二日酔いになりにくいウイスキーの飲み方

酒瓶を見て舌を出す猫

日本人は年間を通し、お酒を飲むことが大好きです。

ですがついついたくさん飲みすぎて、翌日大変なことになった経験は誰しも一度や二度ではないはず・・・

「おいしくお酒を飲みたいけど、二日酔いにはなりたくない!」という皆様のために、ぜひとも参考にしていただきたいお話です。

二日酔いの人形

http://healthil.jp/

二日酔いもこれで安心!?最後まで楽しく飲むために実行してみよう!

飲む前にちょっとの心がけ

「今日は飲み会だ!」というとき、日中はどうしていますか?

「仕事を早く終わらせる」「誰の隣に座るか考える」・・・などでしょうか?それは今夜のお楽しみのために大事なことですが、「夜に御馳走をいっぱい食べたいから昼ご飯は少なめにしておく」ということを実行していませんか?

「すきっ腹に入れる酒がうまい!」とはよくいいますが、一番やってはいけません。

空腹の状態の胃にアルコールを流し込むことは胃壁にダメージを与えてしまい、炎症を起こします。

そして冷たいビールなどのアルコール飲料は、胃の働きを低下させるため、消化不良を起こしやすく、胃もたれの原因になります。

これらを避けるために、「昼食はしっかり食べる」そして「飲み会の前に牛乳やヨーグルト、チーズなど乳製品を食べておく」ことです。

牛乳とチーズ

https://pixabay.com

乳製品を先に摂取することで、胃壁にたんぱく質の膜を作り、アルコールの刺激を抑えることができます。そして、乳製品は消化に時間がかかるため、急にアルコールが胃にたまるのを防ぐ役割もあります。

「飲み会でたくさんお酒を飲みたいから、水分を我慢する」という人もいますが、これもやっていはいけません。

アルコールには利尿作用があり、飲み始めると同時にどんどん体内から水分が出て行ってしまいます。

脱水は、頭痛や吐き気、だるさなどの原因になります。

お昼から飲み会までの時間はなるべく水分を摂取するよう心がけましょう

コーヒーなどで水分をとるとカフェインの影響で利尿作用が強まるので、麦茶やミネラルウォーターがいいでしょう。

それから、最近CMなどでも人気の「ウコンドリンク」。これを飲めば大丈夫!と思っている方もいるのではないでしょうか?

ウコンの成分に含まれるクルクミンが肝臓を強化する働きがあるとされていますが、普段から毎日飲んでいれば肝臓機能が強くなるとかそういった効果はありません。

あくまでも補助食品の一例として、飲み会の前などに飲んでおくと二日酔いなどの症例が抑えられるというぐらいに考えておきましょう。

飲んでいる最中にちょっと気をつけて・・・

乾杯が済むと、いよいよ飲むぞ!食べるぞ!と意気込んでいませんか?

海鮮料理

https://pixabay.com

最初の乾杯のビールなどは早々に飲み干しておかわり!とやってしまう方も多いのですが、最初からゆっくり飲むことを心がけましょう。

ビールや甘いカクテルなどは特に飲み口が良いためペースが上がってしまいがちです。

乾杯のときにもグビグビっと飲んでしまうことは避け、最初からスローペースを心がけましょう。

そしてこんな時こそ、ウイスキーがおススメなんです。

二日酔いになりやすいお酒と、なりにくいお酒の区別として「醸造酒」かそれとも「蒸留酒」かを目安にするとよいでしょう。

一般的に、蒸留酒は二日酔いになりにくいと言われています。

ビールや日本酒、ワインなどは醸造酒で、製造の過程でその味わいを作るための副産物が多くふくまれています。この副産物が体内で消化されにくく、二日酔いを起こしやすい原因になっていると言われています。

一方で、蒸留酒は製造の過程で蒸留を行うため、副産物が取り除かれ、純粋なアルコールが完成します。

焼酎、ウオッカ、ジン、ウイスキー、ブランデーなどが蒸留酒ですが、ジンやウオッカなどはカクテルベースとして使われることが多く、甘味の多いジュースなどで割って飲むことが多いため、添加物が多く含まれ、消化にも悪く、二日酔いを引き起こしやすくなります。

ウイスキーハイボールなら、不純物も少なく、カロリーも控えめです。

今は最初の乾杯の時でも好きなお酒を注文するので、最初からハイボールを注文しても周囲に違和感がありません。

みんなで乾杯の様子

https://www.google.co.jp/search?

飲み会の最後まで、あまりハメを外さずに

「ハイボールを飲んでいれば明日の二日酔いも怖くない!」というわけではありません。

必ずしっかり食べながら飲むことが大切です。先にも述べましたが、アルコールは胃壁を刺激するので、お酒ばかり飲んでいては体に与えるダメージが多くなります。

揚げ物や肉、魚料理などいかにも翌日胃もたれしそうな御馳走が並びますが、これらは胃の中で消化するのに時間がかかるため、同時に摂取することでアルコールの吸収を抑えてくれます

食べながら、野菜を多めに食べるよう心掛け、カロリーもコントロールしましょう。

そしてアルコールの摂取量にも気をつけましょう。アルコールの摂取量が増えすぎてしまうと肝臓の動きが鈍くなり、アルコールの分解・排出ができなくなり二日酔いの原因となってしまいます。

飲みながら、水を飲むとよいです。水分を多めに摂取することで、アルコールの排出を促し、飲みすぎを防ぎます。

二件目は、バーでゆっくり飲む

バーで食事とお酒を楽しむ様子

https://pixabay.com/

一次会で盛り上がって、さあ二件目!とはりきって行ってしまいがちですが、ここで、おすすめなのがトーンダウンしてゆっくり飲みなおすことです。

静かなバーで、一次会で盛り上がった話を今度はゆっくりと掘り下げて話をしながらウイスキーを飲んではいかがですか。

ウイスキーは先にも述べましたが、二日酔いになりにくく、アルコール度数が高いですがその分時間をかけてゆっくり飲むので、飲みすぎも防ぐことができます。

ウイスキーが二日酔いになりにくい素因として、二日酔いの原因になる有害物質アセトアルデヒドが生成されにくいことがあげられますが、中でも熟成年数が長いほうがより効果が高いことがわかっています。価格が高いお酒は二日酔いにもなりにくいわけですね。

バーに行ったら、ちょっと贅沢な高いウイスキーを頼んでみませんか。

そして、それをゆっくり時間をかけて、また楽しく語らいながら飲む・・・

最後まで悪酔いせずに、楽しく終えることができれば翌日の二日酔いも怖くない!?

ヘパリーゼの効果を上回れ!二日酔いにおすすめな予防対策

2017.03.09