ウイスキーの格安試飲通販ショップ

ヘパリーゼZを3カ月体験レポート。二日酔いに対する効果や口コミ、評判や最安値を紹介。

ヘパリーゼZ




携帯性とコストパフォーマンスに優れる錠剤タイプのヘパリーゼ。

ヘパリーゼZドリンクタイプのヘパリーゼにお世話になったことがある方に最適な肝臓ケアサプリ。ドリンクよりもリーズナブルで携帯性も高い個包装タイプ。

飲み会の前に摂るだけでなく、毎朝のだるさや内臓疲れにも、肝臓エキスの働きを。

Amazonでサクッと買って試せるのも魅力。

 

二日酔いのだるさや疲れ、飲みすぎによる不眠や肌荒れなどなど、お酒と身体に対して100記事以上を書き綴ってきた我らBARREL編集部。

今回はこうなったら、ヘパリーゼ全種類試してみるの記事でもおすすめした錠剤仕様のヘパリーゼ、「ヘパリーゼZ」についてレビューしていきたいと思います。

市販のウコン飲料はともかくとして、ヘパリーゼに関しては「効いた!」という体感がこれまでにあった人も多いのではないでしょうか。

特に上位ラインナップは一通り試してみて、一本1500円の価値はあると思いました。

二日酔いというか、徹夜してボロボロとか、めっちゃ疲れが溜まってるとか、暴飲暴食で内臓がすごいだるいとか、そういう状態の時に飲むと

「あ、肝臓ってマジで大事なんだな」って思います。

解毒されている感じがすごい。代謝されてる感じします。

今回は手軽に持ち運べる錠剤タイプ。どんな感じなのか見ていきましょう。

ヘパリーゼZの効果、実際に3カ月使用した体験レビュー

これまでに試してきたサプリメントたちとほぼ同じ。

ヘパリーゼZを約3カ月継続摂取して、体調がどのように変化したのか記録していきます。

ほとんどの方はお酒を飲む前にヘパリーゼのドリンクタイプを一本飲むとか、お酒を飲み終わった後にコンビニで購入して飲むようなパターンなのではないでしょうか。

しかし、ヘパリーゼの真骨頂は「普段飲み」にあるというのはあまり知られていません(BARRELの記事ではさんざん言ってますが)。

普段の生活で補いきれない肝臓エキスやオルニチンを継続摂取することで、いつも元気できれいな肝臓を維持します。

これにより二日酔い予防や朝のだるさの解消、数値の改善などが見込めるわけです。

パッケージ

ヘパリーゼZのパッケージ

小さく高級感があります。

ポケットにも入る、とても持ち運びやすいパッケージ。

ついつい一緒に飲んでいる友人や同僚にもあげたくなるコンパクトさです。これに3粒ってパッケージ代がもったいないくらい。
常に携帯しておくには良いサイズです。

僕は毎朝サプリを飲んでから会社に行くというルーティンなので携帯はほとんどしませんが、妻は外出時にかなり重宝していました。

飲んだ感想・体験レビュー

小粒で飲みやすいです。

女性でも飲みやすく、スルッと喉に通ります。たまに錠剤サプリは匂いの強いものがありますが、まったく気になりません。

含有成分はドリンクタイプのヘパリーゼとほぼ同じ。なので、レバリズムエカスといった他社製品と比べると少し成分が貧弱に思えます。

肝臓エキスに加え、オルニチン、セサミン、Lシスチンなどを含有しています。この辺りは他のサプリメントでもよく見る顔ぶれ。

ただし、肝臓エキスを30年以上研究し続けているゼリア新薬の信頼感は半端ではありません。
製薬会社の底力見せてもらいましょう。

ヘパリーゼZの錠剤

毎日午前中に摂取し、3か月ほど使用して、体感した効果としては

  • 朝起きるのが楽になった

  • 目の下のクマの軽減

  • 味覚が鋭くなった

  • 飲み疲れることが少なくなった

でした。

特筆点はやはりその手軽さ。毎日の継続が苦になりませんでした。

ただし即効性はあんまりない気がします。

スタート3日目にやや体感アリ(お酒飲んだのによく眠れた)。その10日間くらいは平行線、2週目あたりで身体の軽さ、体調の良さを感じました。

この間、お酒は週5日ペース。週に48時間は連続して休肝日を設けています。

実は僕はこれまでにヘパリーゼのドリンクタイプを継続摂取(2カ月)していたことがあって、その効果にはかなり信頼を置いています。

その際はヘパリーゼドリンクⅡ三本セットを買って飲んでいたいのですが、効果効能を感じるものの、ドリンクタイプはコスパが悪く、毎朝飲むのはおっくうで続けにくかったためやめてしまいました。

それに比べて錠剤タイプはいいですね。リーズナブルで続けやすいと思いました。

現在はAmazonが最安。お試し買い切りタイプもあったのでリンク貼っておきます。

 

「ヘパリーゼZ」が選ばれる3つの理由

バランスの取れた5大成分をしっかり配合

ブタ由来の天然良質レバー、18種類のアミノ酸を含んだ「肝臓エキス」、クルクミンを豊富に含む「ウコンエキス」、しじみ200個分の「オルニチン」、エイジングに欠かせない植物性エストロゲン「セサミン」、毛髪&健康を同時サポートする「Lシスチン」といった成分をぎゅっと3粒に配合しています。

肝臓エキスを30年以上研究しているゼリヤ新薬

肝臓エキスを長年研究している老舗のゼリヤ新薬。

何よりも品質を優先させ、より良いものづくりをきちんとすることを徹底しています。

国内のサプリメントとしては最大級の品質と信頼を保持しています。

ドリンクタイプよりはるかにコスパの高い錠剤タイプ

保管も携帯も場所をとらない個包装タイプなのでドリンクタイプと違い、欲しい時に手元になかったということはありません。

さらにドリンクタイプよりも格安なのでお財布にもありがたい。

「ヘパリーゼZ」の成分と商品情報

まずは5日分!買い切りでお試し

価格(初回限定) 1,000円(お試し)
容量 4.2g(3粒×5袋、1粒280mg)
タイプ 錠剤
原材料 豚肝臓エキス、オルニチン、ウコンエキス、黒ゴマエキス(セサミン含有)、L-シスチン、結晶セルロース、HPMC、ステアリン酸Ca、糊料(メチルセルロース、CMC-Ca)、ケイ酸Ca、HPC、カラメル色素、グリセリン
特典

買い切りトライアル
・定期便もある

1ヵ月分

価格(初回限定) 5,184円
容量 25.2g(3粒×30袋、1粒280mg)
タイプ 錠剤
原材料 豚肝臓エキス、オルニチン、ウコンエキス、黒ゴマエキス(セサミン含有)、L-シスチン、結晶セルロース、HPMC、ステアリン酸Ca、糊料(メチルセルロース、CMC-Ca)、ケイ酸Ca、HPC、カラメル色素、グリセリン
特典

とくになし

オーツカ

信頼感、安定感抜群のヘパリーゼを錠剤で試せます。

ドリンクよりも格安で、持ち運びやすく、継続しやすいタイプ。

30日分を買って継続的に使うと実感が高まりますが、心配な方は5日間分のトライアルでもいいと思います。

「ヘパリーゼZ」の最安値はAmazon

では次にヘパリーゼZの価格を見ていきましょう。

ヘパリーゼZをどこで購入すれば一番安く買えるのかを調査しました。

今回はAmazon、楽天、Yahoo!、で調査を実施。その結果、Amazon、楽天、Yahoo!すべてのショップで扱っていることを確認しました。

Amazonが一番オトクだと思います。配送も早いし、ゼリアヘルスウェイ本体の出品なので安心。

何かトラブっても返品も容易です。

買うならAmazonでポチりましょう。

「ヘパリーゼZ」の評判、良い口コミと悪い口コミ

実際にヘパリーゼZを使用した方の評判、口コミを集めました。

良い評判、悪い評判も掲載。TwitterやインスタグラムなどのSNS上の評判、口コミも掲載しています。

良い
飲み会前によくヘパリーゼのドリンクタイプを飲んでいましたが、面倒なのでこちらを購入。いつもバッグに入れています。

買う手間も省けるし、ドリンクより安いし、二日酔いしにくいので重宝しています。

口コミ投稿者:スカンジナビアさん 評価:★★★★★

良い
これまでヘパリーゼは二日酔い対策用に使っていたのですが、錠剤タイプを毎日飲むことで化粧ノリがよくなりました。

肝臓エキスを毎日とるっていうイメージはなかったのですが、習慣化することで肝臓が元気になると解毒効果や代謝効果が高まるみたいでとても身体が楽です。

口コミ投稿者:モロッコさん 評価:★★★★★

普通
普通のやつより効く気がします。

毎日飲んで肝臓を健康にしたいって人は定期便もできるようだけど、ここぞって時だけでいい人はお試しタイプでいいかも。

口コミ投稿者:DALIスピーカーさん 評価:★★★☆

悪い
たまにコンビニでドリンクタイプ買って飲む程度なので、わざわざ錠剤タイプを買う必要はないかなといったところ。

口コミ投稿者:葛湯さん 評価:★★☆

SNS上の口コミと評価評判

SNS上では携帯性を評価している口コミが多く見られました。

瓶だと飲んだ後ゴミになるのでちょっとめんどくさいのでしょう。

忘年会などで飲み会が続くシーズンには効果を実感している方も多く、色々なつぶやき、口コミが見られます。

ヘパリーゼZを飲むタイミング

ヘパリーゼZを飲むタイミング

ヘパリーゼZを飲むタイミングは、基本的にお酒や脂っこい食事などをする前に飲むことが肝心です。

特にアルコール成分は体内に吸収されるスピードが速く、肝臓に届くと直ちに分解と代謝がはじまります。
肝臓が分解や代謝をはじめる前のタイミングで、ヘパリーゼZを飲んでおくことがベストということです。

ちなみにお酒を飲んだ翌日、絶賛二日酔いの最中ではどうでしょうか?

二日酔いになっているということは、アセトアルデヒドの生成量が多く、その処理に肝臓が付いて行けない状態となっているということ。
ヘパリーゼZの肝臓エキスを摂取することにより、分解をサポートします。

なので二日酔いのタイミングで飲んでも多少の二日酔い改善効果は見込めます。

でも大事なのは予防ですよ。

とにかく事前に飲む。ということを覚えておきましょう。

ヘパリーゼZをより効果的に飲むタイミング

二日酔い防止の極意は「予防に99%のチカラを注ぐ」ことです。

つまりヘパリーゼZの効果を最大限に発揮できるタイミングは「お酒を飲むはるか以前」にあります。

お酒を毎日飲んでいる人、特に寝る前に飲んでいる人は

「寝た気がしない」

「日中からだが火照る」

「肌が荒れる」

「呼吸がちょっと浅い」

というような身体の疲れを感じたことがあると思います。このような症状は、内臓疲れが原因の可能性があります。

お酒の飲みすぎ以外にも脂っこいものの食べ過ぎや過度の運動疲労、睡眠不足や日々のストレスで肝臓は疲労を蓄積していきます。

肝臓は代謝、解毒、胆汁の生成を担っているので、肝臓が疲弊すると、お酒に弱くなり、抜けにくくなります。
また、寝不足や肌荒れなどのトラブルの原因にもなります。

内臓疲れというのはすぐにとることはできません。

大切なのは何日か連続で休肝日を設けたり、ヘパリーゼなどの肝臓エキスの入ったサプリメントで「肝臓ケア」を行うのが重要です。

肝臓を常に正常な状態に戻し、維持することで、飲酒時に起こる肝臓フル稼働に備えるのが最も効率的と言えます。

つまり、このお酒を飲む予定がない「休肝日」こそがヘパリーゼZを飲むベストタイミングです。

ヘパリーゼZとドリンクタイプの違い、比較データ

ヘパリーゼZとヘパリーゼVMの違い

上記はゼリヤ新薬が提示しているヘパリーゼZとドリンクタイプのへパリ―ゼVMの違いを現した比較表です。

肝臓エキスの量は2倍違います。

そしてセサミンとL-シスチンはヘパリーゼZにしか含有されていないという違いがあります(しかしドリンクタイプにはビタミンB2やビタミンB6が含有されています)。

コンビニや薬局で販売しているヘパリーゼドリンクⅡには肝臓エキスが200mg入っているので、だいたいあのタイプと同じくらいの肝臓エキスが含有されているということになりますね。

たった3粒にこれだけ肝臓エキスを濃縮できるなら、あのドリンクももう少し小さくてもいいような気がします(笑)

終わりに…

絶対的知名度のあるヘパリーゼですが、錠剤タイプの「ヘパリーゼZ」。

飲みやすくて続けやすいというのが一番のメリットではないでしょうか。

国産、しかもゼリヤ新薬が生産しているという信頼感も購買する際の安心感と言えます。

これまでにヘパリーゼドリンクがよく効いた!という方にはおすすめです。

いきなり30日分買うのもありですが、錠剤を継続的に続けられるかどうか買い切りタイプでお試しして、「続けられる!」と思ったら他の錠剤サプリを検討してもいいかもしれません。

携帯性とコストパフォーマンスに優れる錠剤タイプのヘパリーゼ。

ヘパリーゼZドリンクタイプのヘパリーゼにお世話になったことがある方に最適な肝臓ケアサプリ。ドリンクよりもリーズナブルで携帯性も高い個包装タイプ。

飲み会の前に摂るだけでなく、毎朝のだるさや内臓疲れにも、肝臓エキスの働きを。

Amazonでサクッと買って試せるのも魅力。

 

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!

ABOUTこの記事をかいた人

オーツカ

ウイスキーをもっと身近に感じてほしい。小難しいウイスキーの世界を分解して、わかりやすく整理する「ウイスキーオーガナイザー」です。 まだあまりウイスキーを知らない人がウイスキーを好きになる「きっかけづくり」をできればと思っています。 日本最大級のウイスキーメディアBARRELを企画、運営、編集及びカメラマン、さらには執筆もしています。