ウイスキーの格安試飲通販ショップ

カニやら鹿肉やら七面鳥やらビーバーの肛門のフレーバーがするウイスキーを作っている蒸溜所があるよ

ちょっと前にカラパイアでも記事になったカニ香るウイスキーですが、調べてみるとこのアメリカのニューハンプシャー州にあるタムワース蒸溜所、色々とユニークな商品を作っています。

どれも200mlで$65.00とそこそこ強気の価格です 笑

以下、タムワース蒸溜所からの引用翻訳です。

カニ香るウイスキー

Crab Trapperは、バーボンをベースに、カニ、コーン、スパイスをブレンドした、ローカントリーボイルに例えられるような、特製のミックスで作られています。

カニの香りは軽く感じられ、コリアンダーと入り江のような香りがハイノートを滑らかにする。

ボディは、フルボディのベースから感じられるメープルとバニラオークの香りがほのかに感じられます。

最後はクローブ、シナモン、オールスパイスの重厚な香りが口中に広がり、軽快で心地よいスパイスが残る。

鹿肉で味付けされたウイスキー

ディアスレイヤーは、秋のニューハンプシャーの動植物、特に鹿肉で味付けされたウイスキーです。

私たちは地元ニューハンプシャーの農場から赤鹿の肉を調達し、手で刻んでクランベリー、ポルチーニ茸、ジュニパーベリー、グリーンペッパーコーンと混ぜ合わせた。一晩発酵させて肉の美味しさを際立たせた後、ニューハンプシャー州の北方林から採取した季節の枝を混ぜたものでじっくりとスモークしています。

3年物のホワイトウィートウイスキーがライトボディのウイスキーの骨格となり、ロータリーエバポレーターで最終蒸留した後に、本当にユニークな風味が輝くようになります。

香ばしくスモーキーな香りは、この唯一無二のスピリッツを特徴づけており、口に含むとほのかなスパイスが感じられ、余韻が長く残ります。

焼きたての七面鳥が薫るウイスキー

ハウス・オブ・タムワース バード・オブ・カレッジ™は、5年もののボトルインボンドウイスキーの樽から生まれたローストターキーフレーバーの限定ウイスキーで、ニューイングランドの典型的な感謝祭のディナーのフレーバーが染み込んでいるのが特徴です。

400年前の最初の感謝祭で使用されたフリントコーンや地元産の栗などの原材料を使用しています。

リンゴとクランベリーはメイン州のシュガーヒル農場から、カボチャはニューハンプシャー州コンウェイのニューデイ農場から調達しています。

セロリ、フリントコーン、パセリは、ニューハンプシャー州エフィンガムのMountain Heartbeet Veggiesから。リンゴとクランベリーはタムワース蒸留所から徒歩圏内の地元の木や植物から採取し、新鮮なセージは蒸留所の裏庭の庭から摘み取ったものを使用しています。

すべての材料は、感謝祭の真髄を捉えることができるように、オーブンから取り出したばかりの状態で蒸留されます。このように細部にまでこだわった結果、5年熟成バーボンの複雑なニュアンスを見事に引き出した、秋の味覚の宝庫が誕生しました。ローストしたサツマイモとカボチャのエッセンスが、焼きたてのフリントコーンブレッドのバター風味と融合し、このウイスキーの深い樽香をさらに強くしています。ニューイングランドのリンゴとハーブの甘い香りが、ニューハンプシャー州タムワースの歴史あるベーア農場の焼きたての七面鳥のアロマを引き立てます。

ビーバーの肛門付近の香りのするウイスキー

オードムスクは、北米産ビーバーのヒマシ油から抽出されるオイルエキスを使用したオールドワールドの調合技術を誇り、皮のようなラズベリー風味を放ち、ウイスキーの風味を強化する役割を果たします。

2年熟成のフルボディのバーボンウイスキーは、バニリンの香りとスパイスのニュアンスがあり、口当たりが強化されている。バーチオイル、ラズベリー、カナディアンスネークルートというジンジャーに似たウッディなスパイスを加えることで、カストリウムの自然な果実味と交わり、フィニッシュは温かく、さわやかで、驚くほど口当たりのよいものになります。

ニューハンプシャー州の生活は大自然に支配されており、ビーバーは広く生息し、非常に縄張り意識が強く、過剰繁殖しやすい。そのため、Tamworthのような地方都市では、地域の生態系を維持するために、ライセンスを持ち責任ある捕獲業者と協力して生息数を管理しています。

タムワース蒸溜所のチームは、限定生産のためのカストリウムを調達するために、プロの罠猟師でありアウトドアスキルのインストラクターでもあるアントン・カスカと協力し、持続可能な実践に取り組んでいることで知られています。

アントンは、バーボンウイスキーを製造するために、通常なら廃棄されるカストリウムの袋を蒸留所に提供します。

墓地のカエデの木から採取したメープルシロップ入りのウイスキー

“私は死者を飲む”

墓地のカエデの木から採取したメープルシロップを注入したアンホーリーなライ・ウイスキーです。

タムワース蒸留所の敷地内には、悪性の古いカエデがあり、その根は近くの無名の植民地時代の墓地に深く食い込んでいます。

もし、この不吉な樹液を採取して、ウイスキーに加えたらどうなるだろうか?スパイシーでありながら甘く、邪悪でありながら神々しい、Graverobberの人生が始まる…そしてあなたの人生が終わるとき。

飲む勇気があれば飲むがいい。

 

 

怖いもの見たさで売り切れている商品も多く見受けられます。

うーんまさに多様性。




「ショットグラスの有用性」とは?

ウイスキーブランドKYKEYの第二弾グラスは「ショットグラス」。その造形美と機能美を確認して欲しい。