アイリッシュコーヒーとは?飲み方や作り方、おすすめ銘柄、店舗などご紹介

アイリッシュコーヒーのすべて

凍えるほどの寒さの夜にホットカクテルはいかがでしょう? 

アイリッシュウイスキーを使ったカクテル、アイリッシュコーヒーはそんな夜にぴったりの、ほっと一息つくことのできる温かい飲み物です。

コーヒーとウイスキーのマリアージュで作る大人のカクテル、アイリッシュコーヒー。

コーヒーの香ばしい香りと、アイリッシュウイスキー特有のなめらかさがクリームと混ざり合い、かすかな甘さとほろ苦さを残して口の中で膨らみます。

上品な背の高いグラスに、透明感のある黒とフレッシュな白の二層が浮かぶ様はエレガンス&ラグジュアリー。

フォトジェニックなカクテルとしてもおすすめです。

本記事では、アイリッシュコーヒーについての紹介をしています。

おいしい作り方や、都内でアイリッシュコーヒーが飲めるお店のレポもありますので、ぜひ最後までご覧ください。

アイリッシュコーヒーとは?

イギリスの西に位置するアイルランド生まれのホットカクテルです。

熱いホットコーヒーと、体を芯から温めてくれるウイスキーの組み合わせは、寒冷なアイルランドの地に住む人たちに愛され、世界中に広まっていったと言われています。

ホットコーヒーにアイリッシュウイスキーを注ぎ、砂糖を加え、クリームを浮かべたこのカクテルは、膨らみあるリッチな香りと深みのある味わいが特徴です。

苦みやコク、酸味といった複雑な風味を持つコーヒーと、同じく味わい深いウイスキーが合わさって、大人の中の大人の味、「Most of 大人」な飲み物です。

カクテルなのでBARでないと飲めないかと思いきや、カフェや喫茶店、コーヒー専門店に置いてあることも。

体の中から暖まることができるので、寒い日の仕事帰りや休日などリラックスしたいときにぴったりの逸品。

どうして“アイリッシュウイスキー”なの?

「アイリッシュウイスキー」は、ウイスキーの中でも酒質が軽く、マイルドな味わいが特徴的です。

通常ウイスキーの蒸留は2回なのですが、単式蒸留を3回重ねているため、雑味のない、なめらかな口当たりがあり、また“オイリーさ”という独特のとろみを持ちます。

ハーブのエッセンシャルオイルのようなさわやかなフレーバーも備えています。

焙煎されたコーヒーの香りを邪魔せず、コクのある味わいに深みを与えてくれるため、相性が非常に良いです。

独特のオイリーさはコーヒーの苦みや渋み、酸味になめらかさを与え、後味に香りの広がりを感じさせてくれることでしょう。

このようにコーヒーとの高い相性が、アイリッシュウイスキーを使う理由です。

アイリッシュウイスキーの説明を聞いて気になったそこのあなた。

美味しいおすすめアイリッシュウイスキーについて知りたい方はこちら↓から。

アイリッシュウイスキーとは?/味の特徴や飲み方、種類や蒸溜所をご紹介

2017.06.18

アイリッシュコーヒーのおいしい作り方

アイリッシュコーヒーはカクテルのため、いろいろなスタイルの作り方がありますが、ここではアイリッシュコーヒーが生まれたアイルランドの「フォインズ飛行場(英語リンク)」のレシピを紹介します。

材料
・アイリッシュウイスキー 30ml
・ブラウンシュガー    小さじ1杯
・ホットコーヒー     適量(グラスに合った量)
・クリーム        適量

・耐熱グラス(アイリッシュコーヒー専用のグラスが望ましい)

作り方ステップ

STEP①
グラスにお湯を入れて、5秒間温めます。

STEP②
ブラウンシュガーとアイリッシュウイスキーを温めたグラスに入れます。

STEP③
熱いコーヒーをグラスのふちから1cm下まで注いで、ブラウンシュガーを溶かすためによく混ぜます。

STEP④
軽くホイップしたクリームをスプーンの裏側に落として、混ざらないよう静かにコーヒーの上に浮かべます。これで完成です。

ウイスキー+コーヒーの組み合わせを考える

アイリッシュコーヒーはこだわることによって、よりおいしく作ることができます。

一口にアイリッシュウイスキーとコーヒーと言っても、おたがいに様々な種類があります。

ウイスキーなら銘柄の個性、コーヒーであればコーヒー豆の産地の味といったように分けることができるでしょう。

「銘柄+産地」でおすすめの組み合わせを紹介していきます。

ぜひ一度試してみて、そこから自分なりのおすすめの組み合わせを探してみてください。

ブラックブッシュ+ブラジル豆

コクのある味わいと、熟成感を感じさせるブラックブッシュは、ブラジルコーヒーとの相性が良いです。

ブラジル豆はブレンドのベースにもよく使われているスタンダードな品種で、ブラックブッシュの香りを楽しみつつ、心地よいコーヒーの後味を楽しむことができる組み合わせでしょう。

ジェムソン+インドネシア豆

ジェムソンは、ハーブオイルのような爽快なオイリーさと、するりと舌を抜けるスムースさが特徴的。

マンデリンに代表される香り高い焙煎香のインドネシア豆をサポートするのに適しています。

苦みが強く深入りコーヒーが好きな人のためのアイリッシュコーヒーとなるでしょう。

ティーリング+エチオピア豆

複数の樽熟成が織りなす上品な甘い香りと、ピュアな舌触りを持つティーリングは軽い酸味とほのかな刺激のエチオピア豆とのコラボレーションが秀逸。

口に含むと果実のような甘みがあり、心躍るカクテル感が楽しめる、普段ウイスキーを飲まない方にもおすすめの組み合わせです。

アイリッシュウイスキーの味わいは↓をチェック!

アイリッシュウイスキーのおすすめの銘柄や美味しい飲み方をご紹介

2017.07.09

さらに工夫してもっとおいしく

紹介したレシピは1940年代に生まれたころのスタンダードな作り方ですが、それ以降世界中でも飲まれ、様々な工夫が考えられてきました。

■フランベ(火を点ける)する

STEP②の時点で、アイリッシュウイスキーを入れたグラスを火にかけて、アルコール分を軽く飛ばし、香りを際立たせます。

また、グラスの中ではなく、別のフランベ用の容器でウイスキーに火を点け、炎を上げるウイスキーをグラスに注ぐというパフォーマンスを行うBARもあります。

 

■ステア(混ぜる)する

STEP④でクリームを完全に混ぜてしまうという作り方もあります。

もしブラックコーヒーが苦手で、甘さやクリーミーさをプラスしたい!という方は、クリームを混ぜてしまって、カフェラテ感覚で楽しむのも良いでしょう。

 

■ブラウンシュガーを変える

ブラウンシュガーは若干渋みのある甘さが特徴です。より甘くしたいのであれば、ザラメや角砂糖を使ってみましょう。

とあるBARでは、角砂糖をスプーンで温めて溶かしたものをウイスキーに入れるという作り方をしているそうです。

また、とろみが欲しいのであればハチミツやシロップを試すのもいいでしょう。ちなみに筆者は「砂糖抜き」が好みです。

 

■トッピングを加える

クリームにシナモンパウダーやナツメグを振ることで香りにちょっとした変化が生まれます。

シナモンスティックを刺してアクセントにするのも面白いでしょう。

アイリッシュウイスキーとハーブの相性が良いので、香草を落としてさわやかに飲む楽しみ方もあります。

甘さが欲しければバニラビーンズやココアパウダーを振りかけてテイストを変えてみても良いでしょう。

アイリッシュコーヒーを10倍楽しむ方法

ただただお酒が入ったコーヒーとして飲むのではなく、アイリッシュコーヒーが生まれた経緯を知り、シーンに合わせた飲み方に変えることで興味を持って楽しくおいしく飲むことができます。

なぜホットコーヒーにアイリッシュウイスキーを入れたのか?」知ってみることで、きっと味わいにも変化が生まれるでしょう。

アイリッシュコーヒーが生み出されたワケ

20世紀前半、技術革新によって飛行艇が民間人を乗せて大西洋を横断することができるようになりました。

しかし、もちろん現在の飛行機のように航行距離が稼げるわけもなく、給油のためたびたび中継基地に停泊しなければいけません。

そのひとつがアイリッシュコーヒーの生まれたアイルランドの「フォインズ飛行場」でした。

水上飛行場であるフォインズ飛行場は、冬の季節に乗客たちがボートで川を越えて待合室まで行くころには、みな寒さに震えてしまっていました。

その待合室で出されたのが、熱いコーヒーにウイスキーとクリームを入れたカクテル、アイリッシュコーヒーだったのです。

そこから世界中に広まり、現在では寒いときの定番ホットカクテルとして評価されるようになったというワケでした。

この逸話を知っておくことで、体が冷え切ったときに飲むアイリッシュコーヒーがことさらおいしく感じられます。

暖を取るときには、ぜひアイリッシュコーヒーが生まれた時代に思いを馳せながら、甘く熱いカクテルを味わってみてください。

ちなみに……

アイリッシュウイスキーを使っているため“アイリッシュコーヒー”という名称となります。

スコッチウイスキーを使った場合――“ゲーリックウイスキー”

バーボンウイスキーを使った場合――“ケンタッキーコーヒー”

コニャックを使った場合――“ロイヤルコーヒー”

カルヴァドスを使った場合――“ノルマンディーコーヒー”

面白いですね。

お店で楽しむアイリッシュコーヒー/おすすめ店舗紹介

アイリッシュコーヒーの要となるのは、コーヒーの香り。

喫茶店やコーヒー専門店、BARなどのお店で提供されるのは、厳選された豆を使った淹れたてのコーヒーです。

その極上の香りのコーヒーで使用したアイリッシュウイスキーはまさに絶品。

ここでは、筆者が実際に行って確かめた素晴らしいアイリッシュウイスキーを提供してくれるお店を紹介します。

武蔵野珈琲店(吉祥寺)


縁の薄いグラスはクリームの優しい口当たりをダイレクトに感じさせてくれます。

そのあとに口に入ってくるコーヒーの香りはマイルド。

アイリッシュウイスキー特有のとろみと薬効が心地よく混ざり合い、コーヒーとウイスキーの一体感が得られます。

アルコール感は弱め。コーヒーを飲むようにライトな感覚で楽しめるでしょう。

吉祥寺を回って楽しんだあとの昼下がりや夕方におすすめ。

所在地:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-16-11 萩上ビル2F
電話番号:0422-47-6741
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:30)
公式HP:http://www.oishicoffee.com/

和蘭豆‐ランズ‐(銀座)


コーヒーにクリームが入った背の高いグラスが運ばれ、その場で火を点けたウイスキーがグラスに沈んでいく様を目の当たりにすることができます。

クリームに触れた火はゆっくりと消えながら沈み、さわやかな香りがあたりに漂うでしょう。

アイリッシュのフレッシュな香りのあとのコーヒーのコクが舌を魅了。

コーヒー専門店にもかかわらず、しっかりとしたカクテル感が楽しめます。

「混ぜてお召し上がりください」とのことでしたが、個人的には甘くなってしまうので混ぜずにいただきました。

店舗は銀座のほかに、浅草、そして蒲田に2店舗あり、どこでもアイリッシュコーヒーを楽しめる模様。

繁華街に近いこともあり、飲む前や飲んだ後など一息つきたい時に飲みたいですね。

所在地:東京都中央区銀座7-3-13
電話番号:03-3571-8266
営業時間:月~土 10:30~23:00(L.O.22:30)日・祝日 11:30~20:00(L.O.19:30)
公式HP:https://www.ginza-ranzu.com/

東城(駒込)


40年以上駒込で喫茶店をやっているご夫婦がじっくりと時間をかけて入れてくれる本格派コーヒー。

力強い焙煎の香りをクリームがやんわりと包み込み、そのあとにアイリッシュコーヒー「ジェムソン」のほのかなナッツ風味がアクセントを与えてくれます。

甘さはそれほど感じられなく、コーヒーとウイスキーが織りなすマリアージュを存分に楽しめます。

BGMは心落ち着くクラシック。

都会の喧騒を離れ、落ち着く空間でひとり本を読みたいときにはうってつけの昔ながらな喫茶店です。

所在地:東京都文京区本駒込6-15-18 城和ビル 1F
電話番号:03-3945-8309

UNLIMITED COFFEE BAR‐アンリミテッド コーヒー バー‐(東京スカイツリー)


程よい甘さのフレッシュなクリームと、エチオピア豆から感じられる微かなフルーツ由来の酸味からカクテル感が楽しめるアイリッシュコーヒー。

使っているウイスキー「ティーリング」との相性も良く、コクがありながらもライトに楽しめるお酒になっています。

本場アイリッシュパブのようにおしゃれなお店は、スカイツリー直下。東京ソラマチで遊んだあと、訪れてみてはいかがでしょう?

コーヒーショップながらフードメニューやお酒の種類も豊富で、なんとアイリッシュコーヒーに使うコーヒー豆やウイスキーの銘柄もセレクトするとこができます。

バリスタもイケメン揃いと至れり尽くせりなお店です。

所在地:東京都墨田区業平1-18-2
電話番号:03-6658-8680
営業時間:火~金 11:00~24:00(L.O.23:30)土 9:00~24:00(L.O.23:30) 日・祝 9:00~22:00(L.O.21:30)
公式HP:https://www.unlimitedcoffeestore.com/

Cantina‐カンティーナ‐(新宿三丁目)


「コーヒーは挽き立てが命」。そう言いながらマスターは、手挽きのミルでコーヒー豆を挽くところから作り始めます。

片や、一人前くらいの小さなサイフォンから豊かな香りが立ち上り、もう一方では陶器のグラスに注いだウイスキーに火が点けられ、ほどなくして芯から暖まる熱いアイリッシュコーヒーが出来上がります。

はっきりとしたコーヒーの味わいに「ブラックブッシュ」のどっしりした渋み、ボディを補うクリームの甘さがうまく混ざり合って格調高さを感じさせてくれます。

忙しいときには常連のお客さんがミルを挽くこともあるとのこと。

おいしいお酒もコーヒーも味わうことのできる一度で二度おいしいBARです。

所在地:東京都新宿区新宿5-18-13 八重洲ビル別館 2F
電話番号:03-5272-5555
営業時間:19:00~翌5:00
公式HP:http://bar-cantina.com/

他にも! アイリッシュコーヒーが楽しめるBAR・パブ・カフェ

BAR漆‐うるし‐(恵比寿)

所在地:東京都渋谷区恵比寿西1-12-9 内田ビル2F
電話番号:03-6416-4518
営業時間:19:00~翌3:00
公式HP:http://www.bar-urushi-j.com/

EAS MOR‐イースモア‐(恵比寿)

所在地:東京都渋谷区恵比寿西1-14-6 HAGIWARA BLDG6 4F
電話番号:03-3462-1305
営業時間:15:00~翌1:00

BAR CIELO‐チェロ‐(三軒茶屋)

所在地:東京都世田谷区太子堂 ファントビル4-23-5 3F
電話番号:03-3413-7729
営業時間:20:00~翌5:00
公式HP:http://bar-cielo.com/

Sanlucar BAR‐サンルーカルバー‐(神楽坂)

所在地:東京都新宿区神楽坂6-43 K’s Place102
電話番号:03-6228-1232
営業時間:火~日 14:00~23:00 (L.O 22:30)
公式HP:http://www.sanlucar.jp/

ナオライ(神楽坂)

所在地:東京都新宿区新宿5-18-13 八重洲ビル別館 2F
電話番号:03-5229-8840
営業時間:月~土 18:00~26:00
公式Facebook:https://www.facebook.com/AsZNaorai/

Bar cheftender‐バー シェフテンダー‐(五反田)

所在地:東京都品川区東五反田1-17-7 大宗五反田ビル 5F
電話番号:03-6450-4237
営業時間:18:00~翌5:00
公式Facebook:https://www.facebook.com/BarCheftender/

STAR BAR GINZA‐スタア・バー・ギンザ‐(銀座)

所在地:東京都中央区銀座1-5-13 三弘社ビル B1F
電話番号:03-3535-8005
営業時間:17:00~24:00
公式HP:http://www.starbar.jp/

RAGE COFFEE BAR‐レイジ コーヒー バー‐(銀座)

所在地:東京都中央区銀座2-3-18 銀座高孝ビル 1F
電話番号:03-5579-9317
営業時間:月~木土日 12:00~23:30(L.O.23:00) 金・祝前日 12:00~26:00(L.O.25:30)
公式HP:http://www.mixologist.co.jp/

フィンマクールズ 丸の内パレスビル店(大手町)

所在地:東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスビル B1F
電話番号:03-6269-9250
営業時間:月~金 11:00~23:30 土 11:00~21:30 日・祝日 11:00~20:30
公式HP:http://www.nikkokutrust.com/service/restaurant.html

Anjin‐アンジン‐(代官山)

所在地:東京都渋谷区猿楽町17-5 代官山蔦屋書店 2号館 2F
電話番号:03-3770-1900
営業時間:11:00~翌2:00
公式HP:http://real.tsite.jp/daikanyama/floor/shop/anjin/

bar cafca.‐バー カフカ‐(外苑前)

所在地:東京都港区南青山3-5-3 ブルーム南青山 B1F
電話番号:03-3470-1446
営業時間:15:00~24:00
公式HP:https://www.facebook.com/dripcocktail/

cafe Frangipani‐カフェ フレンジパニ‐(六本木)

所在地:東京都港区六本木6-8-21 SK六本木ハイム 1F
電話番号:03-3478-2966
営業時間:11:30~翌1:00 (L.O.0:30)
公式BLOG:https://ameblo.jp/cafe-frangipani/

clarksdale‐クラークスデール‐(神奈川・上大岡)

所在地:神奈川県横浜市港南区上大岡西2-6-17
電話番号:045-846-1306
営業時間:18:00~翌3:00
公式HP:https://bar-clarksdale.jimdo.com/

The Bar CASABLANCA‐カサブランカ‐(神奈川・関内)

所在地:神奈川県横浜市中区相生町5-79 ベルビル馬車道 B1F
電話番号:03-5272-5555
営業時間:17:00〜翌2:00 (L.O.1:30)
公式HP:http://casablanca.yokohama/

アイリッシュコーヒーを求めて

今回取材する際、アイリッシュコーヒーがあるお店を探しましたが、喫茶店でもBARでもメニューとして出しているお店は多い印象でした。

作り方はそのところどころで異なり、味も香りも大きく変わってきます。

やはりコーヒー・ウイスキー・作り方と多くのところにこだわりが求められるアイリッシュコーヒーはお店でいただきたいところ。

バリスタやバーテンダーこだわりの腕が光るあったかくておいしいホットカクテル、アイリッシュウイスキーを求めていろいろなお店を飲み歩いていきたいものです。

ABOUTこの記事をかいた人

陣内

北海道生まれのフリーライター。 ウイスキーと小説のマリアージュをどうしても流行らせたいと思っているアラサー。最近バーボンの奥深さに気付き、バーボン党に。 お酒はいろいろ嗜むが、結局ウイスキーに戻ってしまう様子。強くはないんでインスタントに酔っぱらえるのは利点。誰か私にお酒をください。