ドラマティックな甘い琥珀色…ウイスキーカクテル【ゴッドファーザー】にまつわるエピソード

ゴッドファーザーというお酒にまつわるエピソード

ゴッドファーザーとはどんなお酒?

ゴッドファーザーとシガー

照明を落としたバーカウンターに、深夜静かにロックグラスを傾ける。ゴッドファーザーはそんな静かなシチュエーションの似合う、大人のウイスキーカクテルです。

ウイスキーとアマレットをステアしただけのシンプルなお酒ですが、その味わい深さに惚れ込むウイスキーファンは後を絶ちません。

アーモンドや杏仁豆腐に似た香ばしく甘い香りが立つ、とろりとした濃厚な1杯。

こんなお酒と共にゆっくりとした時間を過ごすことが出来るのは、大人の特権かもしれませんね。今回は、ゴッドファーザーの重厚な魅力をたっぷりとご紹介します。

シネマカクテルの王様

映画に出てくるシーン

ゴッドファーザーというと、あの有名な映画を思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。

 

カクテルには「シネマカクテル」というジャンルがあります。その名の通り、有名な映画にちなんで作られたカクテルで、ゴッドファーザーはシネマカクテルの代表。1972年に「ゴッドファーザー2」を記念してつくられました。

強い度数に反した甘い飲み口は、主人公の二面性を表しているようです。

マフィアである反面愛情あふれる一家の長、実業家の輝かしさの裏に隠された亡命という辛い過去。
映画を見ながら登場人物の複雑な心情を味わい、ゆっくりと楽しみたい1杯です。

ゴッドファーザーのつくり方

アマレットディサローノ

材料

スコッチウイスキー 30ml

アマレット(ディサローノという銘柄を使いましょう) 10ml

手順

氷

①ロックグラスに氷を一杯入れましょう。丸氷にするとよりおしゃれです。

②スコッチウイスキーを入れます。

③アマレットを入れ軽く混ぜたら完成です。

ゴッドファーザーにおすすめのウイスキー

シンプルなレシピだからこそ、ウイスキーのチョイスの違いが明確に出るカクテルです。いろいろなベースウイスキーを試してみてください。

デュワーズ ホワイトラベル

デュワーズ ホワイトラベル

置いてあるお店も多く、注文しやすいウイスキーです。ほのかなスパイシーさとマイルドさが両立されています。

味のバランスが良いため、アマレットの強い甘味をしっかり受け止めてくれます。アマレットを生かして味わいたいという方にお勧めのウイスキーです。

バランタイン・ファイネスト

バランタイン ファイネスト

スタンダードで安定した人気を誇るバランタイン。手に入れやすいため、家でゴッドファーザーを飲みたいという時にもおすすめです。

甘めで華やかな香りがするため、アマレットと相性が良いのが特徴です。

ジョニーウォーカー レッドラベル

ジョニーウォーカー赤ラベル/スモーキーでピート香る1000円以内のウイスキー

安価でおいしい、というコスパのよさで人気の1本。キー・モルトのタリスカーに由来するスモーキーな香りと甘味が贅沢な印象を与えます。アマレットと混ぜれば、複雑な香りが楽しめます。

ラフロイグ 10年

ラフロイグ10年

パンチの効いたウイスキーとして有名なラフロイグ10年。その尖った印象もアマレットと調和することで、意外な協調性を見せてきます。刺すようなピート香は飲む人を選びがちですが、それもアマレットによって丸みを帯びて、親しみやすいものになります。

ゴッドファーザーのキーアイテム「アマレット」って?

ディサローノと他のお酒

アマレットはイタリア原産のリキュールで、アーモンドのような香りと甘味を特徴としています。実際に使われているのは杏の種に含まれる杏仁と呼ばれるものなので、杏仁豆腐の香りと言うとピンと来る人も多いかもしれません。

 

アマレットという名称は杏仁を使ったリキュール全体を指し、ゴッドファーザーに使うアマレットは「アマレット・ディサローノ」という銘柄に限定されています。四角い瓶に四角い蓋の特徴的な見た目で、色はウイスキーよりもやや赤い琥珀色です。

 

前項でゴッドファーザーはシネマカクテルであることをご紹介しましたが、イタリア産のアマレットは、映画中でも重要になるイタリアの地を表現していると言われています。

映画「ゴッドファーザー」の主人公はイタリア出身。
マフィアに家族を殺害された直後にアメリカへ亡命する際、誤って生まれ故郷の「コルレオーネ」が苗字として登録されました。

コルレオーネは殺害された家族の分まで、妻や子どもに深い愛情を注ぐ家長となります。しかし一方では裏社会で暗躍を重ね、高い地位を確立していきます。
コルレオーネの娘の結婚パーティに招かれた客人たちは、コルレオーネが家族同然に扱う友人や部下たち。コルレオーネは「ドン」「ゴッドファーザー」と呼ばれて周囲から尊敬されていました。

そこに麻薬商売人のソロッツォが現れてドンに話を持ち掛けますが、麻薬を嫌うドンはその話を断り命を狙われることになります。

愛する父の命を守ろうとする息子と、マフィアの世界に息子を巻き込みたくない父の思いは、物語を思わぬ展開に導いていきます。

マフィア社会の冷徹さの反面に見える温かい家族愛が、アマレットの甘味に見出すことが出来ます。

ゴッドファーザーに教わる人生に大切なこと

ゴッドファーザーに学ぶこと

シネマカクテルの楽しみ方は、やはり映画を見ながら飲むことです。カクテルをよく味わって、その味や香りが映画のどのような風景や場面を表しているのかを想像してみると、面白いかもしれません。

もちろん、映画と一緒でなくても楽しめるカクテルです。

ゴッドファーザーは、アマレットの銘柄が限定されている分、ベースとなるウイスキーの種類について熱い議論が続いています。

甘味との調和を目指すか、複雑な味わいを演出するか、もっとこだわった1杯を追求するか……。

バーで知り合った友人や顔見知りになったバーテンダーと、そうした会話を交わす楽しみも増えます。

王道のウイスキーカクテルゴッドファーザーをいろいろな角度から楽しんでみてはどうでしょうか。

 

最後に、映画「ゴッドファーザー」から名言を1つ。

ゴッドファーザーの本

 

「友情は全てだ。友情は才能よりも大切だ。政府よりもだよ。友情とは家族と似たようなものだ」

 

お酒は人と人をつなげます。

ゴッドファーザーを通じて、家族と同じくらい大切な友情が結ばれると素敵ですね。