ウイスキーの格安試飲通販ショップ

ブレットが12年熟成のライウイスキーを再リリース

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ディアジオが所有するブレット・フロンティア・ウイスキーは、5年の時を経て、12年物のアメリカン・ストレート・ライ・ウイスキーを復活リリースします。

オーツカ
リーズナブルでめちゃ優秀なバーボンとしてBARRELやひとくちウイスキーでも激推しのブレット。12年物のライも期待したいですね。日本に入ってきてほしい!

普通のブレット・ライもめっちゃいいのでぜひ試してみてね

ブレットは1987年に創設。古い西部時代からのイメージを彷彿とさせるブランドです。

創設者のトム・ブレット氏は、祖父オーガスタス・ブライト氏の製法を継承し、トウモロコシ68%、ライ麦28%、大麦麦芽4%の比率で、高品質なハイ・ライ・バーボンを生み出し続けています。

このたび復活した12年物ライ麦は、アメリカンホワイトオークの新樽で最低12年熟成されており、ブレンドには最長17年熟成のウイスキーが含まれているとのこと。2019年にリリースされたものには、この記述がなかったため、かなり長期熟成原酒が入っているということですね。大盤振る舞いすぎるでしょ。

最近では、ブランドの評判を傷つけるような訴訟問題が起きたものの、ブレットはアメリカで最も売れているライウイスキーとして知られるようになりました。

テイスティングノートには「軽やかで、フルーティ。オークの心地よいアロマ、フローラルさが際立ち、バニラスパイスの香りが特徴的」と書かれており、口に含むと「やや甘く、すっきりしていて、さわやか」で、フィニッシュには「ウッディでスパイシーなバニラ」が楽しめると説明されています。

ブレットライ12年は、92プルーフ(46%アルコール度数)で瓶詰めされ、750mLボトルで54.99ドル(日本円で約7,300円)で米国全土(メイン州を除く)で入手可能です。

ブレンダーの変更や、訴訟問題など多くのトラブルを乗り越え、ブレットが復活の狼煙をあげます。




最高品質のショットグラスで刻む、至高のウイスキータイム。

ウイスキーブランドKYKEYの新作は時代を超える「ショットグラス」。レッドクリスタルでつくられたその造形美と機能美を確かめて欲しい。