バレンタインのプレゼントにウイスキー入りチョコレートはいかが?

バレンタインにはウイスキーを使ったチョコレートをプレゼントしよう!

2月14日。
そう、バレンタインデーですね。
女性が男性に対して『愛の思いを込めチョコレートを贈呈する』記念すべき日。
このチョコを渡す文化ができたのは昭和初期。
「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」というキャッチコピーの仕掛け人はモロゾフが最初だったようです。初めて知りました。

先日もBARRELのライターが書いていましたが、チョコレートに合わせるお酒と言えばウイスキー。
ウイスキーのアテと言えばチョコレート。
そう日本で一番チョコレートが売れる日に、ウイスキー党が黙っているわけがない。
なので、オーツカは新宿タカシマヤ(高島屋)でやっているバレンタインイベントに調査に行ってまいりました。

一体どのくらいのウイスキー好きが集まっているのか、確かめてみようじゃありませんか!!

タカシマヤのアムール・デュ・ショコラ

新宿高島屋で開催されているアムールデュショコラ

出典:https://www.takashimaya.co.jp/base/shinjuku/

1月26日から2月14日まで新宿タカシマヤ(高島屋)11階の特設会場で行われている「アムール・デュ・ショコラ」。
2016年の名古屋開催では、60万人以上を動員、売上高は18億円に達したというモンスターイベント。
いやー、チョコレートすげえ。ウイスキーも単発イベントでこのくらい売れてほしい(笑)
2月11日からは『ベルサイユのばら』とのコラボイベントをやっているようで、オスカルのドレスなども展示されていました。

ベルサイユのばらとのコラボイベント

会場は大混雑。
ワンフロアは広いとはいえ90以上の店舗が軒を連ね、500名をゆうに超えるお客さんで大賑わい。
流石に60万人以上を動員するイベントなだけありますね。平均すれば一日2万人近い来客があるはず。
うーん、店員さんもみんな若い女性だし、男性一人ではなかなか入り込みづらい雰囲気ですが、きっと僕と同じウイスキー好きがチョコレートを物色しているはず…。

アムールデュショコラにもチョコレート好きウイスキー党はいるはず!その一

アムールデュショコラにもチョコレート好きウイスキー党はいるはず!その二
アムールデュショコラにもチョコレート好きウイスキー党はいるはず!その三

い、いない…。

右も左も女性ばかりだ…。

しかもみんなけっこうな数のチョコレートを買っている。
2,000円以上もするチョコレートを10個も20個も買ってる人もいる…。
なにこれ?なんでこんなに買ってんの?
クラスの人気者でめちゃくちゃ義理チョコ買いに来たのか?
それとも男性の親戚がとてつもなく多いとか?
はたまたホストに貢いだり、ジャニーズ事務所にでも送るのか?
意外と自分用なのかもしれないぞ。

とにかく若い女性とチョコレートだけはごった返していますが、男性の姿が見当たらない。
ましてやウイスキー好きなどは皆無のように思える。。。。
よし、気を取り直してどんなチョコレートが売っているか見てみることにします!

お酒を使ったチョコレートがすごく多い!

今回調査してて目についたのは、お酒を使ったチョコレート。
実に多く販売されています。

いまや世界にその名を轟かせる日本酒『獺祭』

日本酒を使ったチョコレート『獺祭』のショコラ

オシャレな桐箱入りです。獺祭のブランドネームは女性にも通じますからね。

天使の誘惑や鶴齢の梅酒入りのチョコも販売

天使の誘惑や鶴齢の梅酒なども販売されていました。良いお値段するぅ。

獺祭のボンボンショコラ

その先へ行ってしまいました。。。。

南部美人のボンボン・ショコラに伊佐美のチョコ

南部美人のボンボンショコラ

こちらは岩手県の銘酒”南部美人”のボンボンショコラ。

伊佐美のチョコレート

オーツカも大好き!鹿児島の芋焼酎伊佐美のチョコレート

熊本ぼんぼん

こちらは熊本の赤酒を使ったもの。パッケージもかわいい。

福寿や北の誉、瑞穂や南高梅を使ったアソートチョコレート

梅酒やにごり酒を使ったものも多く見られます。やはり糖度が高いものは相性が良いのでしょうか。

SATSUMAGURAの箱入りセット

焼酎と泡盛を使ったチョコレートは本当に多いです!鹿児島の酒造づくし!

我らがウイスキー入りのチョコレートはあるのか!?

日本酒、焼酎、泡盛、梅酒など使ったチョコレートはかなり出ていました。
やはりオトナの男性へプレゼントするチョコとなると、お酒が入っているものも需要があるようですね。
お酒離れが叫ばれている昨今、これは嬉しい発見でした。

他にも赤ワインや白ワイン、ロゼワインにシャンパン、さらにはラムやテキーラに至るまで様々なチョコレートがありました。
さて、気になるウイスキー入りのチョコレートですが、、、、

ありました~。

いやー良かった良かった。
日本酒、焼酎に比べるとやや数は少ないものの、しっかりと存在感をアピールしていました。
でもほとんど国産のシングル・モルトばかり。
年配の男性陣にプレゼントを贈りたい女性をターゲットにしているのはわかるのですが、もっとスコッチやバーボンを使ってほしかったなぁ。
目を引くような形のものや、オシャレで可愛いラベルはいっぱいあるし、こういったイベントであれば、ヴィンテージやインダストリアルな雰囲気に店内をディスプレイすれば、他店と差別化できるのにな。

このイベントを見てて思ったのは、女性は細かい解説を聞いて購買に至るのではなく、衝動を受けるからこそ購買するということ。
味はソコソコで美味しければよくて、いちばん重要なのはプロモーションなのだとまざまざと見せつけられました。
『わー!可愛い!欲しい!』と女性自身がなれば、男性へのプレゼントどうこうではなく買っていく。
結構女性本意なイベントなんですよね、バレンタインデーって(笑)

そんな中、僕はシルスマリア(Sils Maria)の”竹鶴ピュアモルト生チョコレート”をゲットしておきました。
帰りのコンビニでも”小枝PREMIUM 芳醇ウイスキー”を買い足し、お家でウイスキーと共に食べようと思います。
レビューはまた後日!

シルスマリア(Sils Maria)の"竹鶴ピュアモルト生チョコレート"と"小枝PREMIUM 芳醇ウイスキー"

 

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!

ABOUTこの記事をかいた人

オーツカ

ウイスキーをもっと身近に感じてほしい。小難しいウイスキーの世界を分解して、わかりやすく整理する「ウイスキーオーガナイザー」です。 まだあまりウイスキーを知らない人がウイスキーを好きになる「きっかけづくり」をできればと思っています。 日本最大級のウイスキーメディアBARRELを企画、運営、編集及びカメラマン、さらには執筆もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です