト”の使われ方は同じです。
小規模でこだわって作ってるバーボン。
しかしそこに明確な基準はありません。(年間38万プルーフリットル以下の生産者を”クラフト”と定義する業界団体もいますが、この定義もあまり意味を持ちません。)
現在アメリカでは、バーボンのクラフト革命が起こっており、次々とバーボンの蒸留所が立ち上がっています。大小含め600を超える蒸留所がひしめいており、バーボンづくりにしのぎを削っているのです。
しかし新蒸留所の中には質の悪いバーボンをこしらえる業者も多く、”クラフト”が宣伝文句として使われているだけの蒸留所も多いと聞きます。ただの流行語、バズワードとして”クラフト”が使われているのは残念なことですね。
なので小規模蒸留所=クオリティが高いわけではないのです。

ではスーパープレミアムバーボンウイスキーとはなんぞや

さらにこのウッドフォードリザーブには、「スーパープレミアムバーボン」という仰々しい呼称がついているのですが、その定義や基準はなんなのか?
こちらも”クラフト”と同じように明確な基準はありません。
まぁ、ハイパーメディアクリエイターと似たようなもんでしょうか。
以下の図を見ると、”スーパープレミアムバーボン”がどんなものなのかうっすらと見えてきます。

アメリカンバーボンウイスキーの販売額

Super Premiumめちゃくちゃ売り上げが伸びてますね。しかし僕が知る限り”スーパープレミアム”と名乗っているバーボンの種類は数種類です。
これだけの売り上げを数種類で確保できる…そう、これは単価が高いということなんですね。
“スーパープレミアムバーボン”の基準はだいたい実売価格が5,000円以上です。
他にもラベルに蔵出し日や倉庫番号が書いてあるとか、6年以上熟成されている(であろう)とか蒸留所によって基準はまちまちなのですが、今のところは、価格で判断するのが一番わかりやすいでしょう。

ミクターズというバーボンに至っては”ウルトラプレミアムバーボン”という売り文句をつけてるくらいですから、呼び名は各社のブランディング次第でどうとでもつけられるのが現状です。

ウッドフォードリザーブの魅力とは?

長々と書いてきましたが、何を言いたいのかというと「呼称」などはどうでもいいというこです。
バーボンを飲む際、各社のマーケティングに騙されてはなりません。大切なのは【作り手が飲み手に素晴らしい体験を与えられるかどうか】、これに尽きます。まずはウッドフォードリザーブがどんなこだわりを持っているのか、ざっと解説です。

厳選された原材料

仕込み水にはライムストーンウォーターという天然石灰岩で濾過された湧水を使います。硬度は恐らく300以上でしょう。かなりの硬水ですね。
穀物の含有比率はコーン72%、ライ麦18%、大麦麦芽10%と一般的なバーボンと比べるとややライ麦が多いですね。キレがよくスパイシーな味わいになりやすい比率かと思います。

こだわりの製造方法

伝統的な木樽を使って発酵

昔ながらの木桶の発酵槽を使い、発酵を行います。木の発酵槽は温度の管理などが難しい反面、乳酸菌などの菌が繁殖しやすくなります。桶の素材はフロリダ産の杉の木(糸杉・サイプレス)。発酵期間は6日。これはバーボンとしてはかなり長い期間です。保温性に優れる木桶で菌を活性化し、長期間発酵させることで奥深いフレーバーと複雑なボディを生んでいるのだと思います。
バーボンでは珍しいポットスチル蒸留です。恐らく大手ではここのみ。3基のポットスチルで3回蒸留を行います。スコッチのオーヘントッシャンやアイリッシュウイスキーの幾つかの蒸留所で用いられている3回蒸留。雑味を減らし、クリアでライトな酒質になります。

熟成もユニーク

石造りの貯蔵庫

熟成する樽に約10分ほどトースト(火であぶる)をした後、45秒のチャーリング(内側を焦がす作業)を施します。なお、チャーは天板と底板のみ。ワイルドターキーやノブクリークほど樽を焦がさないわけです。つまり樽の燻製香やバニラの香りは弱いはずです。
貯蔵庫は石造りで、ヒーターなどを使い寒暖差を人工的に作り出します。熟成期間は非公開です。

気になる味は?

一言で言うと

軽奥ゆかしい

です。
香りはバーボン特有のハチミツ、バニラを感じさせますが、どちらかというとフルーティーな印象。樽の焦がしが少ないからか、刺々しくない。んで、やはり3回蒸留の特徴は出てます。非常にクリアで飲みやすい。キレがあり、コショウのようなスパイシーな後味があります。
驚きなのは味の層の厚さ。ボディが重いというイメージではなく、レイヤーが多いといった複雑さがあります。
薄く重なるミルフィーユのようなフレーバーが、何層にも厚みをつくっています。これ熟成何年なんでしょう、4年くらいかなぁ。驚きですね。

この軽い飲み口と、控えめですが奥ゆきのあるフレーバー。『軽奥ゆかしい』というまるでギャルが白無垢を着ているようなアヴァンギャルドな味になるわけです。
何度も飲んでますし、BARRELでも何回かペアリングに登場していますが、クオリティは高いですね。

カクテルベースとしても優秀

ウッドフォードリザーブはアメリカのビッグイベント、『ケンタッキーダービー』のオフィシャルバーボンに認定されており、会場で販売される『ミントジュレップ』や『オールドファッションド』などのベースとしても使われています。
世界中のバーテンダーからもこの繊細でいて骨太、多彩で力強いフレーバーが気に入られ様々なバーボンカクテルに使われているみたいですね。
今回のセミナーでもウッドフォードリザーブをベースに使った二種類のカクテルを振舞っていただきました。非常になめらかでコクのあるカクテルでした。

ミントジュレップ
抹茶のオールドファッションド

料理とのフードペアリング

今回セミナーではウッドフォードリザーブに合うおつまみということで、3つの料理とのフードペアリングを披露していただきました。
飲み方はロックでいただきましたが、どれも美味しかったです。お家でも試しやすい定番のマリアージュだと思うので簡単にですがご紹介しておきます。

『ウッドフォードリザーブ』× パルミジャーノ・レッジャーノ

パルミジャーノ・レッジャーノ

うちのライターも『チーズとのマリアージュの記事』で書いてましたが、そう、パルミジャーノにはローランドモルトなどのドライでライトなウイスキーが合うんですね。3回蒸留を行っているウッドフォードリザーブならサラリとしたドライな飲み口でパルミジャーノの塩気と旨みを引き立ててくれます。

『ウッドフォードリザーブ』× 赤身肉

バーボンと言ったら赤身肉。脂身の少ないローストビーフなどはバーボンとの相性は最高ですね。赤ワインもよいですが、ロックでちびちび赤身肉をつまむのも悪くないです。

『ウッドフォードリザーブ』× ドライクランベリー

barに行くとよくナッツとセットで出てくるクランベリー。酸味と甘みはバーボンを引き立てます。抗酸化作用が高く、肝臓の働きを促進させる効果もあるようですね。

父の日の贈り物にも

ウッドフォードリザーブが父の日の贈り物に最適なのは、その美味しさはもちろん、”ウイスキーを飲みなれていない人も楽しめる”ことです。
つまりはプレゼントを渡す息子さん、娘さんがウイスキーに慣れていなくても、一緒に楽しめる方法があるということですね。角砂糖(もしくはシロップ)とミントさえあれば、自宅でも簡単に『ミントジュレップ』が作れますから、お父さんと一緒に語り合う時間もプレゼントできるというわけです。

ウッドフォードリザーブには更に上位ラインナップにあたる『ダブルオークド』やライ麦の比率を53%に上げた『ライ』などが存在します。
スタンダード商品を試してみて気に入ったら是非試してみると良いでしょう。

ウッドフォードリザーブ ダブルオークドダブルオークドは熟成を終えたウッドフォードリザーブをさらに12カ月、アメリカンホワイトオークの新樽で寝かせた、より深みのある逸品。柑橘、ナッツなどのフレーバーがさらに強くなっている。
ウッドフォードリザーブ ライウッドフォードリザーブ ライはその名の通りライ麦の比率を上げ、スパイシーで香草のような風味を感じさせる。幾重にも続くウッドフォードリザーブの多層感は継承しつつ、後味のキレはさらに増している。

最新鋭のバーボンの明日はどっちだ

現在のバーボン業界は工程の合理化が進み、画一的な手法が導入され、技術は集約されつつあります。特に大手は顕著です。
さらに、新蒸留所が数多く立ち上がり、最高のバーボンなど出荷せずともマーケティングさえうまければ売れるという事実さえあります。
しかし、ウッドフォードリザーブの手間のかかる製造方法は、そんな時代に逆行しているようにも見えます。
“クラフト”だから良い。
“プレミアム”だからすごい。
ではないのです。
重要なのはそんな時代の中でふとするとこぼれ落ちていってしまう”情熱”を拾い上げるようなウイスキーだと僕は信じています。
それは確実に飲み手に伝わり、大きな宣伝効果を呼ぶでしょう。

ウッドフォードリザーブ蒸留所

 

ABOUTこの記事をかいた人

オーツカ

ウイスキーをもっと身近に感じてほしい。小難しいウイスキーの世界を分解して、わかりやすく整理する「ウイスキーオーガナイザー」です。 まだあまりウイスキーを知らない人がウイスキーを好きになる「きっかけづくり」をできればと思っています。 日本最大級のウイスキーメディアBARRELを企画、運営、編集及びカメラマン、さらには執筆もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です