ウイスキーの格安試飲通販ショップ

アードベッグはSFグラフィックノベル限定発売!その名も「プラネット・アードベッグ」

アードベッグが、3人のアーティストと提携し、同社初のSFグラフィックノベルを制作しました。

「プラネット・アードベッグ」は40ページのSFアンソロジー。

この小説は、アードベッグ10年、アードベッグ・アン・オー、アードベッグ・ウィー・ビースティーの3つのウィスキーの味と起源にインスパイアされています。

参加しているアーティストは、ニューヨークの漫画家Ronald Wimberly氏と、アーティストEmma Ríos氏、Sanford Greene氏。

Sanford Greene氏が描くアクション満載の「Guardians of Oa」は、ウイスキー「An Oa」の「丸みのあるバランスとスモーキーな力」に触発され、怪物的な生物から攻撃を受ける銅の町を描いています。

一方、Ronald Wimberly氏の「The Best Laid Schemes」は、ウィービースティーの「気迫と手ごたえのあるフレーバー」をベースにした、巨大な植物と獣が登場するネオ・ウェスタンです。

Emma Ríos氏は、10年物のアードベッグの「ピート香のエッセンス」を「Take it with a Grain of Sand」で表現し、時が止まった土地での神秘的な探求を語っています。

蒸溜所マネージャーのコリン・ゴードンは、次のように述べています。

「アードベッグのさまざまなスモーキーな特徴が、グラフィック・ノベルの形で命を吹き込まれるのを見るのは素晴らしいことです。プラネット・アードベッグ』の各ストーリーは、想像力と創造性に満ちあふれています。世界中のアードベッグファンの必読書です。」

プラネット・アードベッグは、蒸留所のビジターセンター、一部のコミックブックショップ、そして一部の市場ではArdbeg.comのオンラインショップで購入することができます。

また、アードベッグコミッティメンバー限定で無料のデジタル版も提供される予定です。

また、2022年10月には英国で「プラネット・アードベッグ」キャンペーンも行う予定とのこと。キャンペーンの詳細は、今後数週間のうちに明らかにされる予定です。




「ショットグラスの有用性」とは?

ウイスキーブランドKYKEYの第二弾グラスは「ショットグラス」。その造形美と機能美を確認して欲しい。