「ウイスキー」×「コーヒー」のマリアージュを体感しよう!

コーヒーバーガレッジコラボ

日本最大級のコーヒーイベント「東京コーヒーフェスティバル2019(TOKYO COFFEE FESTIVAL 2019)」にてウイスキーとコーヒーのマリアージュを是非体験してもらいたいと思い、コーヒーバーガレッジとBARRELがコラボしました。

コーヒー好きはもちろん、ウイスキー愛好家の方にも楽しんでもらえるイベントとなりました。

 

「ウイスキー」×「コーヒー」の可能性

昨今世界的にも注目されているウイスキーとコーヒーの相性。

BARRELでも以前から「ウイスキー」×「コーヒー」のマッチングに関しては言及しており、その関連性について記事も書いています。

同じ後天的味覚(アクワイヤードテイスト)から成り立つ嗜好品同士、何か面白い提案をしたいと思っていました。

浅煎りコーヒーとの出会い

ガレッジの浅煎りコーヒー

「すっぱいコーヒーはニガテ」。

と普段から深煎りコーヒーばかり飲んでいた僕。

コーヒーバー ガレッジ(COFFEE BAR GALLEGE)はそんな僕に、浅煎りコーヒーの魅力を教えてくれました。

浅煎りコーヒーはどちらかというと紅茶に近いような印象で、非常にフルーティ。

酸味が強いと思っていたのは「抽出方法」によるもので、上手に淹れられた浅煎りコーヒーはまさに果物のスープ。

豆本来の味わいが前面に出ており、ベリー系の甘みや柑橘の爽快感に気づかせてくれました。

そして、その浅煎りコーヒーを使用したウイスキーカクテルを飲んだ瞬間。

「こいつぁイケる。分厚いフルーツの壁が見えるぜ。」

と感じたわけです。

ウイスキーが持つ味わいの『骨格』がガッチリと補強され、『コク』や『旨み』と呼ばれる物質をグイっと引き上げたような印象を持ちました。

これは、ウイスキーを愛する多くの方、そしてコーヒーを愛する多くの方に体験してもらいたい「新たなマリアージュ」だ。と確信するに至ったのです。

コーヒーバー ガレッジ/COFFEE BAR GALLEGE

コーヒーバー ガレッジ/COFFEE BAR GALLE

東京東中野にあるガレッジはスーパーフルーティーなコーヒーをベースに、今までにないスペシャルティコーヒーカクテルを提供するコーヒーバー。

コーヒーの個性に親和性の高い、キャラクター豊かなお酒を300本近く使いこなし、感動体験を生み出し続けています。

スタッフも個性派揃いで、コーヒーカクテルをはじめとした「コーヒー×〇〇」の新たなカップリングを研究し続けている求道者たち。

ショップコンセプトは『COFFEE』、『JAZZ』、『PHOTOGRAPH』、『HARD LIQUOR』。

エモい具材を詰め込んで、コトコト煮詰めた鍋をそのままバックドロップしたような、強烈なインパクトを持っています。

塚田健太塚田 健太
1991年生まれ。 
日本でバリスタとして活躍後、バックパッカー中に海外でもバリスタとして更にコーヒーの経験を積み、帰国後はグリッチコーヒーでバリスタを務める。文学、写真に精通し 写真に関しては、個展を開催するほどの実力。
ウイスキーについても造詣が深く、96のベンネヴィス、89のブナハーブン、91のアイリッシュを買いすぎるクセがある。
アレンちゃんのラフロイグ25年が宝物。
オーツカ
ケンタ氏って俳優もやっていたんだっけ?

イケメンですよね。

ケンタさん
やってましたね。映画『砂時計』で検索してみてください(笑)
オーツカ
どの引き出しを開けても個性が強いガレッジの内装はこんな感じ↓

ウイスキーの格安試飲通販ショップ

コーヒーカクテルを体感しよう!

そんなガレッジが今回、東京コーヒーフェスティバル2019に出店。

フェスではスペシャルティコーヒーにボウモアやグレンキンチーを使用したコーヒーカクテルを販売予定です。

弊メディア「BARREL」はガレッジのブースとコラボして「ウイスキーアートコレクション」を配布します。

表面にはイベント当日に販売するコーヒーカクテルに使用するウイスキーのボトルが描かれ、裏面には味わいのフレーバーチャートをデザイン。

飲んだコーヒーカクテルをカードにてお持ち帰りください。

カードに裏面に書いてあるコーヒー豆やウイスキーを使って、ご自分でコーヒーカクテルを再現しても良し。「もっとコーヒーカクテルを知りたい」、「また同じものが飲みたい」と思った際には東中野にあるCOFFEE BAR GALLEGEへどうぞ。

イベントで配布するカード以外の限定デザインも存在し、こちらはCOFFEE BAR GALLEGE内にてプレゼントしています。

是非飲みに来てカードをゲットしてねー。

ボウモア15年ダーケストとグレンキンチー12年

コーヒーフェスで配るカードはジョーカーとデビルズコーヒー

タリスカー10年とカバランソリストヴィーニョバリック

ソリチュードとスカイコーヒーはぜひガレッジに飲みに来てね

今回フェスで使用するウイスキーはこちら

ボウモアダーケスト

ボウモアのページでも解説していますが、バーボン樽で12年の間熟成した原酒を、オロロソ・シェリー樽で3年間熟成したボトル。

色はスタンダードの12年モノに比べると赤く濃い褐色。

香りはスモーキーな中にドライレーズンやクルミ、オーク材を感じます。

味はカカオのようなフレーバーと干しブドウの酸と甘み、『ダーケスト』の名前にふさわしい黒い果実の味がします。

今回試飲できるコーヒーカクテル【DEVIL’S COFFEE】は、このしっとりとした温かみと香ばしさを持つボウモアダーケストと、芳醇な赤ワインとベリーのフレーバーを持つエチオピアナチュラルプロセスを組み合わせたもの。

「コーヒーなのにトロピカルフレーバー?」

感じるんです。マジです。

カクテル用に少しだけ味を試してみたい!という人は小瓶販売をどうぞ。

グレンキンチー

スコットランドのローランド地方、比較的酒質が軽いことが特徴とされる地域のウイスキーです。

香りはかなりハーバル。干し草やヒマラヤ杉のような植物性のアロマがあります。

口当たりは非常にスイートでライト。スイスイと飲めてしまいます。余韻も非常にドライ。

天気のいい昼下がりにサラッと飲みたい、食前酒としてももってこいのウイスキーです。

今回試飲できるコーヒーカクテル【JOKER】は、甘美で繊細な味わいを持つグレンキンチーと、雑味が少なく、レモンティーの香りがするエチオピアウォッシュトを組み合わせたもの。

「花とハーブが香る透き通る味わいのコーヒー?」

あるんです。マジです。

カクテル用に少しだけ味を試してみたい!という人は小瓶販売をどうぞ。

中性脂肪サプリランキング

東京コーヒーフェスティバル2019レポート

東京、青山にて2万人以上の来場者数を誇る国内最大級のコーヒーイベント「東京コーヒーフェスティバル」。

2019年4月13日(土)と14日(日)の2日間、青山・国連大学中庭で開催されます。時間は11:00〜17:00、入場は無料です。

今回で10回目、総勢57店舗のロースターやコーヒーショップなどが集結しました。

海外からも多数の出店があり、日本だけでなく世界のコーヒーを体験することができるフェスです。

そんな中ドリップコーヒーとコーヒーカクテル、そしてなぜかウイスキーが置いてある我がガレッジ&BARRELブース。

フタを開けてみれば大盛況でした。

ドリップコーヒーブース

ドリップコーヒーを主に出しました。

他ブースを圧倒的に上回るドリッパーの数。味も非常にフルーティで「一番おいしかったです」という声を多数聞けたのがうれしかったです。

二日目からは案内テロップなども出して、豆やティーパックの販売なども行いました。

ガレッジのみなさん

ガレッジのみなさん

楽しそうなケンタ氏

楽しそうなケンタ氏

たくさんのコーヒードリッパー

凄まじい速度でドリップしていきます

ひとりウイスキーフェスブース

わたくしオーツカは、コーヒーカクテルとウイスキー周りを担当していました。

コーヒーカクテルは相当びっくりされましたね。

コーヒー好きの方も、ウイスキー好きの方もその「新しい飲み物」に文字通り舌を巻いていました。

これがキッカケでウイスキー好きが一人でも増えてくれるといいなぁ。

オーヘントッシャン、ベンネヴィス、スプリングバンク、キャパドニックなど

オーヘントッシャン、ベンネヴィス、スプリングバンク、キャパドニックなど

ボウモアダーケストカラーで解説するオーツカ

ボウモアダーケストカラーで解説するオーツカ

その場で即興でテロップや看板などをつくり上げました

その場で即興でテロップや看板などをつくり上げました

フォロワーのみなさんもたくさんきてくれました

ちなみに開始当初は「誰も来なかったら一人でウイスキーフェスティバルを開催しよう」と思っていたモルトブースですが、続々とフォロワーさんやBARRELの読者さん、モルト好きのみなさんが集まってくれてみんなで楽しく飲めました。

外国からはウイスキーショップを運営している方やコーヒーショップをやっている方などがいらしてくれて、ティーリングやイチローズモルトなどを飲んでいました。

何日か滞在している外国人の方も多く、「昨日ここのバーに行ったよ!すごく高いホスピタリティだった」と満足げに話していました。
日本のバー、そしてジャパニーズウイスキーは外国の方に大人気ですね。

オーツカ
僕は普段デスクワークなので、たくさんの人と触れ合えてめっちゃ楽しかったです。

髪色もボウモアダーケストカラーにしてよかったワイ(´ω`)

ケンタさん
すごくたくさんお客さん来ていただきましたーっ!

コーヒー好きの方にウイスキーの魅力を伝えられたなと思います。

オーツカ
コーヒーフェスにいらっしゃった方もそうでない方も、もっと「コーヒーカクテルを知りたい」と思った方はぜひガレッジにも遊びにきてください。

あと僕もTwitterでウイスキーの情報を発信しているので、ぜひ絡んでくださいね。

オーツカのTwitter

ケンタさん
ガレッジは14時からやってるんで、カフェ利用も可能です。

ふらっとうまいコーヒーカクテル飲みに来てくれよな。

COFFEE BAR GALLAGE

所在地:東京都中野区東中野3-8-5 遠田ビル 201
電話番号:0333387788
営業時間:火〜日曜日 14:00 – 23:00
Instagram

「少しずつ試せる」通販ショップ

日本最大のウイスキーメディアBARRELでは、色々なウイスキーを通販で試せるサービスを共同運営しています!

ABOUTこの記事をかいた人

オーツカ

ウイスキーをもっと身近に感じてほしい。小難しいウイスキーの世界を分解して、わかりやすく整理する「ウイスキーオーガナイザー」です。 まだあまりウイスキーを知らない人がウイスキーを好きになる「きっかけづくり」をできればと思っています。 日本最大級のウイスキーメディアBARRELを企画、運営、編集及びカメラマン、さらには執筆もしています。