ウイスキーの格安試飲通販ショップ

ジョニーウォーカーグリーンラベルをフカボリ!/味・飲み方・評価評判・オールドボトル

ジョニーウォーカーグリーンラベルをフカボリ!




オーツカ
今回は再発売して根強い人気がある「ジョニ緑」ことジョニーウォーカーグリーンラベルを深掘りしていきます。なお、ジョニーウォーカーを詳しく知りたい方はこちら

ジョニーウォーカーグリーンラベルの味わいについて

香り

青りんご、洋ナシのようなフレッシュなフルーツの香りがあります。

樽由来のバニラ香、ウッディーで、アーモンドのような香ばしさもあり、やさしくスモーキーな余韻を感じます。
多くの種類のアロマを感じることができ、香りが豊かです。

味わい

モルティーでクリーミーな甘みがあり、まろやかです。

樽香が豊富で、干し草、蜂蜜のような印象を感じます。

余韻は中程度で、ボディはやや軽めですが、甘さとドライさが絶妙な味わいです。

総評

フルーティーでフローラルなウイスキーだと飲んだ瞬間にわかります。

しかし、飲んでいくうちに、モルティーで香ばしい風味と、樽香のボリュームのある味わいも確認できます。

フィニッシュから余韻にかけては徐々にスモーキーさが染み出し、飲み続けることで、次々とフレーバーが入れ替わるのは、多彩なモルト原酒がブレンドされていることを物語ってる商品といえるでしょう。

欠点は、加水に対してはやや弱い所。
ソーダや水割りにすると、飲みやすくはなるかもしれませんが、このウイスキーの長所が活かしきれずに終わってしまいます。
その結果、ストレートで飲んだ時とは違う、やや物足りない印象を受けるかもしれません。

ジョニーウォーカー グリーンラベル15年

ジョニーウォーカーグリーンラベルの原酒(キーモルトについて)

ジョニーウォーカーグリーンラベルのキーモルトはタリスカー(アイランズ・スカイ島)、リンクウッド(スペイサイド)、クラガンモア(スペイサイド)、カリラ(アイラ島)の4つです。

その他、さまざまな蒸留所から 15年以上熟成の原酒を集めてブレンドしています。

原酒にグレーンウイスキーが入っていない、ブレンデッドモルトウイスキーです。

ジョニーウォーカーグリーンラベルおすすめのおいしい飲み方

オーツカ
グリーンラベルを飲むならこんな飲み方がおすすめ!

ストレート

15年以上熟成したモルトウイスキーをブレンドした豊富なアロマを感じられます。

しかし、グリーンラベルはジョニ赤・ジョニ黒と比べると、加水に対しての耐性が弱く、ウイスキー全体のボディが崩れて飲みごたえに欠けてしまうので、ストレートでゆっくりと嗜むのがベストでしょう。

ストレートだとどうしてもキツイという方には、この後ご紹介するトワイスアップをおすすめします。

トワイスアップ

ウイスキーと常温の水『1:1』でつくるトワイスアップは、ウイスキーのブレンダーが採用する、「最も香りを感じることができる飲み方」です。

グリーラベルの特徴である、モルト原酒を由来とする華やかな香りを思う存分愉しむことができます。

初めから割ってしまうのではなく、まず最初はストレートで一口。
その次に数適の水を加水してテイスティングし、最後に残ったウイスキーと同量の水をいれて完成させます。
ストレートの時に感じる香りと、トワイスアップになった後の香りを比べて飲むのがおすすめです。

ウイスキーの格安試飲通販ショップ

新商品やバリエーション

オーツカ
グリーンラベルの新商品やこれまで発売されたボトルについて。

ジョニーウォーカー ピュアモルト15年

ジョニーウォーカー ピュアモルト15年

1997年に親会社であるディアジオ社の発足に合わせて発売された「グリーンラベルの元」です。
2004年にグリーンラベルに名を変えます。

ジョニーウォーカーシリーズの中で唯一のヴァッテッドモルトであり、タリスカー、クラガンモア、リンクウッド、カリラといった15年以上熟成のシングルモルトがブレンドされているということで注目を集めました。

発売当時、サントリーピュアモルト山崎をはじめ、ピュアモルトが界隈では人気でしたのでその流れに乗るような形でのリリースとなりました。

さらに創業者ジョン・ウォーカーの製造スタイルを再現、復活したモデルとも言えます。

ジョニーウォーカー アイランドグリーン

ジョニーウォーカー アイランドグリーン

ジョニーウォーカー アイランドグリーンは、2016年7月に免税店向けに販売されたブレンデッドモルトウイスキーです。

通常のグリーンラベルよりも、4つのキーモルトの一つである「カリラ」の個性を引き立たせて作られており、スモーキーで力強い味わいとなっています。

アイラモルトならではのウッドスモーク、胡椒、スパイシー香りと、往来のグリーンラベルらしい、フレッシュフルーツ。
やさしいバニラの風味があります。複雑なアロマが形成されており、長い余韻です。
飲みやすさよりも、モルト原酒の特徴がしっかりと感じられるボトルです。

アイランドグリーンの製作者はグリーンラベルを開発した8代目マスターブレンダー「ジム・ビバレッジ」氏。
国際的な品評会『グローバル・スコッチウイスキー・マスターズ2016』では最高位の「マスター」を受賞しており、免税店向けでありながら高い評価を受けています。

グリーンラベルに物足りなさを感じたのなら、ハイボールやロックなどの飲み方でもバランスが崩れにくい、アイランドグリーンを試してみるのもいいですね。日本では免税店の他、並行輸入品が販売されています。

ジョニーウォーカーグリーンラベルの終売と復活

2012年に一度終売となったグリーンラベル

グリーンラベルは1997年に「ピュアモルト15年」として発売が開始され、2004年には正式にグリーンラベルへと名称が変わります。

90年代以降にピュアモルトの人気が高まったことにあわせて、ジョニーウォーカーシリーズの中で唯一のブレンデッドモルトとして誕生したグリーンラベルでしたが、2012年に正規輸入での終売が発表されました。

当時は数少ないブレンデッドモルトとして注目を集めていた商品でしたので、売れ行きが悪かったのが終売の理由ではないと思いますが…一時的な原酒の不足でしょうか。

2016年8月に再販売開始

販売中止となっていたグリーンラベルですが、わずか約4年ほどで復活します。

日本での正規輸入代理店はキリンビールとなり、2016年に販売が再開。

正規輸入の終売後は、並行輸入品の流通が多くなったことで、日本市場から完全に消えてしまったという事実はなく、流通量が少ないものの販売は続いていました。また、終売期間が短かったためか、グリーンラベルが一度終売になったことを知らない人も多いようです。

ジョニーウォーカーグリーンラベルの口コミや評価評判

オーツカ
ジョニウォーカーグリーンラベルのSNSでの口コミや評価を調べてみました。

グリーンラベルと白州が似た味がするという噂は?

どうやら【グリーンラベルとサントリーウイスキー白州の味が似ている】と巷で言われているですが、そもそもスコッチとジャパニーズだし、、それってボトルの色が似てるだけじゃないの?と思うのですが、果たしてどうでしょうか?

値段の高騰が著しいジャパニーズですし、ジョニ緑が代わりになってくれるのであればという思いの方も多いことでしょう。

せっかくですし、両者を比較しなが紐解いていきたいと思います。

香りの共通点

ジョニーウォーカーグリーンラベルの正規代理店である「キリンビール」の公式ホームページでは、グリーンラベルの香りについて、草の様な香り、フレッシュフルーツ、樽香、スモーキー、バニラ、サンダルウッドと表現されています。

実際にテイスティングすると、確かに両者に共通する香りがあることが分かりました。

一番最初に感じるのは新緑のような爽やかな香りです。
白州には森林の中に迷い込んだような青臭い香りがあり、グリーンラベルには草原のようなフレッシュな緑の香りがあります。
さらに、洋ナシや青りんごのようなフルーティーさと、バーボン樽由来のバニラ香、若干のスモーキーフレーバーもあります。

サントリーのシングルモルトに共通して存在している、サンダルウッド(白檀)のアロマが、グリーラベルにもうっすらですが感じられます。

味わいの共通点

グリーンラベルと白州は、味わいも似ている部分があります。

口に含んだ時のなめらかさと甘さ、余韻のドライさ、スモーキーさ、複雑な印象も共通する点が多いことが分かります。

ただし、加水後の味わいは違います。アロマはある程度似ていますが、水やソーダで割ったときのボディーは白州のほうがしっかりしており、安定感のある味わいです。
一方、グリーンラベルは少し飲みやすくなり、軽快になりすぎてしまう印象があります。

結論

結論から言うと

【白州に似たフレーバーがあるという噂は本当だが、強く感じるのはストレートの時だけである!】

白州とグリーンラベルはアロマの共通点があり、味わいも似てところが見受けられます。
しかし、加水後の印象はだいぶ異なることから、ストレートだけ共通項が取りやすいなと思いました。

グリーンラベルは多くのモルト原酒をブレンドして複雑な味わいを形成しています。

白州はシングルモルト(一つの蒸留所)でありながら、それに匹敵するレイヤーのある味わいがあるので、条件が違うことを考えても白州の複雑性を感じるテイスティングでした。

皆さんも機会があれば、両者を並べて比較してみて下さい。

ジョニーウォーカー グリーンラベル15年

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!