ウイスキーの格安試飲通販ショップ

【専門サイト監修】母の日にプレゼントしたいおすすめウイスキー/ギフト/贈り物/お酒好き女性にも!

成人式や就職/入社/転職祝いにプレゼントしたいおすすめウイスキー/ギフト/贈り物




母の日のお酒のプレゼントは決まりましたか?

ウイスキーのプレゼントを検討しているあなた、今回も日本最大のウイスキー専門メディア「BARREL」にご提案させてください。

今回は「母の日にプレゼントしたい」、そして「お酒好き女子に贈る」ウイスキーということで、主に女性に喜ばれるお酒についてご紹介していければと思います。

我々はこのウイスキーメディアだけでなく、ウイスキー専門ショップも運営しているので、他社とはひと味違う提案をしてみせます。

3,000円~10,000円くらいでとっておきのウイスキープレゼントを見つけましょう。

母の日のプレゼントにおすすめのウイスキー

まずは母の日にプレゼントしたいウイスキーギフトから。

母の日ができたのは20世紀初頭。

当初は自分を苦労して育ててくれた亡き母への感謝の気持ちを表す日だったそうで、プレゼントするカーネーションも白が主流だったそうです。

100年経った今、母の日はずいぶん様変わりしました。花だけでなくお酒をプレゼントする方も増えましたね。

統計を見る限り母の日のプレゼントの相場第一は3,000円~5,000円とのこと。

この辺りの予算冠で選んでいきましょう。

ちなみに、あなたのお母さんが普段ウイスキーを嗜むかどうかでおすすめできるブランドは大きく異なります。

まずは味わいのパターンを分けて、

  1. フローラルでクッキーのような甘い麦感のウイスキー
  2. オレンジやライムなどの柑橘フルーティウイスキー
  3. クセのあるビターでスモーキーなウイスキー
  4. ウッディでバニラやキャラメルの味がするウイスキー

の4種を紹介します。

①偉大なる妻であり母「カーデュ」

母の日・お酒好き女性のウイスキープレゼントギフトにカーデュ

カーデュはスペイ川中流域、マノックヒルの丘の上に建つ蒸留所で、主にスペイン向けにつくられているウイスキーです。

日本ではややマイナーなウイスキーで母の日のプレゼントに取り上げているメディアはほとんどないですが、このウイスキーには偉大なる二人の女性のエピソードがあります。

創業者のジョンカミングの妻ヘレンは「肝っ玉かあさん」と呼ばれる女傑でした。

当時のスコッチウイスキーは農閑期の副業として盛んに行われていたので、大半の農家は内緒でウイスキーをつくっていました。つまり密造です。

カーデュを創業したジョン・カミングもご多分に漏れずこっそりとお酒をつくっていました。

当然ながら密造を取り締まるため政府の査察団が頻繁にやってきます。

しかし妻のヘレンは慌てるどころか査察団に進んで宿を提供し、手厚くもてなします。

彼らがヘレンの料理を食べている間に納屋に向かって猛ダッシュし、屋根の上に合図の旗を掲げては仲間に査察団が来たことを知らせるという胆力の持ち主でした。

肝が据わってますね。

ヘレンのおかげで周囲の密造者たちは何度も危機を救われたそうです(夫は3回も検挙されたそうですが笑)。

さらにその女傑の魂を引き継いだのがヘレンの息子ルイスに嫁いだエリザベスでした。

彼女はルイスの死後、蒸留所を任されると当時の女性としては珍しいほどの経営手腕を発揮。

敏腕経営者として「カーデュ」を一気に拡大し、その名声を不動のものとしました。

エリザベスは当時「ウイスキー産業の女王」とまで呼ばれたのです。

このように一族の偉大なる二人の女性によって支えられたカーデュは、豊かで甘いフローラルな香りをまとい、なめらかでやさしいライトな味わいはウイスキー初心者にもピッタリなウイスキーとして現在も愛されています。

②ラベルデザインが美しい「グレンモーレンジィ」

母の日・お酒好き女性のウイスキープレゼントギフトにグレンモーレンジィ オリジナル

上記で紹介したカーデュも非常に飲みやすいウイスキーですが、このグレンモーレンジィも柑橘系のフルーティーさとスムーズな口当たりが特徴で、甘みの中に少しの酸とシナモンスパイスのアクセントを持つ女性的なシングルモルトです。

ウイスキービギナーやあまりお酒を飲み慣れていない女性の方にもとてもおすすめです。

さらに「グレンモーレンジィ」は実はルイヴィトン有するLVMHが所有するウイスキーブランド。

その流線型のフォルムが美しいボトルデザインはまるで香水の瓶のよう。

母の日のプレゼントにも最適なウイスキーです。

3ピースセットで色々と味比べをしてみるのもよいと思います。

より予算がある方はワンランク上の18年シグネットもおすすめです。

③アイラ島の女王「ボウモア(ダーケスト)」

母の日・お酒好き女性のウイスキープレゼントギフトにボウモア 15年 ダーケスト

ボウモアはアイラ島に蒸溜所をおく歴史あるシングルモルトウイスキー。

アイラ島でも最古の蒸溜所として有名で、1779年から稼働しています。

ボウモアの特徴はアイラモルトならではのピーティかつスモーキーな香り。そして蜜のような甘みを併せ持つこと。

アイラモルトの中では女性的な味わいで、「アイラモルトの女王」とも呼ばれています。

煙たいだけでなく、口に含むと蜂蜜のような甘みやグレープフルーツの皮のようなビターさも感じることができます。

ロックはもちろん、水割りやハイボールにしても決して腰砕けにならずどんな飲み方でも楽しめる、多様性に富んだボトルです。

母の日のプレゼントにおすすめなのはこちらのダーケスト。

ドライフルーツやダークチョコレートのアロマとあたたかみのある力強いフィニッシュが母親のイメージとリンクします。

④母への愛と感謝を表す「フォアローゼズプラチナ」

母の日・お酒好き女性のウイスキープレゼントギフトにフォアローゼズ プラチナ

赤いバラ花言葉は「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」。

バラのコサージュが印象的な「フォアローゼズ」も母の日のプレゼントにおすすめのウイスキーです。

「フォアローゼズ」はアメリカンウイスキーの本場、ケンタッキー州にて作られるバーボンウイスキー。

長期熟成原酒の中から6〜7種類をベースにブレンドしている為、ブランデーやコニャックのようなスイート、フルーティさを感じます。

香りは落ち着いたバニラ、カラメル、ほのかな溶剤。

口に含むと唾液で一気に開くような感覚でドライフルーツ、ニッキ、完熟のイチヂクの甘み、最後にブドウの皮のような心地よい酸味とオークの余韻。

日本人の好みにドストライク。極めてリッチでスイートなボトルで、本当にバーボンなのか?とラベルを見返す方もいるかもしれません。

愛と感謝を伝える大切な日にバラのウイスキーをお贈りください。

5,000円のスペシャル母の日ギフト!

オリジナルスペシャルギフト

父の日ウイスキースペシャルセット

5,000円くらいで詰め合わせのオリジナルプレゼントを贈りたい!という要望にお応えして、母の日のプレゼントにおすすめの5,000円(税抜)セットをつくりました。

18年の長期熟成スコッチウイスキー2品と、プレミアムバーボンウイスキー1品、合計3種類100mlずつセレクトしたプレゼントギフト。

上記で紹介したボウモアやフォアローゼズも入っているお得なプレゼント。

専用ギフトボックス2種類から選択可能。

購入された方にはイラストレーターが描き下ろした「限定オリジナルアートカード」を封入いたします。詳しくは↓から。

 

お酒好きな女性のプレゼントにおすすめなウイスキー

続いてお酒が好きな女性にプレゼントしたいストーリー性の高いウイスキーをご紹介していきます。

お母さんだけでなく、友人や職場の同僚にもプレゼントできる価格・デザイン・おいしさの3拍子揃ったウイスキーたちです。

飲みやすく詩的な佳酒「ライターズ・ティアーズ」

母の日・お酒好き女性のウイスキープレゼントギフトにライターズティアーズ

「作家の涙」の異名をとるアイリッシュウイスキー。

アイルランド文学といえばバーナード・ショーをはじめジョナサン・スウィフトやイエーツ、ジョイス、シングなど錚々たる作家陣が揃っています。

作家は仕事に行き詰った時にウイスキーを求める。 苦悩によって流される作家の涙はウイスキーで出来ている」という由来でこのネーミングだとか。

味わいはりんごのコンポートのバニラアイスがけ。

やさしいスパイスとショウガが香ります。後半はビターなチョコレートのニュアンスも。

クリエイティブなお仕事をしている女性や、仕事に行き詰っている女性にプレゼントするのもよいと思います。

一緒に飲んで、語って、気持ちをふっと解きほぐしてあげてください。

猫好き女子にはこちら「クライヌリッシュ」

母の日・お酒好き女性のウイスキープレゼントギフトにクライヌリッシュ14年

猫好きの女性にはこちらのウイスキーがおすすめ。

ヤマネコが描かれたラベルが特徴のクライヌリッシュ。とっても可愛いパッケージで女性にはぴったり。

このヤマネコは「ハイランドタイガー」とも呼ばれており、ハイランド山中に今でも生息している山猫(ワイルドキャット)です。

クライヌリッシュ蒸溜所はドーノック湾の北側に面した街、ブローラのはずれに位置します。

領地で取れる大麦の大量消費と密造酒対策を理由に、スタッフォード伯爵(のちのサザーランド公爵)の命により、1819年に建てられました。

このサザーランド公爵の副紋章がヤマネコなのでこのラベルデザインになったということです。

香りは豊で甘くフローラル。花の蜜のようなうっとりする香りはクライヌリッシュ特有といえるでしょう。

味わいはハチミツをたっぷりかけたハニートースト、コンデンスミルク、洋ナシ、ドライフルーツ。

シルクのようななめらかなコクと徐々にはじけるスパイシーさが特徴的です。

小さな魔女のつくる美酒「モートラック」

母の日・お酒好き女性のウイスキープレゼントギフトにモートラック12年

モートラックはスコットランドのスペイサイド地方、蒸溜所が点在することで有名な「ダフタウン」に蒸溜所で製造されるシングルモルトウイスキーです。

他の蒸溜所と一線を画すリッチで重厚な独特の風味を持ち、一時はあのマッカランよりも人気を誇りました。

使用しているポットスチルのひとつにウィー・ウィッチ(小さな可愛らしい魔女)と名付けられたものがあり、この魔女がモートラックの個性をつくり上げていると昔から信じられてきました。

その味わいはと言うと、レモン、シトラス、グレープフルーツなどの柑橘系フルーツの香りとハーバルな香草のアロマ。

スモーキーで植物感の強いフレーバーで、針葉樹やローズマリーのような風味を持っています。

ウィー・ウィッチ(Wee Witchie)のような場の空気をまとめあげる個性的で目立つお酒好き女性にプレゼントしたいものです。

愛に生きた悲恋の女王「ハイランドクイーン」

母の日・お酒好き女性のウイスキープレゼントギフトにハイランドクイーン1561

馬に乗った女性のエンブレム、スコットランド女王「メアリー・ステュアート」が由来の隠れた名酒です。

メアリーは生後6日でスコットランドの女王となり、6歳でフランス皇太子と婚約した稀代の女王。

ラテン語の読み書き、詩作、音楽、舞踊、スポーツや狩猟の能力に加え、生まれついての美貌、服装の着こなし、品の良さなどどれをとっても素晴らしい王妃でした。

1567年に夫のダーンリーを暗殺した嫌疑で国を追われ、逃亡先のイングランドでエリザベス暗殺未遂の嫌疑をかけられ1587年に処刑されます。

古くから戯曲や小説の題材にされているだけでなく、21世紀に入ってからもドラマや映画の主人公として描かれています。

ウイスキーは1万円前後の隠れた名品として名高くグレンマレイをキーモルトに、1982年蒸溜のモルトウイスキーと1978年と1979年蒸溜のグレーンウイスキーをブレンドしたのち、シェリー樽で6ヶ月間の追加熟成した手の込んだアイテム。

モルトウイスキーの割合が75%と高く、バタースコッチやアップルパイ、シナモンのアロマが特徴的。

スムースでいてスイート、非常に飲みやすくて30年ものの割にコストパフォーマンスも良好。

プレゼントした方から「飲んだことない!」や「こんな長熟スコッチ高かったでしょう!?」というセリフが聞けるかもしれません。

10,000円のプレミアムセットやオリジナルウイスキーも多数扱っています

10,000円出せるならプレミアムウイスキーギフト!

オリジナルプレミアムギフト

プレミアムウイスキーセット

上記で紹介した5,000円のスペシャルセット以外にも、10,000円のプレミアムウイスキーセットもあります。

誰が飲んでも間違いない「外れナシの三本」。

お酒が好きなお母さんや、ウイスキー好きの女性には絶対に喜ばれるラインナップです。

最高峰のスコッチウイスキー2品と、スーパープレミアムバーボンウイスキーを1品、合計3種類100mlずつセレクトしたプレゼントギフト。

専用ギフトボックスは2種類から選択可能。

購入された方にはイラストレーターが描き下ろした「限定オリジナルアートカード」を封入いたします。
飲んで楽しむだけでなく、形で残る想い出としても最適です。

 

自分で銘柄を選びたい人はこちら

母の日・お酒好き女性のウイスキープレゼントギフトにウイスキーオリジナルギフト

 

ご自分で好きなウイスキーを選んでいただいて、ギフトボックスに入れることも可能です。

アートカードは付属しませんが、自由な組み合わせが選べるのでオリジナリティ溢れるギフトをつくることができます。

その場合は100mlの商品を3本選び、こちらからギフトボックスをカートに入れましょう。

 

今回は母の日にプレゼントしたいおすすめのウイスキー特集してみました。

昨今「わたし、ウイスキーが好きなんです!」と公言する女性も増えてきました。

巷では「モルト女子」と呼ばれるウイスキーギークな女性も増えてきているようで、ハイボールブームや、低糖質ブームが需要を後押ししているように思えます。

節度を守りながら、楽しんでウイスキーを嗜む女性が増えることを切に願います。

ウイスキーと一緒にグラスのプレゼントはいかがでしょうか?
こちらでも特集しています。

飲みくちが変わるウイスキーグラスのタイプ

ウイスキーはどんなグラスで飲めば良い?飲み口が変わるおすすめグラスの選び方

2017年8月17日
ウイスキーストレートのテイスティンググラス

ウイスキーをストレートで楽しむ、”至高”のテイスティンググラス。おすすめはこれだ!

2020年2月20日

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!

ABOUTこの記事をかいた人

オーツカ

ウイスキーをもっと身近に感じてほしい。小難しいウイスキーの世界を分解して、わかりやすく整理する「ウイスキーオーガナイザー」です。 まだあまりウイスキーを知らない人がウイスキーを好きになる「きっかけづくり」をできればと思っています。 日本最大級のウイスキーメディアBARRELを企画、運営、編集及びカメラマン、さらには執筆もしています。