ウイスキーの格安試飲通販ショップ

ザ・マッカランが77年もののシングルモルトウイスキーをリリース発売!やっぱスモーキーなマッカランいいよね

ザ・マッカランが超希少なハイエンドボトルを集約する「レッドコレクションシリーズ」。

基本的には40年~60年代くらいのボトルリリースが中心でしたが、近ごろ71年、74年、78年とドエライ年数のマッカランを発表して注目が集まっていました。ちなみに78年物のマッカランは、スコットランドのエジンバラで開催されたボナムズ・ウイスキー・セールにおいて、£79,300(約1270万円)で落札されました。

そして、今回、マッカラン77年 (アルコール度数 43.2%)が新しくラインナップに追加です。

1945年蒸留という驚異的なオールドウイスキー。

マッカラン史上において、最も古いウイスキーのひとつです。

オーツカ

77年でアルコール度数は43.2%vol。ちょっと度数落ちだけど、使ってる小麦はゼファーよりも前、スプラット・アーチャーやプラメージ・アーチャー時代のマッカランっすよね。

いやぁ、幻想が膨らみますね。飲めないから、妄想だけですけどね!

マッカラン77年の香りや味わい

マッカラン77年

公式発表のテイスティングノートは次のとおり。

香りは柑橘系の果物、そしてスモーク。木材をいぶした煙と古いオークの香りに加えて、レーズンとジューシーなナツメヤシの甘いアロマ。

味わいは、焼きカスタード、生姜の結晶、オレンジマーマレード、粘り気のあるシロップ、甘いスモーク、そしてドライフルーツ入りのケーキの風味が特徴です。

フィニッシュは長く、甘く木質感のあるスモークとチェリーのベークドケーキ、そしてトロピカルフルーツのニュアンスが感じられます。

ちなみに他のレッドコレクションシリーズと同様、ボトルは赤のスコティッシュ レザーで裏打ちされたオーク材のケースに入っています。

価格は83,000 ユーロ強!
あ、うん、もう飲み物じゃないね。

ザ・マッカラン レッドコレクションとは

2020年10月12日突如youtube上に現れたマッカラン新製品の告知アニメーション。
3日間連続で予告が続き、10月15日にこれまたアニメーションで発表されたのがレッド・コレクションです。

1分30秒間の短い中、1824年から続くマッカランの歴史を忠実に再現したアニメーションは、非常に完成度が高く、一見の価値アリ(下に貼っておきます)。スペインの画家兼イラストレーターのハヴィ・アスナレス氏によって作られた映像です。

「ザ・マッカラン レッド・コレクション」はその名の通り、マッカランのメインカラーでもある赤にこだわった作品。

赤は生命、エネルギー、喜びを表します。 大麦畑、倉庫のレンガ、樽、全てのウイスキーまでが赤で表現され、マッカランの歴史が表現されています。

発表されたボトルは、40年、50年、60年の熟成ボトル。限定品として71年、74年、78年がリリースされました。
この78年は現在までに発表・リリースされたマッカランの中でも、最長期熟成品にあたります。

レッドコレクションはドバイ国際空港内のショップ「ル・クロ」にて発売中です。 また、今回発表されたアニメーションでコラボしたハヴィ・アスナレス氏によるイラストとサインが施された限定ラベルボトルのレッドコレクション全種を含むセットが限定で2セット作られ、1セットはアーカイブとして、もう1セットはサザビーズのオークションに出品され、食品慈善団体へ困っている人々に提供される250万食分の資金が寄付されました。

動画の内容:アニメーションでは赤色が多く用いられ、マッカランの歴史を表現しています。

地方の農家であったアレキサンダー・リード氏がおよそ2世紀前、約200年前の1824年にマッカラン蒸溜所を建設しました。
1年前の1823年は初の政府公認蒸溜所「ザ・グレンリベット蒸溜所」が建設されたことで有名ですが、その翌年、第2号として認められ免許を取得したのがマッカラン蒸溜所でした。

他の蒸溜所が生産量を増産するために大きな蒸溜機を使いはじめたのに対し、アレキサンダー・リード氏は小さな蒸溜機、小さなバッチで蒸溜を続けてきました。 今のマッカランの礎を気づき上げた歴史についても描かれています。

1892年にマッカラン蒸溜所を購入したロデリック・ケンプ氏は、スペイン、へレス産のシェリーでシーズニングされたオーク樽の長い熟成が洗練された甘いウイスキーを生み出すと信じ、赤いラベルをつけて出荷し始めました。

そして、マッカランの歴史的なリリース「レッドリボン」についても描かれました。 マッカランの祖と呼ばれたロデリック・ケンプ氏が亡くなった後も、ケンプの財団によりマッカラン蒸溜所は操業されていました。
ロデリック・ケンプ氏のひ孫にあたるアラン・シャッチ氏が当時最長期熟成品である「マッカラン レッドリボン」をリリースしています。その熟成年数は40年以上。レッドリボンという名の通り、ボトルの周りに赤いリボンを結ばれていました。





「ショットグラスの有用性」とは?

ウイスキーブランドKYKEYの第二弾グラスは「ショットグラス」。その造形美と機能美を確認して欲しい。